感性に直撃  旅&食&美&品 ~ Wonderful World ~

長左衛門&寅美

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”パラッツォ ヴィノ・ダ・ターヴォラ”

イタリアワイン赤

軽くてクセのない味
ホットワインとして甘酸っぱくスパイシーに変化させるにはもってこいのワイン
(*^-^*)


wain80

wain81




スポンサーサイト
”シャトー・ジレ”

フランスワイン赤

ミディアムボディ
タンニンが程よくワインの温度が上がるほどまろやかな飲み口になる

Y⌒Y⌒ヾ(´▽`)ノ

wain68

wain69

”シレーニ”

ニュージーランドワイン白

辛口で酸味が無い
大人の味

ヾ(´c_,`*)

wain36

wain37

”カノン・フロサック”

フランスワイン赤

辛口で重い

このワインも2回目
重いと感じたのはやっぱり一緒の印象

( ゜Д゜)y─┛~~

wain40

wain41

”シャトー・ジレ”

フランスワイン白

辛口で酸味が程よくある
香り豊かで飲んでいて楽しい

このワインは2回目です、不思議と飲む季節なんかで印象が変わるもの
そういう物なのかなぁ・・・

♪(* ̄  ̄)/♪

wain38

wain39

”カイケン”

アルゼンチンワイン赤

まろやかな味わいで香りが豊か
飲み口が軽くて好き

―((*´▽`o)o゛―♪

wain76

wain77

”タンカス”

イタリアワイン白

キリッと冷やして味わいたいスッキリタイプ
酸味が程よく夏にあう1本

(^-^*)/ !

wain66

wain67

”トーディ・ビアンコ”

イタリアワイン白

酸味が少なくて軽い飲み口
ブーケの香りが最高に豊かで広がる・・・驚いた一本

゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

wain60

wain61

”ベルスター”

イタリアスパークリングワイン

毎日暑いとシュワシュワーっとしたスパークリングワインが良い!
フルーティでほのかな香りが鼻に抜けます

(o^-^o)

wain42

wain43

”ヴィスタフロー・ソヴィニヨン・ブラン・シュナン”

アルゼンチンワイン白

酸味があり軽い飲み口
辛口のスッキリとした味わい

(≧∇≦) ♪

wain52

wain53

”ヴィスタフロー・マルベック・サンジョヴェーゼ”


アルゼンチンワイン赤

渋みが少なく軽くて飲みやすい
グラスを変えて味わうと香り豊かな楽しみが発見

♪(゚▽^*)ノ⌒☆

wain54

wain55

”ベンチマーク”

オーストラリアワイン白

辛口で酸味がちょうどよい
香りがやさしくて飲みやすい

o(●´ω`●)o

wain72

wain73

”紫波”

岩手の赤ワイン

酸味が多い
タンニンが残るパンチが強い
グラスを変えてみると・・・タンニンが軽く感じる
ワイングラスより普通のグラスで飲むのが一番美味しかった

(*'∇')/゚・:* *:・゚\('∇'*)


wain70

wain71




”フラマン”

フランスワイン赤
甘口で濃い
口あたりも飲みやすく、お手軽価格です

━━━ヾ(*≧∀≦*)ノ━━━!!!


wain44

wain45

”バンロックステーション”

オーストラリアワイン赤
以前ゴールドコーストに行った時に飲んだワインがたしか・・・「シラーズ」
シラーズは私の好きな種類
個性的な味が「飲んだーッ」って気になるから(笑)

(v´∀`)ハ(´∀`v)☆

wain48

wain49

”メルロー”

岩手県の赤ワイン
重い・渋みがある・香り豊かなワイン
コクがあるワインは好き

国産ワインをもっと飲んでみようと思う一本に出会った

~♪(。・ω・。)ノ~~

wain74

wain75



”サンジョヴェーゼ”

イタリアワイン赤
軽くてスイスイ飲めてしまう(笑)
食事と合わせるならクセのないこんなワインが重宝する

(。・・。)ノ~~♪


wain64

wain65

”ミラモンテ”

チリの赤ワイン
甘口と感じたんだけど、少し渋みもあるかな
最近は赤なら渋い方が好きになってきた(笑)フフッ

\(^_^=^_^)/

wain46

wain47

”ベルスター”

イタリアスパークリングワイン
辛口だからキリっとしている
梅雨にようなジトーッとしたお天気はシュワシュワしたい!

ヾ(*≧∀≦*)ノ !!!

wain42

wain43

”プリマ・ヴォーチェ”

イタリアワイン赤
タンニンの渋みが存在感十分なミディアムボディ
なめらかさがあるので余韻が長く続く

(*^-^*)


wain22

wain23

”カステル・クレーヴェ ビアンコ”

イタリアワイン白
酸味が程よく飲みやすい
軽くて好きな味

(*^ワ^*)


wain24

wain25

”モンテス クラッシックシリーズ カベルネ・ソーヴィニヨン”

チリワイン赤
甘みがあって軽い飲み口
フルーティな味

(o´ω`o)


wain26

wain27

リーデル ワイン&グラシテイスティング・セミナー
「シャルドネ セミナー」


シャルドネ W3 サイテーション 2008 [ファイアースティード]

ハリウッド女優のようなリッチ&グラマラスな”ニューワールドのシャルドネ”
カテキンの様な苦味がある・・・好みだ!
コクのあるこんな白も大好きになった

ri-deru24

ri-deru25



<ヴィティス シリーズ>「オークド・シャルドネ」グラスで

樽の豊潤な香りが予想以上に!しかも持続する!
グラスの内側にワインがまとわりつき香りが続く不思議

ri-deru30




さぁ
このワインが飲みたくて参加した本日のセミナー

バタール・モンラッシュ グラン・クリュ 2009 
[ドメーヌ フォンティーヌ・ガニャール]

美味しい ひたすら美味しい やっぱり美味しい  完璧(笑)

特長が無いのが特長と言われ絶賛されるワイン

ri-deru34

ri-deru35




<ソムリエ シリーズ>「モンラッシュ」グラスで

アロマの香りから立ち込める上品さは格別
ブーケはさらに品が良く完璧
味は最高 今まで飲んだワインの中で一番好き(笑)
個性が無いのが個性的で・・・こんなバランスが取れたワインがあるんですねー

来たかいがありました!!!

ri-deru36



本日は右側の3番のグラスをお持ち帰りです

しばらくは家で飲むワインは白が続きそう・・・(笑)

ri-deru41



一通りテイスティングが終わったら
フランスパンを食べたりチーズでお口直しをして、再試飲をする

モンラッシュはあっという間に空っぽ(笑)

ri-deru19



シャンパンは普段は飲まないんだけど
今日、シャンパンが好きと思ったし、美味しいと言うことを知ったから・・・
ワインの中で一番見た目で楽しめると思う
この小さな泡がいとおしいと思うなんて・・・酔ってきたかなぁー

ri-deru42

ri-deru33


「ワインは天地人」
知れば知るほど楽しいワインの世界
日本のワインももっと飲んでみようと決心した

ワインの美味しさって値段と比例しているのかな?って思ったし
そんなことない!って思いたい(笑)

あ~何だか
今日は何を飲もうかな?って考えるだけでワクワク
どんなグラスで飲もうかな?って考えるだけでウキウキ
どんな料理と組み合わせたら美味しいかな?って
料理に関心が向けば私の手料理もチョッとはマシになるかもねー


★⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ ヾ(o゚Д゚)ノ♪






リーデル ワイン&グラステイスティング・セミナー
「シャルドネ セミナー」



シャブリ 2011 ・・・[ドメーヌ ジャン・グレイ・エ・フィス]

樽未使用のワインですが軽い飲み口と口当たりの良さ
筋肉マッチョタイプの辛口白ワイン
ソムリエはテイスティング開始10分前にグラスへ注ぎ準備をする

ri-deru26

ri-deru27




<ヴィノムシリーズ>「ヴィオニエ/シャルドネ」グラスで

アロマの香りからブーケの香りへと期待通りの変化が楽しめる
”これぞワインの醍醐味!”って思う瞬間
「塩」を一瞬感じるような味覚が刺激される・・・

ri-deru28


2番のシャルドネのグラスよりほんの少し背が高い”特別出演”のグラスが左側
同じワインでも背の高さによってブーケの香りが全く違う
背が高い方は上層部にアルコール臭が漂って蓋をしているような感覚

ri-deru29


2番のグラスから1番のリーデル社以外のグラスへ少量注ぐと・・・
スワリングできないから香りの広がりも無く、同じワインとは思えないほど酸味が強烈
「酸っぱぁーい」
グラスも分厚いので唇にあたる感覚がモタッとしている

ri-deru31






シャンパーニュ ブリュット グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン プレジデンス 2004
[R&L ルグラ]

スーッとしたサラリーマンタイプ!のシャンパン

最初に飲んだ一口より、セミナー終了頃に飲んだ味の方が私は好きだったから
泡が消えて味が変化した不思議なシャンパン

ri-deru37

ri-deru38



<グレープ リーデル シリーズ>「シャンパニュ」グラスで

泡がきめ細かく、いつまでもいつまでも続く・・・
舌の味覚ゾーンにストレートに流れ込み甘さが楽しめる

ri-deru39




泡の美しさ・・・見ているだけでウットリ
シャンパンはこの泡がケルル(真珠)が命
ソムリエは飲む直前にグラスへと注ぐ、適温が大切だから


ri-deru20



シャンパンを”特別出演”のグラスへと移して味わう・・・
”特別出演”のグラスはドンペリ用としも合うらしい
重宝できるグラスかも・・・・

私は細長いシャンパーニュグラスの方が好き!

ri-deru40


ソムリエのお話では、シャンパンは2004年物
この一本を十分に引き立てるためにかなり準備したんだって
数時間前から冷やし1時間前には栓を抜くなど
多少泡が消えることは覚悟で、セミナー開始に最高のシャンパンになるように!と・・・

「ワインとは天地人」
その意味をこれから自分でも確かめることになるんだろうなぁ

゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。



リーデル ワイン&グラステイスティング・セミナー 伊勢丹大阪
「シャルドネ セミナー」


同じワインを違う形のグラスで飲み比べることで、
”グラスの形がいかに重要か”を体験します

ri-deru16


グラスは5種類用意しています、左から

1 一般的なワイングラスとして、リーデルのグラスではありません
2 「シャルドネ」グラスで   
3 「シャンパーニュ」グラスで
4 「オークド・シャルドネ」グラスで  本日のお土産、お持帰りのグラスです
5 「モンラッシュ」グラスで

特別出演としてのグラスをもう一つ!

ri-deru32



2番のグラスにフランス産”シャブリ”を注ぎます

ri-deru18



3番のグラスにフランス産”シャンパーニュ”を注ぎます

ri-deru21



4番のグラスにアメリカ産”シャルドネ”を注ぎます

ri-deru17




5番のグラスにフランス産”バタール・モンラッシュ”を注ぎます

ri-deru22




本日のワインたち!左から
・「シャブリ 2011」¥3,000
・「シャルドネW3サイデーション 2008」 ¥4,500
・「シャンパーニュブリュット グラン・クリュ ブラン・ド・ブランプレジデンス2004」¥9,900
・「バタール・モンラッシュ グラン・クリュ 2009」 ¥30,000

ri-deru23

毎日ワインを飲むようになって半年が過ぎました・・・

私は家で飲むワインはネットで購入したり、家の前の酒屋さんでおススメを素直に買ったり、
3,000円以下がほとんどなんです

「ワインとチーズのマリアージュ」と言う公民館講座に出席してから
ワインの美味しい飲み方を知り興味がわき
自分のワインの飲み方???に疑問を持つようになって
”ワイングラス”を調べていてリーデルを知ったんです

勉強のつもりで基本のテイスティングセミナーを受講しその時ソムリエの方に、
今回のシャルドネセミナーにお誘い頂き
一本3万円の高価なワインをテイスティングできると聞き即答で参加決定(笑)

結果・・・
私が気に入ったワインは価格の高い順番だったのはどういったわけなんでしょうねー(笑)
美味しいワインはやっぱり値段なのか???
次の興味は美味しさとワインの価格になりそうです(大笑)

美味しかったよ!━━━━━━ヽ(゚`∀´゚) ━━━━━━!!!ありがとう





”モメサン・メルロー”

フランスワイン赤
渋みがあるのに軽い飲み口
グラスを変えると渋みが変化するからこの1本は2度楽しい

♪(゚▽^*)ノ⌒☆

wain30

wain31

”ルガーナ”

イタリアワイン白
ドライで辛口
ん~酸味も少ないからなぁ・・・
私は甘いよりこっちの方が好き(笑)

コッテリお料理と味わいたいですなぁ
d(*^v^*)b


wain32

wain33

”イーグルホーク カベルネソーヴィニヨン”

オーストラリアの赤ワイン
程よい渋みが私の好み ウフッ

wain34

wain35

室温のワインは最初はぬるくて嫌いだったから
冷やして飲む白ワインが好きだった
でも
適した温度で飲む赤ワインは美味しいと思うようになってきた
特に
最近はワインの香りを楽しむことが大好き
「アロマとブーケ」違えば違うほど好き
こんなに違うんだぁ~と驚き、この1本を選んだ自分がメッチャ嬉しくなるから

o(´∇`*o)(o*´∇`)o





”カステルグレーヴェ ロッソ”

イタリアワイン赤

フルーティで軽い
渋みがないので飲みやすい

ランチタイムに飲むならこんなワイン
ディナーならもっと重たいのも好きかな(笑)

(*´∀`)/



wain13

wain14

大阪 伊勢丹三越 「リーデル」ショップ

”テイスティングセミナー”に参加してみる

グラスによってワインは「不味く」もなり「美味しく」もなり「感激」を味わえると知った
ワイングラス入門には是非ともプロの講義を聞いてみたかったんです
スタンダートコースは4種類のグラスとワインを選びリーデルの世界を体験する

ri-deru15



スタートは2番のグラス”ソーヴィニヨンブラン”とニュージーランドのワインの組み合わせ
・色
・香り
・味
アロマの香りはとてもフレッシュな香り
ブーケの香りはもっとフルーティでまろやかになる
程よい酸味が味わえるスッキリしていて好きな味

ri-deru1


ここで2番のグラスから1番のグラスへワインを移し替えてみる
「グラスが小さくて・・・スワリングが出来ない」
だから香りを十分に楽しめない
「うわぁー酸っぱい」何?なんでこんなに酸味が強いの?同じワインなのに?

ri-deru6

ri-deru7





次は3番のグラス”シャルドネ”とブルゴーニュのワインの組み合わせ
アロマの香りから複雑な香りで想像力が・・ワクワク
ブーケの香りはメッチャ大人っぽい、樽の香りが良いわぁ~
こんな大人の”白”は初めて飲んだ

ri-deru2


またまた3番のグラスから2番のグラスへ移し替えてみる
「ん・・・さっきの豊潤で大人っぽい感じがない」・・と比べると物足りない事実

ri-deru8

ri-deru9


テイスティングセミナーは約1時間ほど
ネットで予約申し込みをしました
セミナーの後は使用したグラス4種類をを持って帰れるんです
それも、お得な価格で(笑)

4種類全部飲んだらワインの半分は飲んだことになります(ワァオ)

赤ワインへと進みましょう


リーデル 大阪



⇒続きを読む

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

日本の旅で感じる (6)
札幌 (95)
札幌を観光 (25)
札幌で食事 (54)
札幌の温泉 (1)
札幌のお土産 (9)
小樽 (12)
小樽を観光 (3)
小樽で食事 (7)
小樽のお土産 (2)
北海道  道央 (39)
道央を観光 (16)
道央で食事 (15)
道央の温泉 (8)
帯広 (6)
帯広を観光 (3)
帯広で食事 (3)
北海道  道東 (1)
道東で食事 (0)
函館 (9)
函館を観光 (4)
函館で食事 (4)
函館のお土産 (1)
北海道  道南 (13)
道南を観光 (1)
道南で食事 (3)
道南の温泉 (9)
青森 (15)
青森を観光 (3)
青森で食事 (3)
青森の温泉 (7)
青森のお土産 (2)
秋田 (11)
秋田を観光 (6)
秋田で食事 (1)
秋田の温泉 (4)
秋田のお土産 (0)
岩手 (16)
岩手を観光 (5)
岩手で食事 (2)
岩手の温泉 (9)
岩手のお土産 (0)
茨城 (1)
茨城を観光 (1)
栃木 (1)
栃木を観光 (1)
栃木の温泉 (0)
東京 (3)
東京のお土産 (2)
石川 (2)
石川で食事 (1)
福井 (7)
福井を観光 (2)
福井で食事 (4)
福井のお土産 (1)
滋賀 (2)
滋賀の観光 (1)
滋賀のお土産 (1)
京都 (44)
京都を観光 (20)
京都で食事 (23)
京都のお土産 (1)
奈良 (12)
奈良を観光 (5)
奈良で食事 (4)
奈良の温泉 (3)
大阪 (18)
大阪を観光 (15)
大阪のお土産 (3)
兵庫 (44)
兵庫を観光 (12)
兵庫で食事 (21)
兵庫の温泉 (1)
岡山 (5)
岡山を観光 (2)
岡山で食事 (3)
福岡 (10)
福岡を観光 (4)
福岡で食事 (3)
福岡のお土産 (3)
佐賀 (26)
佐賀を観光 (15)
佐賀で食事 (3)
佐賀の温泉 (6)
佐賀のお土産 (1)
長崎 (2)
長崎を観光 (1)
長崎で食事 (1)
熊本 (1)
天草 (8)
天草を観光 (5)
天草で食事 (1)
沖縄 (3)
沖縄を観光 (3)
青春18切符の旅 (15)
海外の旅で感じる (97)
フランス (14)
イタリア  (34)
スペイン (9)
ホーチミン (5)
マレーシア (15)
韓国 ソウル (0)
韓国 釜山 (10)
ゴールドコースト (10)
食事を楽しむ (139)
大阪レストラン (49)
大阪カフェ (4)
大阪ベーカリー (1)
大阪ラーメン (2)
大阪蕎麦 (1)
スイーツ (10)
チョコレート (13)
お土産頂きました (7)
私の手料理 (3)
スムージー (7)
ワイン (39)
美しさを追求 (51)
着物 (29)
ダイエット情報 (6)
ダイエット結果報告 (6)
品性を鍛える (13)
その他 (29)
季節の行事 (19)
ご挨拶 (4)
マンガ&ゲーム (2)
未分類 (0)

kawanger

Author:kawanger
長左衛門(ちょうざえもん)とは夫、家長が代々襲名する名乗りの「屋号」で田舎では会話の中で名字より屋号を使う事が多く、私はまだ良く理解していないのですが面白いので今後の記事の一つにしていきたいと思います。

寅美(とらみ)とは私、「屋号」なんてない都会?生まれ、単純に「寅年」から。

いつも、長左エ門&寅美のブログをご覧頂きありがとうございます。サイト内の文章や写真の無断使用・転載はお断りしておりますのでご了承くださいませ。今後とも魅力のある内容に勤めてまいりますのでどうぞ応援宜しくお願い致します。

ご紹介しておりますお店の情報は行った時点での情報です、ブログの記事が古い場合は情報が更新されていない事もありますので、最新の店舗情報は直接確認して頂きますようご注意下さいませ。

FC2Blog Ranking

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。