感性に直撃  旅&食&美&品 ~ Wonderful World ~

長左衛門&寅美

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奈良県 平城京跡

約74年間奈良時代において日本の首都として栄えた都

再建された建物はいくつかありますが、そうとう想像力を働かせないと・・・
・・・だだっ広いだけ(笑)と思ってしまう

平城京やその時代を映像で観れる施設があるからそこで勉強してから見学するとわかりやすい

nara122



中国の条坊制を模範にして造営された都城
中央北辺に宮殿・宮城をおき南門は最も重要な門として扱われ
南方を守護する朱雀の名を冠し”朱雀門”と呼ばれた

nara121

nara120




日本で最初・最大の首都は「藤原京」であり約16年間続いた

日本では天皇の宮がおかれたところを今で言う日本の首都とした考えがあったようです
(難波宮・近江大津宮・飛鳥宮など)

世界史からみると”都城”出現が”国家確立”であるとし、
「日本最初の首都は藤原京である」ということになるらしい
その藤原宮が16年間続いた後、平城京へと遷都され奈良時代の始まりとされる

nara119


駐車場から歴史観へ向かいある程度平城京の事や遣唐使の事を
映画や展示物で勉強してから平城京跡を見ると
ただの広場?がどういう事に使用されていた時代なのかが納得できるから参考になる

nara118

平城京跡


⇒続きを読む

スポンサーサイト
奈良県 興福寺

国宝「五重塔」

興福寺は現在は大改修工事のため一部見学できません
大々的に囲われた工事中の建物は敷地内でも大きい
完成が楽しみです

nara117



ここにも鹿がいたんですね(笑)
奈良公園と大仏さん周辺だけかと思っていたので、ラッキーです

nara110


昼間の暑さのためグッタリ気味・・・

余談ですが、
「奈良の人は早起き」というお話

昔、奈良の人は自宅の玄関前で鹿が死んでいると縁起が悪いということで
そういう場面に出くわしたら、鹿を隣の家の敷地へと引きずり移動させるんですって(ギャー)
そして何食わぬ顔でいるらしい
そのためにも誰よりも早く起きて自分のところの玄関前に鹿がいないか確認する(笑)
って聞いたことがあります
鹿は神様の使いとして昔は奈良に沢山いたんでしょうねきっと

nara111


外国人観光客に大人気
みんな珍しそうに写真撮っていました
触ってはキャーキャー喜んだり、鹿せんべいをあげたり

nara112



興福寺の公衆トイレは入口に柵があり原始的な自動扉です
たぶん・・・鹿が勝手に入り込んでしまうのを防止するためかな

nara113


五重塔と東金堂

nara115



五重塔

730年創建され、日本で2番目に高い50.1mの木造の塔

nara114-1



東金堂

薬師三尊を安置する堂として723年創建
その後いったん焼失し1415年室町時代の再建です
薬師三尊とは薬師如来を中尊とし、日光菩薩を左脇侍、月光菩薩を右脇侍、
とする三尊形式

nara116


国宝館には、
今回私がガイドブックを見て是非とも会いたかった(笑)仏像達がいます
阿修羅像を第一に、古くインドで信仰されている八つの神(八部衆)
ん~年の頃は10代半ばの美少年8人
!!!仏像界のジャニーズ?だ!(バチがあたるかな?)
阿修羅像は、嵐で言うならマツジュン(笑)スマップで言うならキムタク(笑)
そういう位置づけで見ると仏女と言われる女性ファンが増えているのも納得

仏女達は最近は自分で仏像を彫ることもブームになってきているんだって!

興福寺




奈良県 奈良の商店街アーケード

揚げの中にうどんが入っている面白い”巾着きつね”

nara94


オープンと同時に一番乗り!
サーっとおうどん食べて奈良を観光しようっと!

nara93-1


うわぁ~
でっかい巾着です
お出汁は関西のわりには濃いめの色、しっかりお醤油色がついている

nara95


お出汁はやっぱり甘め・・・思った通り(笑)
お揚げがジュッとしゅんでるならこのくらいの甘さと濃さ、しっかりで丁度良い

nara96

nara92

相当テレビで取り上げられていてお昼時には結構並んでいます
話題性は十分ありますが、一度食べたら・・・OKでしょう

麺闘庵
奈良市橋本町30-1
0742-25-3581




奈良県 

”奈良町”とは
元興寺の旧境内の敷地に江戸時代以降の町家が建ち並ぶ歴史的街並みの地域を言う



吉田蚊帳
大正時代からの蚊帳専門店
蚊帳(かや)はエジプトのクレオパトラが使っていたと言われるほど古くからある
蚊など虫は通さず風を通すため軍事用など世界中で用いられているそう

お店では手軽なふきんやのれんなどがある

nara99




奈良町には江戸時代末から明治時代にかけて点在していた町家をモデルに建てられた
格子の家など風情のある建物が多くあります

お食事処だったり、ショップだだったり、カフェだったり

nara100

nara101

nara102

nara103




奈良町資料館

さるぼぼ?
身代わり申がいっぱい!
日本一大きな大皿など歴史的な展示物があります

nara104

nara105




ウナギの寝床・・・
間口は狭く奥へと長ーいのが特徴 京都と一緒ですね?あっ、京都が奈良と一緒なのかぁ?

今は、小さなショップやカフェがあるお洒落な空間です
商店街からすぐ路地があり奥へ入ると小さな店舗があり
若いオーナーがやっている
古いものと新しいものが共存している奈良町です

nara106



奈良と言えば”鹿”
鹿サイダー!!! 鹿? サイダー? どんな味なの?って・・うぇー~・・・(笑)
奈良は柿も有名なので、柿酢風味なんですって

暑いこの時期
熱中症にならないためにも水分と爽やかな柿酢を補給して観光して下さい

nara107

nara97


奈良町
奈良 「樫舎」

奈良町を観光途中
アッ ”氷”の涼しげな旗を見つけた!

かき氷食べよ(笑)涼もう!

nara88


偶然見つけたお店でしたが、大当たりぃ!
こういう大当たりが最近は多い・・・だんだん鼻が利くようになってきたのかも(笑)

nara86


樫舎のおもてなしの心遣いは素晴らしい

こじんまりとした2階のお席へ急な階段を登る
まずは冷たいお茶で一息ついて・・・

頃合いを見て注文を伺う
メニューはこだわりのかき氷だということが見てとれる

氷を食べ終わった後は程よいタイミングで今度は暖かいお茶が運ばれてくる
身体が冷えて来て、暖かいものが・・・と思うグッドタイミング

nara87



かき氷のきめの細かさ、ふんわりとした氷、氷のはかなさ・・・
抹茶の濃さ、美味しさ、蜜の味・・・
餡の美味しさ、甘さ加減・・・・
わらびの口あたり、硬さ、風味・・・
白玉のもっちり感・・・
寒天のつるりとした喉ごし、食感・・・

写真を撮ってると見る見るうちに氷のかさが減ってくる
それ程きめ細かい氷なのだ

nara89


この河童の絵
コマーシャルで見た事あるよ

nara90




nara98


樫舎

⇒続きを読む

奈良 「松鼓堂」

奈良に来たなら”茶粥”を食べようと思います
ガイドブックを見て法隆寺門前の松鼓堂に入りました

nara62


長左衛門は梅蕎麦を注文
ピンク色の梅のさわやかさがほんのり!
この日は暑いくらいのお天気、冷たい梅蕎麦は大人気です

nara65

nara66


私は”茶がゆ”を注文
茶がゆには忘れられない思い出が詰まっているんです

茶がゆを知ったのは今から7年ほど前、
「茶がゆ食べたいなー」って友達の言葉に、
「お粥じゃなくて? お茶のお粥? お茶漬けじゃないの? ん~わかんない! どんなの?」
見た事も聞いた事も無くて(笑)
その後、別の友達が茶がゆを作って来たのを見て”茶がゆ初体験”
美味しそうに食べる姿を今も強烈に印象に残っています
・・・ご飯に冷たい番茶をかけたような物・・・というのが感想(笑)
関西でも奈良方面で食べられる名物だと聞きました

nara64


これが茶がゆです
奈良では色々なお店でそれぞれの味が違うようです

nara67



でも、やっぱり奈良にきたなら「くずきり」でしょ!!!
ヒヤヒヤ冷たーい、ツルッツルで美味しい
黒蜜がタップリ・・・あ~幸せ(笑)

ん!くずきり! 決まりだね!

nara68

nara69

nara63

松鼓堂
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺1-5-37
0745-74-0908

奈良県 「法隆寺」

世界最古の木造建築であり、日本の世界遺産第一号
創建は607年とも言われているそうです(約1300~1400年前なんだぁ)

nara76



南大門です、ここから入ります
さぁ・・・見えてきた見えてきたぁ

nara70



中門、その奥に”五重塔”が見えてきましたぁ~
聖徳太子が創建? 1300年も前に?  ・・・と思うとワクワクしてきます

チョッとしたエピソードですが
五重塔の解体工事中「落書き」が見つかったというのです
仮名の手習いの練習と思われる字だったそうですが、1300年前、
木に文字を書く練習をしていたんですね!
世界遺産の落書き、なーんてチョッと笑えちゃいます
(落書きは今はしちゃダメですよー!!!)

nara71

nara72


中門の左右には金剛力士像があり、これも日本最古のものです
金剛力士は仏像ピラミッドの土台にあたるNo.4の”天部”の一つ守護神です

開口の阿形像(あぎょうぞう)は怒りの表情を顕わにし

nara73


口を結んだ吽形像(うんぎょうぞう)は怒りを内に秘めた表情をしている

どちらも寺院内に仏敵の入り込むことを防ぐ守護神の役割をし阿吽像2体を一対として安置することが多い
場所柄、風雨にさらされるため良い状態で残っているものが少ない

nara74

nara75



さぁ五重塔と金堂です

”五重塔”
仏塔の形式の一つで下から 地・水・火・風・空 それぞれが五つの世界を示し仏教的な宇宙観を表す



”金堂”
金堂の中の仏像は国宝だらけです(笑) チョッと勉強しましょう!


中央には釈迦三尊像
法隆寺の釈迦三尊像とは釈迦如来坐像(No.1)を中心に両脇に脇侍菩薩立像(No.2)の3人です

東には薬師如来坐像(No.1)

阿弥陀三尊像
法隆寺の阿弥陀如来三尊とは阿弥陀如来坐像(No.1)を中心に観音菩薩・勢至菩薩立像(No.2)の3人

四天王立像(No.4)
東は持国天(じこくてん)南は増長天(ぞうちょうてん)西は広目天(こうもくてん)北は多聞天(たもんてん)
の4人

毘沙門天・吉祥天(No.4)
日本では単独として安置する場合は毘沙門天(びしゃもんてん)と言うが
四天王の一人として安置する場合は多聞天(たもんてん)と呼ぶのが通例であると記されています
吉祥天(きっしょうてん)は毘沙門天の妃とも妹とも言われている

金堂内部は薄暗く・・・このぐらい勉強してから見ないと、あれもこれも一緒に見えるから(笑)

nara77




夢殿
聖徳太子の住居があった跡地に建てられた、奈良時代の八角円堂
堂内には聖徳太子の等身像とさえる救世観音像を安置している

nara78

nara79

法隆寺

奈良 十津川温泉郷 上湯温泉 「神湯荘」


村で取れたきのこを炭火焼でいただっきまーす
自家製のポン酢が、これまた、メッチャ美味しい!

nara44

nara45




夕食のメインは”猪鍋”ですが、地元の食材を使った品々です

nara47



あまごのお造り

nara33



鹿肉のたたき

nara34

nara35



温泉で炊いたごはん、チョッと黄色いです

nara36



にゅう麺

nara43



タケノコとわらびのにぎり

nara48



品数は結構あるのに量が少ないように感じた
いや
十分でしょうか?(笑)

nara49



デザートはミルクコーヒーゼリー

nara50

⇒続きを読む

奈良 十津川温泉郷 上湯温泉 「神湯荘」

素晴らしい山々と自然に囲まれた秘湯
温泉も食事も最高!

nara26



神湯荘は日本秘湯を守る会の宿と言うことで今回の宿泊先に選びました
会に入る基準と言うのは明確になっていないようですが、
温泉・食事・宿・接客・おもてなし・・・などなど・・・
何かこだわりがあるのではないでしょうか?

nara19

nara31



温泉のお湯の気持ちよさは本物ですよ
トロリ ツルツル 
広い露天風呂の中でも特に温泉の注ぎ口あたりはお湯が濃い感じがする
ぬめり感が足元の石がヌルヌルしているからそう感じたんだけど

nara30



神湯荘は本館と別館があります
私達は別館の2階のお部屋だったんだけど、部屋に入った途端”おじさんの匂い”がしたんです
”おじさんの匂い”って表現しにくいけど・・・
たとえば、タクシーに乗った時に感じる”おじさんの匂い”ってこと・・・わかるかな?
(タクシーの運転手さんゴメンナサイ)

まぁ
私達も人の事は大きな声じゃ言えない年齢なのですが(笑)

チェックインは3時
部屋に案内されたら「エッ?布団曳いてあるの?  もう? 早い(笑)」って驚いた
合理的ですなぁ・・・宿帳書いたらもう部屋に来なくていいから人件費削減になるしね!

”おじさんの匂い”は布団からするのか?
部屋に染みついているのか?
サバイバル環境に結構慣れている私でも長いこと鼻についていた匂いでした
恐るべし”おじさんの匂い”(笑)

nara20

nara21





早めにチェックインしたので宿泊客もまばらな内に一通り露天風呂を回り少々疲れたので
部屋でウトウトしていると・・・
ミシミシ廊下の足音と隣の部屋の話声で目が覚めた、立ったり座ったりドスンドスンと・・・
そう!ここは秘湯の宿!
だから設備をどうのこうの言うのなら他の宿を選択しなさいと!
不便な事は十分承知の上で、神湯荘のここでしか味わえない事に焦点を合わせるべきなんです
お隣どうし、お互い様ですから

nara27



夕食も終わりまた温泉に浸かった後は心地よい疲労感でグッスリです
翌朝もすがすがしい空気の中露天風呂に浸かり朝食へ行きます

あれッ?
そういえば、朝には”おじさんの匂い”がしない!
・・・と言うか、気にならなくなったのか? 慣れたんでしょうか?
あ~なんて私って適応力があるんでしょうか(笑)

nara58


nara51
奈良 十津川温泉郷 上湯温泉 「神湯荘」

”山の神”という名の女性専用の露天風呂
お湯がトロリとした美肌の湯です
近くには”水の神”という男性専用の露天風呂もあります

nara25

nara22


こちらは、
女性専用の反対側の貸切露天風呂
だから女性同士でもOK! ご夫婦でもOK! モチロン家族みんなでOK! どんな組み合わせでもOK(笑)

お湯は完全に仕切ってあるのですが同じ美肌の湯です
源泉かけ流しなので熱かったです・・・入る時に水で薄めて入りますが
次から次とお湯が溢れて来るのですぐに熱くなるので気を付けて

nara23

nara24





さて
”癒しの湯” こちらも貸切露天風呂です
どんなふうに癒してくれるお湯なのでしょうか(笑)

nara28



いやぁ~  ♪いい湯だなぁ~アハハーン♪ 
ホント癒されます

温泉って男女別が多いでしょ?
貸切家族風呂ってなーんか良いよ!

アハハ・・・癒しの湯の温度がちょうど良い湯加減だったからそう思ったのかも・・・(照)

nara29



本館の内湯です
ここは男女別、シャワー完備 シャンプー&リンスもある
露天風呂にはシャワーが無いので・・・

nara57

nara59



別館の内湯です
ここは、貸切風呂・・・神湯荘の中で一番小さい浴槽ですがこじんまりしている
シャワー完備なのだ


nara60

神湯荘は源泉掛け流しの温泉
源泉温度は82度と高い
だからお風呂はどこも割と温度が高いので水を足して入るようになる
源泉が薄まると思うけど・・・そんなことはない
すぐに新鮮な湯が溢れるから肌にまとわりつくようなトロットロの化粧液のようなお湯が贅沢です


日帰り温泉で近くの”温泉地温泉「滝の湯」”にも入りました
お湯のトロミ感は神湯荘のお湯の方が強いと思う

☆L(´▽`L )♪




奈良 十津川村

「フーッ、アチチ ホッカホカ ん~いい香り」

nara15


山菜釜飯定食を注文しました
とてもシンプル・・・ これだけ?(笑)

nara14


釜飯にタマゴ?・・・と、思ったけど
美味しいんでビックリ、タマゴ、合うんです!

nara13


自家製のお漬物かな、素朴なお味でした

nara17



二膳半くらいあったとおもう、結構多いですよ
モチロン”おこげ”はカリッカリに出来ています

nara16



お店から見えるこの素敵な景色、でも、
お話を聞くと、2年前の災害の時はお店は大丈夫だったけど
この川がすぐ下までスゴイ水量だったんだって!
ホントに大災害だったんだなぁーと・・・

(´Д`。)



nara18

奈良 十津川村

高さ54m
長さ297m
日本最長の生活用吊り橋

nara7


十津川村に来るまでの景色は2年前の災害の爪痕がクッキリと残っている
道路の復旧はほとんど問題はないのですが、ガードレールが新旧を物語っていた
白いガードレールは汚れと錆で災害から免れたところなんだと感じ
こげ茶色のガードレールは新しいとは気付かないほど自然と一体感があるんだけど
一瞬この道は補修されているんだと・・・
ナビにはない真新しいトンネルが広くて明るくホッとした

地形だからしょうがないけどスリル満点のドライブだった(笑)



nara1

nara2




この日、吊り橋は一方通行になっていた
約20名程ずつのグループにわけて進むので前のグループが吊り橋の中央を過ぎたくらいで次のグループが出発

nara3

nara4




あららぁ~
私達が先頭ですか!

nara5


揺れるぅ・・・
あれ? あれれ? 揺れるよー
へっぴり腰になるのはみんな一緒です

高い所は嫌いなんです(笑)
マンションの13階の廊下なんて・・・歩けない・・・恐ーい・・・
ところが!
吊り橋は揺れるけど怖くなかったから不思議
いったいどういう事なんだろうね?
ほら、スーイスーイっと(笑)

nara6


何分位で渡り切ったんだろうか・・・
途中で写真撮ったり、入れ替わったり、先頭だったからメッチャラッキーでした

nara8



渡り切ったところのお土産屋さん
何だかホッと安心したらお腹が空いてくるから
十津川名物のコンニャクの田楽とか売っていました

nara10

nara11

nara12



帰りはバスに乗ってスタート地点へ帰ります

nara9



吊り橋の幅は結構狭いんです
揺れてまっすぐに歩けないからヒョコヒョコ左右によろけながら歩くんだけど、
生活道路としてのこの吊り橋は、通勤通学はもちろんのことだし
バイクもブーンって通るみたいだから驚きですね
すれ違う時って身体ピッタリにしないと怖いよ!

男女が吊り橋を渡ると恋人同士へと発展する事があると聞いたことがあります
吊り橋のドキドキが、
「この人を好きなんじゃないか?」とドキドキするのと一緒なので勘違いするからだとか・・・?

私は一切ドキドキしませんでしたが(笑)
図太くなったのか?
相手が〇〇だからなのか?

・・・(´_`illi)



09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

日本の旅で感じる (6)
札幌 (95)
札幌を観光 (25)
札幌で食事 (54)
札幌の温泉 (1)
札幌のお土産 (9)
小樽 (12)
小樽を観光 (3)
小樽で食事 (7)
小樽のお土産 (2)
北海道  道央 (39)
道央を観光 (16)
道央で食事 (15)
道央の温泉 (8)
帯広 (6)
帯広を観光 (3)
帯広で食事 (3)
北海道  道東 (1)
道東で食事 (0)
函館 (9)
函館を観光 (4)
函館で食事 (4)
函館のお土産 (1)
北海道  道南 (13)
道南を観光 (1)
道南で食事 (3)
道南の温泉 (9)
青森 (15)
青森を観光 (3)
青森で食事 (3)
青森の温泉 (7)
青森のお土産 (2)
秋田 (11)
秋田を観光 (6)
秋田で食事 (1)
秋田の温泉 (4)
秋田のお土産 (0)
岩手 (16)
岩手を観光 (5)
岩手で食事 (2)
岩手の温泉 (9)
岩手のお土産 (0)
茨城 (1)
茨城を観光 (1)
栃木 (1)
栃木を観光 (1)
栃木の温泉 (0)
東京 (3)
東京のお土産 (2)
石川 (2)
石川で食事 (1)
福井 (7)
福井を観光 (2)
福井で食事 (4)
福井のお土産 (1)
滋賀 (2)
滋賀の観光 (1)
滋賀のお土産 (1)
京都 (44)
京都を観光 (20)
京都で食事 (23)
京都のお土産 (1)
奈良 (12)
奈良を観光 (5)
奈良で食事 (4)
奈良の温泉 (3)
大阪 (18)
大阪を観光 (15)
大阪のお土産 (3)
兵庫 (44)
兵庫を観光 (12)
兵庫で食事 (21)
兵庫の温泉 (1)
岡山 (5)
岡山を観光 (2)
岡山で食事 (3)
福岡 (10)
福岡を観光 (4)
福岡で食事 (3)
福岡のお土産 (3)
佐賀 (26)
佐賀を観光 (15)
佐賀で食事 (3)
佐賀の温泉 (6)
佐賀のお土産 (1)
長崎 (2)
長崎を観光 (1)
長崎で食事 (1)
熊本 (1)
天草 (8)
天草を観光 (5)
天草で食事 (1)
沖縄 (3)
沖縄を観光 (3)
青春18切符の旅 (15)
海外の旅で感じる (97)
フランス (14)
イタリア  (34)
スペイン (9)
ホーチミン (5)
マレーシア (15)
韓国 ソウル (0)
韓国 釜山 (10)
ゴールドコースト (10)
食事を楽しむ (139)
大阪レストラン (49)
大阪カフェ (4)
大阪ベーカリー (1)
大阪ラーメン (2)
大阪蕎麦 (1)
スイーツ (10)
チョコレート (13)
お土産頂きました (7)
私の手料理 (3)
スムージー (7)
ワイン (39)
美しさを追求 (51)
着物 (29)
ダイエット情報 (6)
ダイエット結果報告 (6)
品性を鍛える (13)
その他 (29)
季節の行事 (19)
ご挨拶 (4)
マンガ&ゲーム (2)
未分類 (0)

kawanger

Author:kawanger
長左衛門(ちょうざえもん)とは夫、家長が代々襲名する名乗りの「屋号」で田舎では会話の中で名字より屋号を使う事が多く、私はまだ良く理解していないのですが面白いので今後の記事の一つにしていきたいと思います。

寅美(とらみ)とは私、「屋号」なんてない都会?生まれ、単純に「寅年」から。

いつも、長左エ門&寅美のブログをご覧頂きありがとうございます。サイト内の文章や写真の無断使用・転載はお断りしておりますのでご了承くださいませ。今後とも魅力のある内容に勤めてまいりますのでどうぞ応援宜しくお願い致します。

ご紹介しておりますお店の情報は行った時点での情報です、ブログの記事が古い場合は情報が更新されていない事もありますので、最新の店舗情報は直接確認して頂きますようご注意下さいませ。

FC2Blog Ranking

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。