感性に直撃  旅&食&美&品 ~ Wonderful World ~

長左衛門&寅美

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランス ルーブル美術館


”モナリザ”

広ーい空間に人だかり・・・で、なんだろうと引き寄せられるように近づくと・・・モナリザ
メッチャちっさぃ(笑)

ru-buru7


ルーブルに入ってすぐ階段の上の”ニケ”の方がよっぽど迫力があったと思う
私はニケが好き!
薄ーい衣をまとっただけの顔が無いのが想像力をかきたてるから

「勝利の女神」ってステキ

ru-buru2

ru-buru6




ミロのビーナス

見る角度によってこんなにポーズが違うのかと思ってしまう
かなり傾いているよね?(笑)

ru-buru1

ru-buru5



この絵は・・・名前は忘れましたが(笑)2枚あるはずです
たしかヴェルサイユ宮殿にもあったはず
絵の中の女性達は皆「白いドレス」なのですが
片方の絵だけ「一人だけピンクのドレス」の人がいたと思う
ルーブルの絵かヴェルサイユの絵か忘れてしまったけど

この頃の画家は自己主張が強い人は自分を絵の中に描いたり
同じ絵2枚の女性を一人だけピンクのドレスなんておちゃめに描いたり
驚きですよ

ru-buru4



ルーブルは広い
前回見ていない時代を回ります

ru-buru3

ru-buru8


エジプト時代の大理石のバスダブ?
後ろの彫刻とセットでいかがですかぁ?

ru-buru9

ru-buru10

芸術的センスは全くないので普段は美術鑑賞もしたことがありません
それでも有名どころは一度見ておきたいものだと興味は多少あります
好きな人は何時間いても飽きないんですよねー

ルーブルって良い運動になります、メッチャ歩くから
(v^ー°)


スポンサーサイト
フランス モンマルトルの丘


お洒落なカフェが建ち並ぶ芸術家たちの街

・・・だけど・・・”あ~しんどっ!”って(笑)   だって寒いし階段多いし・・・

monnmarutoru7


サクレ・クール寺院

ロマネスク様式と3つの大小のドームが特徴のビザンティン様式が融合

monnmarutoru5

monnmarutoru6


こんな芸術あり?ってアイディアが面白い

monnmarutoru4

店の奥に気難しそうなご主人が・・・声かけにくいよー

monnmarutoru3



あっ出て来たな(笑)

monnmarutoru2


ロートレックなどポストカードもいっぱいあってワクワクしちゃいます

monnmarutoru1


モンマルトルでお買物した時にハプニングがあったんです
一緒のツアー客だったんですが、
クレジット決済したところ受け取った伝票を見て金額が違っていたんです
でもここはフランス・・・フランス語が話せない・・・添乗員さんが飛んで行って・・・
カード決済の取消など日本のようにテキパキとやってくれないんです

油断大敵!支払前に金額の確認を!
カードの暗証番号を押す前に金額の確認は怠ってはいけません!
サインの前に金額の確認を怠ってはいけません!

言葉の壁はトラブルの時に痛感するものです
(´A`。)




フランス パリ


東京タワーもエッフェル塔も夜景は一緒だね

東京の方が周りが明るくって360度どこまでもどこまでも続く夜景って感じ、
パリはひときわエッフェル塔が際立つ感じ

ライトアップされたエッフェル塔は20時にイルミネーションがキラキラ☆彡って光るんです
”ワーッ”って思いますよ


pari8

pari7


海外で車の運転したことはない・・・
左ハンドルは問題ないが右側通行は一度も経験なし
標識だって読めないしナビがあってもフランス語じゃー(笑)ムリムリ

pari6


シャンゼリゼ通り

pari5


フランス 日本食レストラン 「おぐら」

”OGOURA”は長左衛門の叔父さんのお店
もう亡くなって今は当時の共同経営者の人が引き継いでいる
マスターは顔を見て「あっ、似ていると思った」って

ogura4

ogura3


パリで食べるお寿司は正直どんなものかと言うと、
握り寿司の酢飯が押し寿司のような感じでお米がフンワリしていなかったのが感想
お造りは日本と一緒


向こうのテーブルではフランス人がお箸を使って食べていたし(笑)

gura5

ogura2

ogura1

オペラ座から徒歩5分ぐらいなのにひっそりしていて
薄暗かったから営業しているのかな?って思ったよ

(*´○`* )「zzzZZZ・・」


フランス  ディズニーランド

園内のシンボルは「眠れる森の美女の城」

dizuni12

dizuni3


入場してパーク内の地図を探したけど、日本語なんてあるわけないかぁ(笑)
フランス語・スペイン語・イタリア語・英語・ドイツ語・・・まだあったかな?

ファミリーが多いみたい
小さい子供がいっぱい来ていた、寒くないのー

dizuni9



昼間のパレード

dizuni11



アトラクションに乗る列の途中です
「日本人一人もいないねー」って、ヨーロッパ各地からの来場者ばかり

dizuni10



ホットショコラで休憩

お隣のテーブルには”超イケメン”が二人・・・
お皿をシェアして食べてた?んん?見つめあう二人?
フランス語は解らないけど二人が恋人同士だということは解りましたとも!
(もったいない・・・笑)

dizuni6

dizuni5

dizuni4



パリのディズニーランドしか買えないピンバッチを購入しました
今度どこかの国のディズニーランドに行く時にはたくさんつけて行こうっと!
お客さん同士で交換したりするんだって!!

dizuni1

英語もフランス語もあいさつ程度しか話せないけど
私達が何を言っているのか理解してくれる親切な国ですよ!
”フランス人”って”京都人”と思って接すると良かったみたい(アハハ)



フランス ヴェルサイユ宮殿

ルイ14世が建造した”フランス絶対王政”を象徴した宮殿

berusaiyu4

berusaiyu1


”鏡の間”
儀式や外国の賓客を謁見するために使われた

berusaiyu3

berusaiyu5

berusaiyu6

berusaiyu7


フランスでおこった飢饉、各地でパンが不足して人々が苦しんでいるのを知り
マリー・アントワネットは「ケーキを食べればいいじゃない」と・・・
記録にはないそうですが映画にもそのシーンがあったと思う

berusaiyu2





そうです!私はベルばら世代(笑)  オスカルさま~

berusaiyu10


なんと!ラデュレのマカロンでーす
時間が無いので詰合せてあったのを買っちゃいましたぁ!! ウレシー

berusaiyu8

berusaiyu9

berusaiyu11

マンガのベルばらも好きだけど、宝塚のベルばらも良いよねー(ウフフ)
((´I `*))♪



フランス エッフェル塔

まるでエレガントなスタイルのパリジェンヌそのもの
美しい・・・

effueru3



フランス革命100周年を記念して開催されたパリの万博のモニュメントとして建設された鉄塔
2年2ヶ月の驚異的なスピードで建てられたそうです

当時の芸術家たちには賛否両論、
反対派の中にはエッフェル塔1階のレストランによく通った人が、
「ここが、いまいましいエッフェル塔を見なくてすむ場所だから」だって(笑)

当初は万博のモニュメントだったが、のちに軍事用の電波等になった


effueru4

effueru2

エッフェル塔の高さは324m
展望台は3カ所あります 57m 115m 276m
それぞれ展望台の高さによって入場料金が違います
歩いて登ることもできるそうですが無料ではありません(笑)

チケットを購入する行列とエレベーターを待つ行列


effueru6

effueru5


展望台から下を覗くと・・・
あ~・・・高い所は苦手・・・(笑)

effueru7


エッフェル塔をお手本に創られた東京タワーの高さは333m
展望台は2か所あります 120m 223m

それにしても紅白の塗装は・・・日本だからなのかと調べてみると、
「昼間障害標識」と呼ばれる航空法により定められているからです
航空法が出来る前にエッフェル塔が建ち出来た後に東京タワーが建ったという違い
でも・・・航空法って世界共通なの?

ちなみに、東京スカイツリーの高さは634m
展望台は2か所 350m 450m 色はスカイツリーホワイト・・・なんで紅白じゃないの?
「高光度航空障害灯」が設置されているから、これも規制に定められている



私は高い所は苦手なのに興味津々・・・矛盾していると思う(笑)

(∀`o )ノ-з-з






パリの旅

pari14


今回のパリ旅行はツアー   
JAL&ブリティッシュエアウェイズでロンドン経由だったんだけど
帰りにロンドンへ飛ぶ飛行機が乗り込んでからなかなか飛ばない・・

ヒースロー空港上空が天候が悪くそのため離陸できないとか言って

結局
飛行機内で待つこと数時間・・・
機内のサンドイッチやドリンクサービスも当然食べつくし・・  だってお腹すいたし

日本から持参した「ぬれおかき」数袋が役に立つ
トランクに入りきらず手荷物に入れて帰りの飛行機でつまもうとおもっていたんだけど
それが、非常食になろうとは・・・思わなかった。

やれやれ、なんとか離陸 ホッとしたのもつかの間
かなり時間が経ってるし日本行きのJALが私たち数人の為に待っているはずが無い
案の定 おいてけぼりに・・・

pari4



日本へは一日遅れの明日の同時間のJALに搭乗することに決定
はぁ そんなことってあるんだと どうする事も出来ずに・・

pari3


最悪な中にもツイテいる事もあります
ブリティッシュエアウェイズがロンドンの宿泊を負担してくれることに!
おまけにホテルは「ラマダホテル ロンドン」 めっちゃ豪華
(この旅行で一番良いホテル)

pari2


ただし、トランクはコンテナのままだから手荷物のみで宿泊

ってことは、化粧品も着替えも何もないよー
だって帰るだけだと思っていたから
他のみんなも携帯の充電器もトランクに入れて充電切れっていうし
日本への連絡は旅行会社がしてくれているみたいだからOKだけど


あんなに素敵なホテルで 着の身着のままですっぴんでの一泊二日です
レストランも美味しかったし朝食も美味しいけど・・

添乗員さんの機転で翌日は半日ロンドン観光をすることに
旅行者みんなでお金を出し合って、なじみのドライバーさんにバスをチャーターし
バッキンガム宮殿やダイアナ妃の結婚式の教会やロンドン市内を観光しました


pari5


素敵で貴重なパリ&ロンドンの旅になりました。

日本には一日遅れで到着
到着した日は新年会に出席の予定があり時間が無いので直接行くことに
ジャージー姿&ノーメイク
新年会終了後は時差ボケが最高潮でフラフラしながら帰った記憶が・・・
2次会はパスしました
お疲れさまでしたぁ・・・はぁ ( ̄。 ̄)ボ~~~~ッ。







モンマルトルの丘


monnmarutoru2


monnmarutoru3

monnmarutoru5

かつて
貧乏芸術家たちが集まる町
ここから歴史に名を残す有名画家へと・・・
お互いに刺激しあいながら育っていったんだろうか?

ロートレックの絵は私の古い記憶の一枚

小樽に住んでいた頃・・
駅前から小道に入った小さな喫茶店にロートレックの絵が沢山飾ってあったんです
お店の名前も「ロートレック」だったのかな?忘れたけど

そこのコーヒーは美味しかったぁ~
カップも素敵で!
遠い記憶なので余計にコーヒーの味が美味しく感じられる ヽ(*’-^*)。




⇒続きを読む


凱旋門 シャンゼリゼ通り

gaisennmonn1

凱旋門を観光中にすっかり日が暮れて・・・








gaisennmonn4

ナポレオンの命により造られる
12本の放射線状の道路が星の形に見える

後世、大きな道路はナチスドイツの戦車が通る事となる・・・
歴史は苦手だけど、
映画は子供の頃から大好きでそんな場面を見た記憶がある






gaisennmonn2

エッフェル塔

スタイルが抜群に良いね  
スマートで・・ほっそりと・・ツンとして・・
9頭身かな(笑) 
モデルなみに美人です(なんで女なんだろう?)(*^-^*)





 

⇒続きを読む



フランス オペラガルニエ


opera1

映画オペラ座の怪人
「♪ マスカレード ♪」で踊り歌った
映画は実際にこの場所で撮影されたのだろうか?



有名なBOX席?
ジャーン ジャジャジャジャジャーーン ジャジャジャジャジャーン

opera7


きらびやか  ただ、ただ 素敵です。

opera4




⇒続きを読む



フランス セーヌ河クルーズ

se-nu1


セーヌ河クルーズは
船からしか見えない橋の個性を楽しめる!

一つ一つにパリらしい実に個性あふれる橋が架かっている

派手な橋
シンプルな橋
重厚な橋
一点豪華な橋

そんな事とは知らずに乗船して見て、得をしたような気分です

se-nu2

se-nu3

se-nu4

se-nu6


ランチクルーズ&ディナークルーズとお食事と一緒に楽しめたり、クルーズのみもOK
いろいろなプランがあるので時間に合わせることもできる

河沿いの建物はどれもこれも歴史を感じる
右へ左へとシャッターを押しまくってしまいます(笑)

途中、友人と橋のデザインに? 気付き、なんかお洒落じゃない?
それなら撮ってみようと・・・
進むにつれて 橋の一つ一つに芸術を感じ パリを感じる

船はゆっくり進むけど ここだ!という瞬間は写真じゃなくて
自分の目で見て感動しているので
結局写真を撮る時には少し後になってしまう・・・m(_ _)m





⇒続きを読む



パリ ルーブル美術館

ru-buru5

「モナリザ」 小さな絵画  ガラスケースに守られて




今ならルーブル美術館は写真撮影OK

信じられない・・・・日本じゃ寺社仏閣は撮影禁止って多いでしょ
それはやっぱり、美術品の保存状態にかかわるからだと思っていた

でもサルコジさんが大統領になってからはオープンなんだって
モナリザも撮り放題

フラッシュ撮影はご遠慮ください!


ウフィツィ美術館もプラド美術館も撮影禁止でしたからうれしい

もっと美術館に行くべきだったわ

ru-buru7

レースを編む女 フェルメール



ru-buru3

サモトラケのニケ 






⇒続きを読む

フランス  モンサンミシェル

pari1
あまりにも美しいフランスの郊外 モンサンミシェルへの道中の一枚
自分でもホントに感動的なワンショット ヽ(^◇^*)/


モンサンミシェル・・・

道路が出来たせいで潮の流れが大きく変わり砂がたまりはじめた・・
いま、
道路から橋へ造り替えて潮の流れを元の状態へもどそうと動いている。
フランス人ってすごい事考えるね
しかも、行動力がある!


時代の流れと言うか・・・

自然の力、干潮により巡礼者が命を多く落とした過去の時代があり
道路を作り便利に渡れるようになったが潮の流れを大きく変えてしまった現代

自然を大切にそして取り戻そうとプロジェクトを組み
橋をかけて道路の便利さと潮の流れを元へ近づけると言う二つをかなえる未来・・
もうすぐ完成かな。

この日は昼食後の時間帯だが潮はひいている
海で満たされたモンサンミシェルとは・・どんな感じだろう・・
もう一度来てみたい

monnsann9

monnsann11


現在もこの中に修道士が住んでいるそうです
だから
入れない生活空間がありました


⇒続きを読む

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

日本の旅で感じる (6)
札幌 (95)
札幌を観光 (25)
札幌で食事 (54)
札幌の温泉 (1)
札幌のお土産 (9)
小樽 (12)
小樽を観光 (3)
小樽で食事 (7)
小樽のお土産 (2)
北海道  道央 (39)
道央を観光 (16)
道央で食事 (15)
道央の温泉 (8)
帯広 (6)
帯広を観光 (3)
帯広で食事 (3)
北海道  道東 (1)
道東で食事 (0)
函館 (9)
函館を観光 (4)
函館で食事 (4)
函館のお土産 (1)
北海道  道南 (13)
道南を観光 (1)
道南で食事 (3)
道南の温泉 (9)
青森 (15)
青森を観光 (3)
青森で食事 (3)
青森の温泉 (7)
青森のお土産 (2)
秋田 (11)
秋田を観光 (6)
秋田で食事 (1)
秋田の温泉 (4)
秋田のお土産 (0)
岩手 (16)
岩手を観光 (5)
岩手で食事 (2)
岩手の温泉 (9)
岩手のお土産 (0)
茨城 (1)
茨城を観光 (1)
栃木 (1)
栃木を観光 (1)
栃木の温泉 (0)
東京 (3)
東京のお土産 (2)
石川 (2)
石川で食事 (1)
福井 (7)
福井を観光 (2)
福井で食事 (4)
福井のお土産 (1)
滋賀 (2)
滋賀の観光 (1)
滋賀のお土産 (1)
京都 (44)
京都を観光 (20)
京都で食事 (23)
京都のお土産 (1)
奈良 (12)
奈良を観光 (5)
奈良で食事 (4)
奈良の温泉 (3)
大阪 (18)
大阪を観光 (15)
大阪のお土産 (3)
兵庫 (44)
兵庫を観光 (12)
兵庫で食事 (21)
兵庫の温泉 (1)
岡山 (5)
岡山を観光 (2)
岡山で食事 (3)
福岡 (10)
福岡を観光 (4)
福岡で食事 (3)
福岡のお土産 (3)
佐賀 (26)
佐賀を観光 (15)
佐賀で食事 (3)
佐賀の温泉 (6)
佐賀のお土産 (1)
長崎 (2)
長崎を観光 (1)
長崎で食事 (1)
熊本 (1)
天草 (8)
天草を観光 (5)
天草で食事 (1)
沖縄 (3)
沖縄を観光 (3)
青春18切符の旅 (15)
海外の旅で感じる (97)
フランス (14)
イタリア  (34)
スペイン (9)
ホーチミン (5)
マレーシア (15)
韓国 ソウル (0)
韓国 釜山 (10)
ゴールドコースト (10)
食事を楽しむ (139)
大阪レストラン (49)
大阪カフェ (4)
大阪ベーカリー (1)
大阪ラーメン (2)
大阪蕎麦 (1)
スイーツ (10)
チョコレート (13)
お土産頂きました (7)
私の手料理 (3)
スムージー (7)
ワイン (39)
美しさを追求 (51)
着物 (29)
ダイエット情報 (6)
ダイエット結果報告 (6)
品性を鍛える (13)
その他 (29)
季節の行事 (19)
ご挨拶 (4)
マンガ&ゲーム (2)
未分類 (0)

kawanger

Author:kawanger
長左衛門(ちょうざえもん)とは夫、家長が代々襲名する名乗りの「屋号」で田舎では会話の中で名字より屋号を使う事が多く、私はまだ良く理解していないのですが面白いので今後の記事の一つにしていきたいと思います。

寅美(とらみ)とは私、「屋号」なんてない都会?生まれ、単純に「寅年」から。

いつも、長左エ門&寅美のブログをご覧頂きありがとうございます。サイト内の文章や写真の無断使用・転載はお断りしておりますのでご了承くださいませ。今後とも魅力のある内容に勤めてまいりますのでどうぞ応援宜しくお願い致します。

ご紹介しておりますお店の情報は行った時点での情報です、ブログの記事が古い場合は情報が更新されていない事もありますので、最新の店舗情報は直接確認して頂きますようご注意下さいませ。

FC2Blog Ranking

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。