感性に直撃  旅&食&美&品 ~ Wonderful World ~

長左衛門&寅美

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青春18切符の旅 岡山県 桃狩(日帰りの旅)

posutoka-do14
 大坂~岡山~大阪

 大阪発 9時
 大阪着 19時

 移動時間
 大坂~岡山 2時間30分
 岡山~大阪 2時間30分 

 滞在時間
 岡山 4時間30分

 旅費
 JR 2,940円×2
 (18切符利用で2,300円)

 目的
 桃食べ放題




岡山はフルーツ大国
桃の女王様を食べに岡山へ
オンナ3人の旅

桃大好き!毎年必ず一度は桃の食べ放題へ行くという女性から話を聞き
18切符を利用した旅を計画しました

彼女からは桃の食べ放題について色々なことを伝授してもらいました(ありがとう)
食べ放題の決まった時間内にたくさんおなか一杯に
桃を味わいたい!!!

皮のむき方、食べ方、選び方・・etc
ためになること・・へーって感心することがいっぱい
数多くの経験から習得したすべてを教えてもらい、
事前に家で桃をむいてリハーサル(笑)
軽く包丁を入れて スーっと 皮がむけたら
桃の表面のなんとなめらかで傷一つない
ベルベットのような・・・一番美味しい所・・です

これで準備はOK

今回は
岡山ロイヤルホテルのツアーに参加
「ランチ&桃の食べ放題」
(桃狩りのお土産2個付き)



18切符で岡山へ出発
駅からはホテルの送迎は時間が合わず徒歩で向かいます

桃食べ放題は、夏真っ盛り・・・あつい・・暑いっ・・
徒歩15分というが・・遠い・・暑い・・
見えているのにまだ着かない・・・

どうにか到着したけど・・汗・・ビッショリ(笑)


落ち着いて
さぁランチです
ランチは洋食と和食から選べます

私達は洋食を選択(美味しかったって聞いていたから)
さすが、ホテルのランチです
大当たり
お腹一杯になってしまいましたが・・・これからが本番です・・桃・・もも


バスで果樹園へ向かいます
さて、練習の成果を存分に発揮するときです


1個目・2個目
あっ、美味しい
わぁ冷たい・ジューシー・甘~い・みずみずしい

3個目
周りがだんだんと見えてくる余裕が出てきました
4個目
ん~
甘い所だけ食べて、種の酸っぱい所は・・なし・・次へ
5個目
とうとう・・・限界かな・・?
「お隣さんむくの遅いよ!むいてあげようか?」って感じ・・・

時間あまっちゃったね!
桃狩りでお土産頂いておまけにソフトクリームもついていて・・
はち切れそうな(笑)お腹いっぱい

ご馳走様でしたぁ




岡山ロイヤルホテル
〒700-0028
岡山県岡山市北区絵図町2-4
TEL:086-255-1111


桃茂実苑
〒709-0817 
岡山県赤磐市上市218  
TEL:086-955-1928 









スポンサーサイト
青春18切符の旅 愛知県 豊川稲荷(日帰りの旅)

posutoka-do11
 大坂~豊橋~豊川稲荷~
 豊橋~大阪

 大阪発 8時30分
 大阪着 20時30分

 移動時間
 大坂~豊橋 3時間45分
 豊橋~豊川 15分
 豊川~大阪 4時間

 滞在時間
 豊橋   1時間40分
 豊川稲荷 2時間

 旅費
 JR 4,620円×2
 (18切符利用で2,300円)

 目的
 豊川稲荷へお参り
 味噌田楽を食べる



18切符の師匠から豊川稲荷へ行くJR飯田線は
昔ながらの電車であじがあって良いよと言う話を聞き興味がわき計画しました

大阪からは新快速で豊橋まで快適に乗り継げるのです

お昼は豊橋観光案内所でおすすめを聞きます
ある程度はネットとるるぶで調べてあったので、すぐに田楽に決定
歴史ある「きく宗」というお店を教えて頂き地図で確認です

ここが旧東海道か?・・・と、思うくらい
道路が綺麗に整備されていて、新しいショップも立ち並び
古い商店街との町の雰囲気が楽しめる徒歩10分間

お一人様はいつもの事ですが、すぐに座れてラッキー
客層はわりと高齢が多いかな?
田楽は若者のお腹には軽すぎるんですね
食べ方なる物もテーブルに置いてあり、さっそく頂きます

美味しい田楽と菜飯はシンプルだけど又食べたくなる
私の年齢も・・・高齢に?近づきつつあるから(笑)


豊川稲荷までのJR飯田線は師匠の言うとおり地元の足!あじのある車両でした
地元の電車と感じるところは、
「学生」が乗っていること
あ~通学に電車って、まさしくその土地の日常だから
会話や方言なんかも学生はストレートだから
そのまんま土地柄を感じられるから好き




豊橋は「手筒花火」で有名なところ
夏に又訪れたい




豊川観光案内


田楽菜飯 きく宗
0532-52-5473

豊川稲荷
〒442-8538
愛知県豊川市豊川町1
0533-85-2030
青春18切符の旅 滋賀県 琵琶湖(日帰りの旅) 

posutoka-do12大坂~彦根~長浜~
近江塩津~大阪

 大阪発 8時 大阪着 19時

 移動時間
 大坂~彦根 1時間20分
 彦根~長浜    25分
 長浜~近江塩津  25分
 近江塩津~大阪 1時間50分

 滞在時間
 彦根城 1時間30分 
 長浜城 1時間
 黒壁スクエア 2時間30分

 旅費
 JR 4,730円
 (18切符利用で2,300円)

 目的
 琵琶湖一周




彦根城
立派なお城でした!
以外に広く、起伏のあるお城で驚きました
運良くヒコニャンのイベントが見れた
カワイイ、こんなに親しみやすいキャラクターだったんだ
子供たちが大喜びだった
何の予備知識も無かったのですが・・・
ヒコニャンだけは有名でしたから知っていたくらい

長浜城
駅から歩いて公園を抜けるとあった!という感じ
そのくらい低い所にあるお城・・・?

黒壁スクエア
近江牛食べた~い
さっそく観光案内で近江牛の食べれるお店を教えてもらいました
「橙」近江肉って言い方するんですね?
すき焼きおいしい!!!
黒壁スクエアは素敵なお店がいっぱい


 


長浜からの帰りは近江塩津で乗換・・・
何もない駅・・・駅から出てみたけれど・・・何もない・・(笑)

同じよう電車を待つ人が数人のグループで居ました

話しかけるとオジサン達は「一筆書き」という旅をしているんだって
「何ですか?」って聞いたら
路線図をペンで一筆で丸く書く!
料金は一駅分の金額で電車の旅ができると言っていました
当然、違法ではないので怒られないって(笑)

ただし
18切符と違う所は!
ここが大事(笑)
改札を出るとダメなんだって!

だから
環状線をぐるりと回るとか(初歩的な一筆書き)

そういった旅の仕方もあるんだな・・・と、
色々な人に気軽に話しかけるからこそ
知らないことを教えてもらえる・・・そして次回の旅へとつなげる

日本は広いよ!
ほんと。



彦根城

長浜観光協会

せんなり亭 近江肉 橙
〒526-0059 
滋賀県長浜市元浜町11-32
TEL 0749-62-0329 

青春18切符の旅 静岡県 熱海温泉(2泊3日の旅)

posutoka-do13
 藤沢~熱海~浜松~名古屋~大阪

 藤沢発 9時  大阪着 20時

 移動時間
 藤沢~熱海 50分
 熱海~浜松 2時間35分
 浜松~名古屋 1時間35分
 名古屋~大阪 2時間45分

 滞在時間
 熱海 2時間 浜松 1時間 名古屋 30分
 
 旅費
 JR 7,980円
 (18切符利用で2,300円)

 目的
 熱海で日帰り温泉
 浜松で桜海老のかき揚げ丼
 名古屋ではりまやのお土産



新婚旅行の定番 熱海温泉(昔の話ですが・・・)

熱海の記念に日帰り温泉を入ってから帰ろうと計画したんですが・・・
観光案内所は観光客でいっぱいで、案内のお姉さんも事務的で・・
聞かれる事が毎回一緒なんだろうね・・
日帰り温泉を数ヶ所教えてもらいましたが、確認はご自身でお願いしますと・・

電話連絡すると何ヶ所か断られる事がありました

熱海だからひなびた古~い温泉宿をと期待していたんですが、
そこは行ってからダメと断られてしまいました

熱海は坂も多く歩くにはちょっとしんどい・・
バスの利用かタクシーか
バスで寛一お宮が見えて下車し付近を歩きながら温泉へ・・
やっと見つけた日帰り温泉・・新しくてゴージャス(笑)

熱海記念にゆっくりと午前風呂です

露天風呂からは海が・・なぎです、良いお天気です

駅までの帰り道は徒歩で15分程度
風呂上りだしさっぱり

さて、ではお昼ご飯を食べるため浜松へと移動します。

帰りの途中下車 
浜松では、桜えびのかき揚げ丼を食べました
丼つゆの色が濃い色で・・関東を感じます(笑)
サクサクの揚げたてで大満足・・ウン!

食後のデザートは名古屋でカキ氷を食べて帰路へ着く事にします

本当に充実した3日間でした  (*^-^*) ☆




青春18切符の旅 神奈川県 鎌倉(2泊3日の旅)

posutoka-do17
 今日は18切符は使いません
 普通に江ノ電1日フリー切符
 「のりおりくん」を買って楽しみます





江ノ電は景色といい、車両といい、良い路線ですなぁ~
朝から道路をサーフボードを自転車に積んだお兄ちゃんも見るし
湘南の海・・サーファー・・やっぱり関東へ来たって実感

お昼には早いけど、しらす丼を食べなくては! 腰越駅で下車
「しらすや」で並んで食べましたとも(笑)
生シラスは時期ではないので食べれませんでしたが・・残念
釜揚げしらすをいただきました
美味しんですよ、生シラスならもっとピチピチだったんだろうなぁ
それとも噛んだらプチッっとするのかな?
めっちゃ想像してしまいます(笑)


鎌倉駅、まずは鳩サブレ・・

私の旅の教訓その1 「旅先では衝動買いすべし!」

だって、その道を帰りに必ず通ること少なかったんです・・いつも・・
行き当たりばったりの行動するから(笑)
見つけたら荷物になろうとお構いなし・・すぐに購入です!

でも、鳩サブレは藤沢の駅でも売っていた(ガーン)


鎌倉の大仏さん
大きい!
いつものおみくじとご朱印も

時間の許す限り江ノ電周辺の観光スポットに行かなくっちゃ



江ノ電のりおりくん

鎌倉大仏



青春18切符の旅 神奈川県 藤沢(2泊3日の旅)


posutoka-do16
 大坂~名古屋~浜松~藤沢

 大阪発 8時30分
 
 移動時間
 大坂~藤沢 8時間30分
 
 滞在時間
 名古屋 40分 浜松  40分
 富士  30分 藤沢  2泊

 旅費
 JR 7,980円
 (18切符利用で2,300円)
 宿泊 藤沢2泊(無料)

 目的
 名古屋でモーニング
 浜松でウナギ
 富士山を見る




今回は藤沢に無料宿泊できる予定なので藤沢を拠点の2泊3日の旅を計画

ただの長距離移動ではもったいないので途中下車しながら
ご当地の名物料理を堪能しながら旅を楽しむ

名古屋で遅めのモーニング、名古屋駅周辺の喫茶店で小倉トーストを

静岡は長い・・・ほとんどが各駅停車状態だから・・長く感じる
豊橋を過ぎたあたりから聞こえる方言が変わってきた(笑)
あ~大坂じゃないんだと・・・耳で感じた(笑)

浜松はウナギで有名、18切符の師匠おすすめのガード下のウナギ店を教えてもらい昼食
(私、ウナギ好きなんです フフ)

富士山見たくて途中下車・・・でも
曇りであまりみえない・・・
次の電車まで時間があるから歩いてみたけど家ばかり・・アハハ
電車・・降りなきゃ良かったかな・・
(新幹線より在来線の方が富士山が間近に見られると楽しみにしていたんだけど)

藤沢到着
駅で待ち合わせし二人で江ノ島へ
あと二人と食事時間まで観光、風がきついけど
テレビで見る江ノ島が目の前!

水族館前の道路を歩いて居酒屋へ・・4人でお食事
海の幸いっぱいの新鮮な美味しいお店です
これは・・地元の人でないと知らないところだね!ラッキー


1日の移動で疲れてグッスリです・・おやすみなさい




青春18切符の旅 長野県 善光寺(1泊2日の旅)

posutoka-do15
大坂~名古屋~長野~名古屋~大阪

大阪発 7時30分
長野  1泊
大阪着 22時

移動時間
大坂~長野  8時間20分
長野~大阪  9時間10分

滞在時間
長野  21時間(1泊)

旅費
JR 7,140円×2
(18切符利用で2,300円×2)
宿泊 1名6,000円 朝食付

目的
善光寺さん御開帳






 

今回は5人で善光寺さんの御開帳へ行く旅を計画しました

しっかりとスケジュールを立てないと!
ローカル路線も含めての長時間の移動なので効率重視で!

でも、そこは
18切符の旅慣れたメンバーだから安心安心
移動時間を充実した時間にするのはお手のもの(笑)
食事+トイレ+おしゃべり+うたた寝・・・
これで結構あっという間に長野に到着

着いてすぐに精力的に行動
善光寺さんの横にある美術館へ・・
開園時間内に滑り込みセーフ
美術品を鑑賞
(5名の内一人の希望です)

閉館後に善光寺さんへお参りに行きます
(明日また来ますね!っと軽~くごあいさつ程度に)

5人でお店を見ながらお土産を買ったり、お焼きを食べたりしながら
駅前へと移動中に、道路脇の駐車場みたいなところに
「長野オリンピック」の舞台を見つけたんですっ
懐かしい!!
五輪のマークの跡がくっきり!
駅前に着いて居酒屋さんで一杯の始まり始まり・・・

ホテルは立派ですよ
ここを選んだ理由は5人で一緒にお風呂に入れるから!
女5人はどんな時でもしゃべっていたいんです
朝食は最高に美味しい、選んで大正解です
朝から和食・洋食・お蕎麦とお昼の分までお腹一杯(笑)

さて
善光寺さん7年に一度の御開帳です
パレードにすごい人だかり・・・
今日はしっかりと御参拝しおみくじと忘れてはいけないご朱印も・・

ここでのご朱印帳についての思い出が
仲良くしていた女性の意外な一面を知り、
私のご朱印の新たなスタートのきっかけになったんです

昼食前には帰路につかなければいけません

帰りの電車内では車中の方とお知り合いになりました
この会話で次回のためになる情報を仕入れたんです(笑)
諏訪の御柱祭のための下見に訪れたという方だったんです
「あれですか?テレビでよく見る ケガ人が出る・・と言う?」

御柱祭!
ワクワク!




善光寺

長野県信濃美術館

メルパルク長野
〒380-8584
長野県長野市鶴賀高畑752-8
【TEL】 026-225-7800



青春18切符の旅 岐阜県 下呂温泉(日帰りの旅)

posutoka-do10
 大坂~下呂~大阪

 大阪発 6時30分
 大阪着 21時

 移動時間
 大坂~下呂 4時間45分
 下呂~大阪 4時間45分

 滞在時間
 下呂温泉 3時間30分
 
 旅費
 JR 4,310円×2
 (18切符利用で2,300円)

 目的
 下呂温泉日帰り入浴



下呂温泉へ行ったことがある人はみんな見たことがあると思うけど

駅から温泉街へと橋を渡っていると・・・
川べりに???・・・
裸? (゜ロ゜)ギョェ
えっ?
野天風呂です

私、裸眼で0.8なので、決してよく見える方ではないのですが・・・
数人が野天風呂に真昼間に堂々と入っているではありませんか

しかも隠さずにですよ
丸見えじゃない?(ぼんやりしか見えないけど・・そんな気がした)

5~6人いたかな?
なんか
仁王立ちしていたような・・
だから  とっても印象深く・・(笑)

見えないから・・じーっと見る
じーっと見るから、見せている?
見せるから見る・・けどよく見えない・・・でも、うっすら見える(何が?)
なにが何だかわかんなくなってきたぁ!

とにかく
裸眼で0.8は、見えるようで良くは見えないんですって!
そのことがはっきりと自覚できた日です (*´Д`)=ハァ・・・

下呂温泉?
良かったと思う・・良かったはずです






私の記憶のスイッチってどうなっているんだろう?
毎回思うけど・・
普通のことをあまり覚えないで、変なことばかり印象に残ってしまう







青春18切符の旅 富山県 越中八尾(0泊2日の旅)
「野宿」しちゃいました(笑)

posutoka-do18
 大坂~富山~越中八尾~大阪

 大阪発 8時
 越中八尾 0泊
 大阪着 15時

 移動時間
 大坂~富山 6時間40分
 富山~越中八尾  25分
 越中八尾~大阪 8時間

 滞在時間
 富山    1時間
 越中八尾 12時間 

 旅費
 JR 5,780円×2
 (18切符利用 2,300円×2)

 目的
 おわら風の盆



18切符の師匠の大好きな「おわら風の盆」
話を聞くたびに興味はわくが・・・一人旅のお泊りは自信がなくて・・・
しかも野宿ですよ(笑)
だいの大人が、いい年して野宿・・・
自分が挑戦するなんて想像もしていなかったんです

ですが、機会は訪れるものなんですね!
年に一度っきりのその日がタイミング良く・・・
それならば・・・行くしかないでしょ 女は度胸!
━ヾ(*´∀)(∀`*)ノ゙━!!

「その日」とはおわら風の盆の最終日の事です
たった1日限り・・・
最終日でなきゃ・・・ここにこだわるには理由があるんです

最終日、
7時間をかけて富山に入り遅いお昼を食べて
駅では夕食(夜食)のお弁当を購入しいざ越中八尾駅へ・・・

富山から八尾の車中で隣り合わせた女性と自然と話が進みます
どうやら私と同じ目的みたい
相手からご一緒させて下さいと申し入れがあり
旅はみちづれ~、共に行動することになりました
お互いに心細かったんでしょうね(笑)

夕方に到着、さてこれからが長~い12時間のはじまりはじまり


師匠の話では、
最終日は踊り手も気持ちがとっても入り一晩中踊り明かすのだそうです
1年かけて一生懸命に練習してきたすべてをこの日に燃焼し尽くすような気持ちで
それはそれは幻想的で何とも言えない時間なんだそうです

各町内(11支部)の20代の男女だけが踊ることを許されている
30を過ぎるともう踊れない・・・(笑)

だから年頃の子供たちは親戚縁者をかき集めては町内の踊り手に鍛えるために
夏休みはもう特訓なんですって(笑)

自分たちの町内を町流しで踊り、隣の町内へと尋ねて踊る、
そして自分たちの町内へとお迎えする
踊りで会話をするように不思議で・・・まさしく幻想的・・

そして夜が明けて、越中八尾駅の始発電車の駅のホームでは
最後の踊りを旅人に送ってくれるそうなんです
駅を町内に含む支部の若者が見送ってくれました


イベント会場では担当地区の踊りがスケジュール通りに進んでいます

私たち二人は小さな町を歩きながら
同じところを行ったり来たり・・・
曳山展示館では踊り方の講習があり参加
中に入ると夜風を避けることができます

観光客はものすごい数です
11時を過ぎると観光バスがいなくなり人も少なくなりました

うろうろすると
結構同じ人に出くわすんですね
帰らない人たちがこれからの時間をどう過ごすのか?
どちらからともなく声を掛け合い一緒に飲み始めて知り合いになります

私はシートを持参していたので
美しい夜の街並みの人様の家の軒下を借りてシートを広げ少し仮眠しました(笑)
そういう人がいっぱいいるんですから。。本当です!

一眠りして元気になり
2時3時4時と色々な町内の踊りを見歩き移動しながら朝を迎えました

ご一緒の女性とは朝にお別れし始発電車に乗り込みました
最後の踊りで見送っていただき、私のおわら盆が終了しました




おわら風の盆


 
青春18切符の旅 三重県津市 結城神社(日帰りの旅)

posutoka-do19

大阪~草津~拓殖~亀山~津~大阪

大阪発 8時
大阪着 19時

移動時間
大阪~津 3時間5分 津~大阪 2時間50分

滞在時間
津 4時間30分

旅費
JR 2,210円×2(18切符利用で2,300円)

目的
しだれ梅



しだれ梅で有名な結城神社
梅の時期が他よりは少し遅いと聞きます
今年は例年より関西は全体的に遅いのでまだまだこれからが見頃でしょう

観光バスが何台も停まるほどの素晴らしいしだれ梅です

以前に行った時は梅もモチロンきれいでしたが
物産展みたいなお店が出店していて
地元のお土産がいろいろ売っていて見て回るのが楽しかったですよ
試食したり・・試飲したり・・日本酒の説明が丁寧で親切で(笑)

でも、結局買ったのは記念切手!・・なぜ?

実はニッシン(友達)の影響なんですが、
むかし一緒に沖縄に行ったときに着いてすぐに「お土産」って、切手を買っていたんです
(お土産って普通は帰りに買うものじゃない?ニッシンに普通は通用しない!)

空港の郵便局で切手を・・?

なんで?って聞いたら、
沖縄らしい切手の絵など思い出になるし、
貼って使う事に意味があるって!力説されたんです(笑)

まぁ、私も真似して買ってみましたよ(笑)
手紙なんてあまり書かないし、使う機会も無いかなーと、
でも使うたびに、あの時言ってた「意味がある」って言葉が少しずつわかるような気がして・・
貼って出す側の、自分自身の自己満足というか
受け取った人が切手を見てどう思うかな~?なんて・・・ね

だから私も
お手紙やお葉書を頂いた時に
素敵な切手が貼ってあると”うわぁ”ってうれしくなっちゃうんです
その大切な思い出の切手を私あての郵便に使ってくれてありがとう・・って


ん~
切手って捨てたもんじゃないよ!!
ニッシン教えてくれてありがとう(笑)


津市観光協会


青春18切符の旅 広島県 厳島神社(日帰りの旅)

posutoka-do9
 大阪~宮島口~宮島~宮島口
 ~大阪

 大阪発 6時
 大阪着 22時

 移動時間
 大坂~宮島口 6時間45分
 宮島口~宮島 10分
 宮島~宮島口 10分
 宮島口~大阪 6時間15分

 滞在時間
 厳島神社 2時間

 旅費
 JR    5,780円×2
 (18切符利用で2,300円)
 フェリー   170円×2

 目的
 厳島神社でお参り




この旅はもっとも早起きをした、いや、
早起きしなければ日帰り出来ない、長距離、移動時間の長い旅です

朝も真っ暗な内から出発し始めて、
次の電車そして又次の電車と片道の乗換の多いこと・・

大坂⇔岡山 この区間はまだ電車の本数や新快速があって良いんです
ここから先が・・・
ローカル電車は本数も少なく、各駅停車だったり

電車好きにはその方が楽しみがあって良いみたいです
18切符の師匠もどちらかというとそんな電車好きのタイプ
車両の椅子や古い電車、地方の電車にワクワクすると言っていました(笑)

どうにかたどり着き、さぁ宮島まであとわずかです

島に渡るフェリーは帰りの電車からさかのぼって帰りのフェリーの時間も決めます

ギリギリ・・・
あまり時間はありません

厳島神社まではお土産物屋さんを通りぬけ、
途中お食事処で立ち食いなどしながら向かいます

テレビで見た海の中の鳥居?ではなかったのです
潮が引いて歩いて鳥居の足元まで行けるくらいでしたから

でも
お参りをして、おみくじを引いて・・・ギャー
「凶」!!!
うっそー
「凶」なんて?
めげずにさらにもう一度引いて・・・
2回も「凶」だったんですっ うっ うっ うっ・・・

しっかりと結んで来ましたが・・・
肩を落として帰りに着きました・・・

いや、いや、
今日がこんなので終わりたくない!

厳島神社はカップルで行くと別れるという迷信みたいな話があるそうです
女の神様がやきもちを妬くとか・・・
でも・・わたし・・
一人だったんですよ、凶なんてひどい・・しかも2度も・・グスン

ないかな?どこかにおみくじ引くところないかな?

あったんです、また次のおみくじ屋さんが(笑)

すかさず引いて・・・

結果・・・「吉」・・あ~ 神様ありがとう

「凶」じゃなかったらなんでもOK!大歓迎

長い道のりと、長い時間をかけて・・・「凶」を引きに来たなんて・・・
その後「吉」を引いて上書きできたけど・・
旅の思い出はしっかりとおみくじの記憶で頭がいっぱい

どうして帰ったのか覚えていないくらいのショックだった (_ _|||)





この時から・・・
私は色々なところでおみくじがあると一日に何度でも引くようになったんです
モチロン「大吉」が出れば一度でやめます!


(@^0^)/~











青春18切符の旅 愛知県 名古屋(日帰りの旅)

posutoka-do8
 大阪~名古屋~大阪

 大阪発 9時
 大阪着 19時

 移動時間
 大阪~名古屋 2時間45分
 名古屋~大阪 2時間45分

 滞在時間
 名古屋 4時間

 旅費
 JR 3,260円×2
 (18切符利用で2,300円)

 目的は
 1.ひつまぶし
 2.名古屋城



名古屋大好き!
美味しい物いっぱいあるし、何より近い
特に18切符の旅にはちょうど良い距離なんです
朝・昼・・おやつ・夜と食べ歩く事も可能です





「ひつまぶし」で有名なあつた蓬莱軒に行きます

お昼時は本当にいつ行っても満員です、
お店の中に待合室(別室)があってかなりの人数が待っています
当然・・・外にも・・・
お客さんの間をぬって名前と人数を紙に書いて・・・

○○様1名様~・・・えっ?もう良いの?(周りの目が・・・) 超ラッキー!
1名様だったのが幸いです  
カウンターの隅の席でしたが平気です だって厨房が見えて退屈しません

ひつまぶし目の前に登場  食べ方をお姉さんに聞きます

お櫃の中を十文字に分けて4回の違った味を頂きます
一膳目はそのまま食べて
二膳目は薬味をたっぷり入れて
三膳目はお出汁を掛けて
四膳目は自分の好きな食べ方でもう一度  
ですって! (*^-^*)  

皮がパリっと香ばしくて、フワフワしたうなぎの身、タレがさらに美味しい

あ~ごちそう様でした


うなぎの記憶が強烈で・・・名古屋城が・・・かすむ・・・


あつた蓬莱軒 神宮店
〒465-0031
愛知県名古屋市熱田区神宮2-10-26
052-682-5598

名古屋城
青春18切符の旅 岐阜県 郡上八幡(日帰りの旅)

posutoka-do7
 大阪~郡上八幡~大阪

 大阪発 7時30分
 大阪着 21時

 移動時間
 大阪~美濃太田   3時間30分
 美濃太田~郡上八幡 1時間20分
 郡上八幡~大阪   4時間40分

 滞在時間
 美濃太田 50分
 郡上八幡 3時間

 旅費
 JR       3,260円×2
 (18切符利用で2,300円)
 長良川鉄道 1,320円×2

 目的
 郡上八幡の観光





今回は5人の旅
18切符の旅の師匠も同行です、安心、安心

5人が一緒に車内で座れることは奇跡に近い(笑)
だから、空いては座り、空いては座り、バラバラに座ります

でもね
師匠から学んだことが一つ!

「米原駅」
ここは重要な駅なんです
米原駅の階段の近くに停車する車両に始めから乗る事です
必ず米原駅で電車は乗り換えるので
ドアが開くと同時に階段を駆け上がり走る
乗換の電車に一目散に走る ひたすら走る(笑)

大丈夫!
みんな走っていますから(笑)

その甲斐あって
ここから先は5人一緒に座ります

美濃太田駅で乗換時間があったので喫茶店に入りました
シケシケの喫茶店ですが旅の思い出です
(シケシケの喫茶店大好き!プッ)


さあ、長良川鉄道に乗り込みます
車両が少ないので座れませんでした・・・
長良川の景色はほんとうにきれいです
景色を楽しんでいるうちに到着(しゃべっているうちに?)

郡上八幡に着いてまずはお昼御飯です
お蕎麦屋さんに入りました
お蕎麦のセットを注文し、鮎の甘露煮が美味しかったです

街中を散策し、お土産を購入し・・・
川の水は澄んでいてとてもきれい
豊かな水に恵まれ美しい街です

一人、カーディガンを置き忘れて・・探し回ったり・・・アハハ

時間のたつのは早いものです

帰りは乗り継ぎ時間が順調なので
ここでも「米原駅」は重要なポイント
米原から大阪へは必ず座って帰りたいんですから・・・
ビールを買って、おつまみを買って、チョッとした宴会です(笑)

5人なら怖いものはないのです!


(・∀・。(-∀-。)ウン♪


郡上八幡観光







青春18切符の旅 香川県 金刀比羅宮(日帰りの旅)

posutoka-do6
 大阪~岡山~坂出~琴平~
 岡山~大阪

 大阪発 8時
 大阪着 21時
 
 移動時間
 大阪~坂出 3時間40分
 坂出~琴平 30分
 琴平~大阪 4時間30分

 滞在時間
 坂出 1時間30分
 琴平 2時間
 
 旅費
 JR 4,500円×2
 (18切符利用で2,300円)

 目的
 1.こんぴらさんお参り
 2.さぬきうどん



♪こんぴらふねふね ♬追い手に帆かけて ♫シュラシュシュシュ~
この歌知ってる人ってどのくらいいるかな?(笑)古いよね?

”一生に一度はこんぴら参り”
それなら!行かなくっちゃ!




坂出で本場の讃岐うどんを食べてから金毘羅さんへ向かう計画にしました

さぬきうどんは「うどん廻り」で数ヶ所を食べ歩きたいくらい・・美味しいから
それだけで一日使いそう(笑)
ネットで色々なお店を調べてみたら車で移動するのが便利みたい・・・

と、言うわけで、
今回は坂出駅から近くの日の出製麺所に決定
食べた後の琴平までの電車の時間を考えたらあまりゆっくり出来ない
混んでなきゃいいけど・・・
知らない土地で時間もないので駅からは今回はタクシーでお店に直行

わぁ・・・並んでる
結構な順番待ちです・・・
でも、そこはうどんだから回転は速い

シンプルな冷たいかけうどんに生醤油をかけて
ネギとゴマとショウガ、ぜーんぶ入れました
あと、ちくわを揚げたやつ、これでさらに満足感味わえる
喉ごしと麺のこしの強さといい
ん~ほんとに本当に最高です
想像どおりでした

やっぱりまたうどん食べに来ようっと
釜揚げとか、色んなのも食べたいから


さてさて
こんぴらさんへと出発ーっ

琴平駅から徒歩10分
これからは階段です
まあ最初はお土産屋さんを眺める余裕もあり?・・・
だんだんと息も切れて・・・
最後の壁のような(笑)急な階段を登って到着


お参りをすませて、おみくじを引いて、
「幸福の黄色いお守り」を2個買いました
(1つは自分の、1つは母へのお土産)

こんぴらさんの階段の数は、
本宮まで785段
その奥には奥社があり全部で1368段

これ以上は帰りの電車の時間もあるので・・・
それに疲れたし・・・
785段の下り道を選択します(ふぅ)

帰りの車中は程よい疲れでコックリコックリ
一人旅の良い所は電車で必ず座れるという所かな
やっぱりフットワーク軽いよ一人は。


(有)日の出製麺所
〒762-0046 香川県坂出市富士見町1丁目8-5
TEL 0877-46-3882 FAX 0877-46-0164  

金刀比羅宮
〒766-8501
香川県仲多度郡琴平町892-1
0877-75-2121(社務所)



青春18切符の旅 岡山県 児島(日帰りの旅)

posutoka-do5
 大阪~岡山~児島~岡山~大阪

 大阪発  8時 
 大阪着  20時

 移動時間
 大阪~児島 3時間20分
 児島~岡山 30分
 岡山~大阪 2時間50分
  
 滞在時間  
 児島  3時間
 岡山  1時間半

 旅費 
 JR 3,570円×2
 (18切符利用で2,300円)
 
 目的は
 1.地元料理のランチ
 2.帆布のバッグ 
 3.ジーンズ   





今でこそ「青春18切符の旅」は基本一人旅を中心にしているけど
一番最初は、青春18切符の師匠(笑)とスタートしたんです
計画を立てるコツ、食べる楽しみなど色々教えてもらいました

最初は連れられるままについていったんです
バスの利用も、現地の人とのコミュニケーションまで参考にすることはいっぱい・・・


そのうち見よう見まねで
私なりの「青春18切符の旅」の形が出来上がってきたんです

日帰り旅の場合は現地滞在時間は最低でも2時間以上は確保したい
これが私の最低条件です (^―^)






児島駅の観光案内所でお昼のお店を聞きました
徒歩圏内で地元料理が食べれるところを数ヶ所ピックアップ、
徒歩7分でお魚料理の「一心」に決定

観光案内所での会話はおすすめのお食事処を聞き出すチャンス
案内所のお姉さんとのコミュニケーションが楽しい
こちらの希望に合った最適な1件をちゃんと教えてくれるんですよ!
観光やバスの利用も丁寧に教えてもらいました
地図ももらっていざ出発ーっ

観光案内所は有効活用するべきです!


まずはお昼の時間です
おなか一杯にお魚料理をいただいて・・・
新鮮なお造りに天ぷら、何より煮物に地元の味付けを感じる
これぞ食べる観光です


地元のバスは本数が少ないので帰りの時間を考えて効率よく利用します

目的のジーンズとバッグも見て回り、予定より帰りは少し早く岡山まで行くことにします

岡山城に駆け足でしたが行って来ました


JR岡山駅は電車の待ち時間に退屈しない
改札を出たり入ったり出来るところが18切符の醍醐味です

そして帰路につきます
岡山から大阪はあっという間です(笑)


児島駅観光案内所
倉敷市児島駅前1-107
086-472-1289


一心
岡山県倉敷市児島駅前1丁目68
0120-157728

倉敷帆布
〒710-0146 
岡山県倉敷市曽原414-2
086-485-2112


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

日本の旅で感じる (6)
札幌 (95)
札幌を観光 (25)
札幌で食事 (54)
札幌の温泉 (1)
札幌のお土産 (9)
小樽 (12)
小樽を観光 (3)
小樽で食事 (7)
小樽のお土産 (2)
北海道  道央 (39)
道央を観光 (16)
道央で食事 (15)
道央の温泉 (8)
帯広 (6)
帯広を観光 (3)
帯広で食事 (3)
北海道  道東 (1)
道東で食事 (0)
函館 (9)
函館を観光 (4)
函館で食事 (4)
函館のお土産 (1)
北海道  道南 (13)
道南を観光 (1)
道南で食事 (3)
道南の温泉 (9)
青森 (15)
青森を観光 (3)
青森で食事 (3)
青森の温泉 (7)
青森のお土産 (2)
秋田 (11)
秋田を観光 (6)
秋田で食事 (1)
秋田の温泉 (4)
秋田のお土産 (0)
岩手 (16)
岩手を観光 (5)
岩手で食事 (2)
岩手の温泉 (9)
岩手のお土産 (0)
茨城 (1)
茨城を観光 (1)
栃木 (1)
栃木を観光 (1)
栃木の温泉 (0)
東京 (3)
東京のお土産 (2)
石川 (2)
石川で食事 (1)
福井 (7)
福井を観光 (2)
福井で食事 (4)
福井のお土産 (1)
滋賀 (2)
滋賀の観光 (1)
滋賀のお土産 (1)
京都 (44)
京都を観光 (20)
京都で食事 (23)
京都のお土産 (1)
奈良 (12)
奈良を観光 (5)
奈良で食事 (4)
奈良の温泉 (3)
大阪 (18)
大阪を観光 (15)
大阪のお土産 (3)
兵庫 (44)
兵庫を観光 (12)
兵庫で食事 (21)
兵庫の温泉 (1)
岡山 (5)
岡山を観光 (2)
岡山で食事 (3)
福岡 (10)
福岡を観光 (4)
福岡で食事 (3)
福岡のお土産 (3)
佐賀 (26)
佐賀を観光 (15)
佐賀で食事 (3)
佐賀の温泉 (6)
佐賀のお土産 (1)
長崎 (2)
長崎を観光 (1)
長崎で食事 (1)
熊本 (1)
天草 (8)
天草を観光 (5)
天草で食事 (1)
沖縄 (3)
沖縄を観光 (3)
青春18切符の旅 (15)
海外の旅で感じる (97)
フランス (14)
イタリア  (34)
スペイン (9)
ホーチミン (5)
マレーシア (15)
韓国 ソウル (0)
韓国 釜山 (10)
ゴールドコースト (10)
食事を楽しむ (139)
大阪レストラン (49)
大阪カフェ (4)
大阪ベーカリー (1)
大阪ラーメン (2)
大阪蕎麦 (1)
スイーツ (10)
チョコレート (13)
お土産頂きました (7)
私の手料理 (3)
スムージー (7)
ワイン (39)
美しさを追求 (51)
着物 (29)
ダイエット情報 (6)
ダイエット結果報告 (6)
品性を鍛える (13)
その他 (29)
季節の行事 (19)
ご挨拶 (4)
マンガ&ゲーム (2)
未分類 (0)

kawanger

Author:kawanger
長左衛門(ちょうざえもん)とは夫、家長が代々襲名する名乗りの「屋号」で田舎では会話の中で名字より屋号を使う事が多く、私はまだ良く理解していないのですが面白いので今後の記事の一つにしていきたいと思います。

寅美(とらみ)とは私、「屋号」なんてない都会?生まれ、単純に「寅年」から。

いつも、長左エ門&寅美のブログをご覧頂きありがとうございます。サイト内の文章や写真の無断使用・転載はお断りしておりますのでご了承くださいませ。今後とも魅力のある内容に勤めてまいりますのでどうぞ応援宜しくお願い致します。

ご紹介しておりますお店の情報は行った時点での情報です、ブログの記事が古い場合は情報が更新されていない事もありますので、最新の店舗情報は直接確認して頂きますようご注意下さいませ。

FC2Blog Ranking

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。