感性に直撃  旅&食&美&品 ~ Wonderful World ~

長左衛門&寅美

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
唐津焼 鏡山窯での手ひねり体験の作品

「唐津焼」
 唐津地方の特産の土を使い、しばらくは水分が滲み出たりしますが
 慣れるにつれ唐津焼独特の寂も出て深みを増してきます

saga243

ー唐津焼の種類ー

「絵唐津」
 唐津焼の代表的なもので文様は草花や鳥が多く、草を描く時の筆先には
 自然を素直に描く屈託ない心をつかんだ写生で陶器の肌の感じと文様の
 調和がとけあっている。絵唐津は向付・向皿・鉢の類が多いのも特徴です

「斑唐津」
 唐津でも最も古い岸嶽系の窯で多く作られた雑器で、長石釉に土灰とワラ灰を混ぜて
 掛け合わせると不透明な白い軟らかい肌になる、また鉄分が還元して白い肌に
 青い流れが現れたものを指して斑唐津と呼ぶ。
 岸嶽帆柱窯がその代表です。

「朝鮮唐津」
 斑唐津の白釉と鉄分の強い飴色釉を二重に掛けるかもしくは掛け分けにしたもので、
 その白と飴とが交ぜあって海鼡色に窯変して美しい色を出しているものもある。
 藤の川内窯産がもっとも有名です。

「瀬戸唐津」
 朝顔形によく開いた平茶わんで細かい白い漉し土で長石の柔らかい白釉が
 高台ぎわまでかかっている、見込茶溜が小さく正円でその外側に三つの重ね目が
 あるのが約束である。
 口縁には黒縁をめぐらして、いわゆる皮鯨手というものがあるものを瀬戸唐津とよび
 ないものを本手瀬戸唐津とよんでいる。

このほか、
「三島唐津」「奥唐津」「米量」「根抜」「中尾唐津」「是閑唐津」「青唐津」「黄唐津」
「黒唐津」「堀の手唐津」「石はぜ唐津」「蛇蝎唐津」「彫絵唐津」「織部唐津」
 などの名称が、その色、絵付、景色系統などによって附けられている。

唐津焼鏡山窯について
 唐津焼の起源は鎌倉末期に創ると古文書に在る様に古くから挑戦の影響にて
 此の唐津地方に定着した炎と土の芸術品でありました
 西暦1592年多数の朝鮮陶工が肥前地区に渡来して俄かに殷賑を極め
 茶人に愛される素朴な味の名陶を伝世して参りました
 西暦1616年陶器より磁器と変わりつつその多くが廃窯となりました
 往昔の芸術美を再現しようと古窯跡を探り陶片・土をもとめて踏破十年にして
 王朝四世紀以来、朝鮮縁かりの鏡山の麓に築窯し真の唐津焼を復興し
 広く愛陶家の皆様に満足して頂けるよう努力しております

以上、唐津焼窯元 鏡山窯より






私の抹茶椀
手作り感がたっぷり
あの茶色かった土がこんなシックな色で焼き上がるとは思わなかった

saga238

絵付けの文字も全く別の色に焼き上がっている

saga239


長左衛門のビールグラス
見た目よりかなり重い・・・(笑)
これじゃあ、何杯もおかわりできないよー
花瓶にちょうど良い重量感(クスッ)

saga240


余った土で作ったお茶菓子用の小皿
土をただつぶしただけの事なんだけど、あえてこの様に仕上げたのは大正解
ひび割れた縁取りが私は好き

saga241

saga242


こうして2カ月後に届くと佐賀の旅がずーっと続いている感じ
たった数日間の旅のようにはとても思えない充実した思い出

自分で作った器はオンリーワン!
我が家のみずやの中で一番のお気に入りの食器です

o(^◇^)o





 
 
 
スポンサーサイト
巧工房でのランプシェード作りの作品


私の作品
ピンク色? もっと淡ーい感じのピンクかと思っていたけど

saga223


わぁー
立派! りっぱな出来栄えじゃないのぉー
キレイですね

saga224


下に映るカットは思い通りの光と影です!
意味もなく、計画性もなく、ひたすら穴を開けて作ったけど
流れるような曲線で浮かび上がって光の大小が良い表情に感じます

saga225


長左エ門の作品

茶色です
和室用にぴたりとはまります

saga226

saga227



ランプの模様が桜で、光の模様が竹
なんて素敵なんだろう
こうなる事を見越して二面性のある模様にしたのかな?偶然かな?

saga228


ランプが竹の模様で、光が桜模様
ふむふむ、長左エ門の性格にも二面性があるにちがいない!

saga229


何かを作り出す事ってしたことがないから
今回いろいろな体験をしてみて器や作品に人間性が出るものだと驚いた
本当の自分が出ちゃうんです
隠せないんですって(笑)


。" ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪   ♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚"







伊万里鍋島焼青磁 虎仙窯でろくろ体験の作品

ひときわ感激でーす
あの茶色かった土がこんなに青い色に焼きあがるとは  (^―^)


長左エ門の作品

「お茶漬けどんぶり」
アラアラ、手ごろな大きさといい深さといいこれは良い品物じゃないですか

saga230

「ロックグラス」
底にこんなくびれ作ったのかな?いやそんな高等な技ないはず・・
それとも先生が手を加えた?
じゃっかん口の形が楕円形に?最初は円かったはず・・・ん~やはり手が加わった感がある

saga231

「ロックグラス」
これこれ、これだよ長左エ門の作っていたコップ
少ーしバランスが悪いところが気に入った
不思議と上品に思えてくる

saga236

saga233



さて、私の作品

「抹茶椀」
アレレー なんだか底が浅い・・・
これじゃお抹茶点てれないよー  
煮物用にちょうど良い、肉じゃがでも作りましょう

saga234


「抹茶菓子用」のお皿
パッと見た目は良い出来なんだけど、よーく見ると皿の底が波打っている(笑)
均一になっていないのでお菓子をのせると高さに凸凹が・・・
取り皿にするのにちょうどいい大きさです

saga237

saga235


今回のろくろ体験は土の色の変化に感動した
どんな形でも自分の器は気に入るもの!

私の器は3点とも深さが足りなく・・・底が浅い(私の性格と一緒)
長左エ門の器は3点とも力強さと上品さがある(そういう性格だったのね)

虎仙窯の土は固く、ロクロで深さを出すためには私の力が弱かったんだね
右手の指が折れそうになるほど強く土を押さえ込まないとダメだったんだ
厚みが均一でないのも途中で気が抜けたりしたからかなー

長左エ門の「お茶漬けどんぶり」でお抹茶を点ててみる事にします
きっとちょうど良い深さで点てやすいと思う

(*´∀`)/



有田焼 赤絵座で絵付け体験の作品


私の絵付け

saga220

saga221


長左エ門の絵付け

saga222

絵付け直後の色の出方と焼き上がりとほとんど変化がないようです
体験時の色見本では実際の絵の具の色より焼き上がりは濃い色に出るようだったのですが・・・
先日テレビ(旅サラダで草野さんが体験していた)で見た絵付け体験は
焼き上がりの色がまったく想像できないほど違うので・・・
お薬によって違うのか?温度によって違うのか?・・・奥が深いものです



色もさることながら絵のセンスが・・・

私に絵心があったなら・・・
もっと深ーいゴージャスな有田焼にしたかったなぁ
青色や紺色ももっと上品なシックな色合いでまとめたコップにすればよかった


現実は、
色彩もゴチャゴチャで図柄の適当さが性格そのものです・・・
軽い 軽ーい 絵柄のコップです
私の中身も軽ーいから仕方がない(笑)
何度見ても・・・雑に思えて仕方がない・・・
残念でなりません(悲)


長左エ門の絵柄は花ですが
可憐な花というよりは・・・力強さとたくましさを感じてしまう花・・・
色使いは大人っぽく、輪郭の筆遣いに勢いがある
どことなく物作りには性格が出るようです(笑)
ちょっと褒めすぎか?


(^m^ )







佐賀県 有田町

匠の蔵 有田焼  有田陶器の里プラザ 有田焼卸団地

saga204

主要商社22店舗が出展
年中無休

まさしく団地というにふさわしい広々な敷地に、中央道路を挟んで両側にお店がすらりと・・
日用食器、営業食器、贈答品、高級美術陶磁器まで多種多様な品々
価格もピンからキリまで


saga203


私が訪れた日は平日の午前中だったためか団地内では8名ほどしかお買物をしていなかった
本当にお店営業しているのかなァーみたいな閑散とした雰囲気

でも、
団地内には個性豊かなお店が冷房のきいているお店と、切っているお店(笑)があり、
「ご自由にご覧下さい」・・・という空気感で・・・

saga205


まずはお店入り口にワゴンセールのような格安品が置かれて客寄せをしている
釣られて入っていくと
お店それぞれの個性のある自身の食器がドドーンと整然と並んでいる
あまりの食器の豊富さに・・・迷い・・・目的を見失うところだった(笑)




私のイメージするこれぞ有田焼!的な一品
派手 ハデ ゴージャス
濃い目のコーヒーを飲みたい感じ

saga206




ほうじ茶が美味しそうかなぁー

saga207




地ビールを飲みたーい!
思ったより薄ーいグラスです

saga208




キンキンに冷えた麦茶で決まり!

saga209



友人から手作りジャムをいつも頂くのでそれを入れようっと!

saga210


今回、伊万里と有田で焼物を購入した時の話なんですが
割引の商品はクレジットは使用できませんよー現金のみ!
通常商品はモチロンカード決済出来ますからご安心を!
ご注意下さい


さて、自宅に帰ったら食器棚の中を整理整頓する事にします
本物を使ってお食事・・・なんてね




( ̄▽ ̄)ノ_彡☆



佐賀県 有田町 -赤絵座ー

有田で絵付け体験 (*^ワ^*)
この日も2人だけー

・・・って、後から小学生の家族一組がきた

saga196


佐賀の旅・・・
唐津焼 伊万里鍋島焼 と、きたら
有田焼ははずせないでしょう(笑)

有田町に来ました
佐賀の旅も終盤ですので
短い時間で体験できる事・・・有田の絵付け体験です!

絵の具は5色 赤(茶色っぽい) 黄 青 緑 黒
白は無い色なのでピンクが作れませーん

絵見本も沢山あって迷う事なし
小学生はピカチユーを書いていたよ

絵の具はダイレクトにそのままの色でもOKだし
水で薄めて淡ーい色合いもOK
青と黒で紺色を作ってもOK


saga194


長左エ門の作品

saga195


私はというと・・・
花や動物は苦手なので幾何学模様にします
コレなら適当ーに書いてもまずまずの出来になるでしょう
(大人の計算!)

saga197


棚にあった作品はとても繊細な絵で美しかった
細ーい線ほど筆のタッチが微妙にぐらつき難しいんだよ
ましてや花や動物は画家なみの腕がないと書けやしない・・・

saga198

saga199

saga200



ゴールデンウィーク時期に開催される有田陶器市には
この道路にお店がずらりと並び人で埋め尽くされた道路になるそうです

こっちも

saga201

あっちも

saga202

さて、焼き上がりは約2週間後です
どんな色に仕上がるか・・・楽しみです


赤絵座で体験した時に、
有田焼を購入したいんだけど良いお店ないかなーって聞いてみたんです

ピンからキリまであるらしいから、
日常使いの”超お手ごろな価格”を沢山売っているところが知りたいと・・・
それなら!
良い所を教えてもらいました

ありがとう、行ってきまーす

☆(^∀^)ノ~~




佐賀県 美肌の湯

日本3大美肌の湯「嬉野温泉」

シーボルトの湯は公衆浴場です
以前は古湯温泉という名称で親しまれ、江戸時代の湯治場が前身で1922年に大火で全焼し、
その2年後に西洋建築で再建されたそうです

各家庭にお風呂がなかった時代1965年頃まではにぎわいがありましたが
1996年に閉鎖しその後地元の要望を受けて2010年シーボルトの湯としてオープンしました
大正時代と同じゴシック調で、とんがり帽子の屋根とレトロな外観を再現したそうです

saga120



嬉野橋の補強工事も終了

saga121


橋から見たシーボルトの湯の横顔です

saga122






「武雄温泉」

1300年前の肥前風土記のなかに登場する歴史ある温泉

豊臣秀吉が兵士に対し他の入浴客に迷惑をかけないようにと朱印状「入浴心得」が残っていたり、
江戸時代には、宮本武蔵・伊達政宗(ワァオ!)
幕末にはシーボルト・吉田松陰(ナント!)などが入浴した記録もあるそうです

温泉入り口の朱塗りの桜門は竜宮を連想させる鮮やかな色彩と形で、天平式桜門と呼ばれ
釘を1本も使用していない建築物なんですって

共同浴場として3軒、
また鍋島氏専用の浴場としての施設が存在し貸切風呂として利用できるそうです



武雄温泉桜門 国指定重要文化財

saga189


武雄温泉新館 国指定重要文化財
saga190

saga191


私達は移動の途中で立ち寄っただけでお湯には浸かりませんでした
1300年もの間絶えることなく湧き出るお湯なんですから
今入らなくっても又機会が訪れるでしょう
その時に十分に楽しむ事にします

ただし・・・気がかりなのは・・・
昨年の地震の後、北関東のニュースで
温泉の湯量が少なくなってきたという話や
逆に、
地下から温泉が湧き出て硫黄の臭いで住民が迷惑しているニュースを見ました

あまりのんびりしていると・・・
遠く離れた九州なので心配無用でしょうか?


━ヾ(*´∀)(∀`*)ノ゙━





佐賀県武雄市朝日町 淀姫神社

佐賀のがばいばあちゃんのメインロケ地

saga181

巧工房でランプシェード体験をした先生が地元のお祭りで歌を歌うと聞き
興味をそそられ宿泊施設に近いこともあり夕食後のお散歩がてら遊びに来た

お祭り会場は淀姫神社
がばいばあちゃんで有名なメインロケ地と聞き
それならいっそう行ってみたい!

先生の出番は7時半頃だと言っていた

がばいばあちゃんの家、
この家の横の川があの野菜を拾った川だそうです

この日は7時頃であたりはだんだん暗くなり
立ち入り禁止の立て札もあり確認できなかったけど

saga182

saga183

saga184

saga185




さあ、いよいよ祭りのステージの始まり

婦人会による盆踊りです
踊りが上手い人もいれば、それなりの人もいる(笑)
でも
私の知らない盆踊りです、ちょっと炭坑節に似ているかな(笑)
最後に婦人会はフラダンスも披露してくれたんですよー


カキ氷  ヨーヨーすくい
この日は暑かったからカキ氷美味しかったァ

saga186-2



巧工房の先生が出番前に私達を見つけて声をかけてくれました
奥様も一緒でした
先生の出番は5番目
ゆずの歌だそうです
オリンピックにちなんでこの曲を選んだんだって
歌詞も好きだからという理由です

ギターを弾きながら歌います
一生懸命さが伝わってきます

saga187




約2時間ほど地元の方たちのお祭りに寄らせてもらい感じた事


子供の数が多くてまずビックリした事
赤ちゃんから小学生中学生まで
若いお父さん達は本部席で男同士集まり
若いお母さんたちはお姑さん達と子供や孫と一緒に楽しみ

小さい町ならではの楽しさを知りました
音響が突然飛んで(笑)マイクが聞こえなくなったり
カラオケのフェードアウトがプツリと終了しちゃたり(笑)
出番の人が時間に来なくてマイクで呼んでもいなかったり(笑)


家族4人で亡くなったお母さんが好きだった歌
なだそうそうを歌っているのを聞いた時は
長左エ門も涙流していて・・・私も涙がとまりませんでした

最後は
とびこみのグループの歌

のどかで自然に溢れた良い人たちなんだなぁーと
佐賀の人って素晴しい

(^―^) 



佐賀県 武雄市 巧工房

ランプシェードによる光がこんなにも癒されるものとは思わなかった

saga154


体験するにあたり
模様によって光がどのように見えるか・・・
どういう彫り方をすればどういう光に映るか・・・
光が壁や床に映し出されるとなんとも柔らかくてゴージャスな雰囲気に包まれる

saga150


きっと
長左エ門はこの竹の模様と桜の模様をみて作ったんだろうね

saga151

saga152



私はこの時はドリルを使ってこの丸い模様が出来るとは知らなかったんですが・・・

saga153

saga155


あ~
でも、こんな流れるようなデザインもいいなぁー
畳に映った光!気に入った!
真似しよう!

saga156

saga157

佐賀県武雄市 「巧工房」

陶芸体験3回目 ランプシェード初挑戦   d(*^0^*)d
今回も2人だけー


saga159


出発前の陶芸体験を下調べしている時に
宿泊地域の周辺にランプシェード作りを見つけ
これはラッキーとさっそく予約を申し込む

和室用には筒型で仕上がりは茶色を
洋室用には丸型で仕上がりはピンク色を選択

ランプシェードは土の準備があるため最低2日前の予約になる

私は丸型
長左エ門は筒型
それぞれお部屋の雰囲気に合わせて模様も考えなくっちゃ!

制作前に巧工房さんのランプ館を見学して
イメージと模様を勉強した


saga158


長左エ門は「桜」の花びらと「竹」を組み合わせた和の模様にする

鉛筆で模様を下書きし
カッターで彫ったり切り落としたり
ドリルを使って穴を開ける
そんな3つの作業を駆使して仕上げていく

saga160




竹の節の部分を切り落とさないように細心の注意
特に上のカーブになっている所は土も厚みがあるのでカッターが入りにくいらしい
真っ直ぐな竹の力強さが上手く彫れているようだ・・・職人技だ(笑)

桜の花びらは思ったより難しかったと言っていた

saga161



私は光を多くしたかったので模様を沢山いれることに
最初にカッターを使ってみて、どうもこういう作業は向いていない事に気が付き
早々にドリルで穴を開ける作業に変更・・・
穴の大きさを変える事で模様に変化が出てこれなら私向きだと(笑)
ドリルで8割がた仕上げる・・・(笑)
床に近い部分に光の模様がきれいに出るように
ぐるりと一周に楕円形の模様の切込みを入れた

saga162


長左エ門がこういう作業に真剣になるとは・・・
そういえばカッターでアレコレするのが上手いし丁寧だった

ランプシェード作りはほぼ3時間・・・長い・・・
細かい作業や模様だと4時間かかる人もいるそうです

作業の間に先生は自分の仕事をしたり歌の練習?したり
何で歌?って聞いたら
夜に地元のお祭りで歌うからだって言うので
「見に行きまーす」って場所を聞いた
場所は私達の宿泊から車で5~6分のところ
夕食後に見に行くことにした

完成品が届くのは約1ヵ月後
どんな美しい光の世界を見れるだろうか・・・ウフッ

(´∀`)




佐賀県伊万里 大川内山

佐賀 鍋島藩窯(なべしまはんよう)


saga140


「江戸時代に民間の窯で焼かれていた焼物とは別に、
 佐賀鍋島藩で販売を目的とせず藩直営の御用窯である鍋島焼窯で焼いていた焼物がありました
 将軍への献上が主な目的であり、または幕府の大名への贈答品であり
 これらは「鍋島焼」と呼ばれていました
 鍋島焼は莫大なお金をかけ、最高の技術で焼いた気品の高い焼物でした
 佐賀鍋島藩は関所を設け鍋島焼の技法が漏れないように自由に出入りできないようにしました
 藩窯の陶工たちは武士と同じ身分として扱われ手厚く保護され、
 優秀な陶工がいれば入れ替えるなど最高の技術をもった陶工たちが集められました」

・・・・と、以上のように知ったのは帰ってきてからの事でした(笑)


saga137

saga138



大川内山の周辺には焼物が多く見られます

saga139




鍋島藩では関所を設けて秘法を守ったそうです

saga141

saga142



ろくろ指導のお兄さん先生も青木先生・・・
その母さんは伝統工芸士 青木妙子さん・・・
青木妙子さんのご実家が川副・・・
川副?青山?
私達が体験したのは虎仙窯・・・
虎仙窯は青木妙子さんのご実家・・・

ん~ なんだかつながっているような・・・いないような・・・

saga143


これ面白い!
右 → 左  焼物の工程が分ります

saga144

saga145


橋にこんな大きな焼物の壺
さっすがー焼物の里

saga146


案内板も焼物です

saga147






⇒続きを読む

佐賀県伊万里大川内山   伊万里焼・鍋島焼窯元 「虎仙窯(こせんがま)」

陶芸体験2回目 ろくろは初挑戦 p(*^-^*)q
この日も2人だけー

saga130

前回の唐津焼の時に初心者はロクロは難しいと聞いたので少ーし不安・・・

先生はとてもわかりやすく親切に指導してくれました
まず
手を濡らしながら土に触ります
あれ?
唐津の土より硬い感じ・・・
チョッと力が必要なくらい

saga124

ロクロの速度は一定にし土を上へ押し上げます
真上中心に親指を垂直に突っ込み穴を開ける
両親指で穴を大きくし広げていく
ある程度広げたら
右手で中心を押しながら左側に沿って広げ左手は土の外側を支えます
両手ではさむ感じ



手ひねり体験とはまったく感覚が違い最初はアレレ?って

そのうち
左手の土の外側と右手の中側とで広げて薄くしていきます

ん~
私が思うコツは、ロクロは一定に回転しているのだから左側の一点に集中する事!
「点」に意識を集中すればそれが線になり面になるから!


・手を下から上へと滑らせる、最後の土から手が離れた後も滑らせる余韻を崩さない事!
・作る姿勢や作る形を器の一回り大きさの延長まで崩さず集中する事!
・土にできるすじの間隔が均一になるようにゆっくりゆっくり!

なんて言うか・・・
「後もう少しだ」と思うと、気が抜けてしまう感じで最後が甘くなる気がする・・うまく言えないけど




上手い上手い(笑) 顔が真剣だー(笑)

saga125



出来上がったら糸で底を切り取り・・・

saga126

手形がつかないように・・・そぉっとそぉっと・・・

saga127



今回も私はお抹茶椀とお抹茶菓子皿を2個
お茶碗の形は朝顔形にしました

saga128


長左衛門の作品は
始めの一つはお茶漬け用どんぶり  と、ロックグラス2個なんだって
鍋島焼青磁のお茶漬けどんぶりだなんて・・高価すぎる・・・

saga129

saga136

saga135

1時間半ほどで3作品の完成
この土の色からどんな仕上がりになるんだろう・・・楽しみ
指導してくれたのは若いお兄さん先生
伝統工芸士 青木妙子さんの息子さんなんですって

ここ虎仙窯は青木妙子さんのご実家である川副というすじにあたるそうです

いろいろなお話を聞かせて頂きましたがその時は、
ハァー ヘェー そうなんですかぁー  ・・・なーんて返事ばかり
私達はなんの予備知識もなかったので・・・

ろくろ体験を虎仙窯さんで予約したのも昨夜突然に電話予約したという偶然で・・・(笑)


帰ってきてからネットで色々調べて
「うわぁー良い所で体験出来て良かったぁー」ってな具合で


とにもかくにも・・・
唐津の土 「唐津焼と絵付け」
大川内山の土  「鍋島焼青磁」
二つの陶芸体験が終わった


今は茶色い色の土だけど焼き上がった自分の作品は何色なんだろう?
そして風合いや重み、口当たりの良さや手触り
あ~・・・どんな子が生まれてくるだろう?みたいな待ち遠しさ(笑)

2カ月が長く感じる・・・

(*^-^)


伊万里焼・鍋島焼窯元 虎仙窯





⇒続きを読む

佐賀県 唐津焼窯元 鏡山窯

saga78


この日、陶芸体験で訪れた

登り窯を見学させてくれました
火を入れる準備をしている途中だったみたいです

窯は下の方に大きな口があり、上に向かって部屋が5つに分かれている
部屋の中に作品が並べてあり、各部屋の口からも火を入れるらしい



saga74


登り窯の中を覗くと何段かの棚にはすでに商品が並んでいて
準備が整っていると感じた

saga75

saga76



体験教室の奥の部屋
焼物用の土かな?

saga77


体験教室は作業場の一角だったので
当然、作品が上にたくさん並べてありました
これは・・・次回の窯に入れるのかな?

saga79

saga81



陶芸体験も終わりお店で唐津焼のお皿を購入
プロの作品だ 形も大きさもそろっている
焼き上がったら自分のお皿と比べてみよう

saga211

saga82

saga83


唐津焼
自分で作ってみて焼物が少しわかった気がする
身近に感じる

鏡山窯は
ろくろもあるが土が柔らかいのでむずかしいから初心者の体験はやっていないとのこと
ろくろ体験・・・
別の所だけどもう予約しちゃったんだよねー
土が違うから大丈夫だと良いなぁ

(゜ー゜*)










佐賀県 唐津市 唐津焼窯元 「鏡山窯(きょうざんかま)」

陶芸 初体験   p(*^-^*)q

saga73



佐賀の旅
日程は決まっていたもののどこに泊まるか何をするか全然決まらず
ハウステンボスに一日行こうかと考えたり・・・
真夏のハウステンボスは暑いかな・・・とか・・

やれやれ、宿も4~5日前に決めて、
2日前になって急に佐賀と言えば焼物だ!
”陶芸体験でもしようか”と
レンタカーの移動時間を大まかに調べて・・
多少は行き当たりばったりで!なんて具合に始まった旅




saga63

唐津焼を作ってみよう! 唐津に行こう!
唐津焼の陶芸体験は色々な所で数か所ありましたが、
鏡山窯はネットで調べて ここにしようと直感で決め、メールで問い合わせをやり取りして予約

この日の体験は二人だけ~
土も触った事のない、超素人ですよ
メッチャ丁寧に指導してくれました

手ひねりは
一握りの土を土台にして
その上に親指の太さの棒状に伸ばした土を
ぐるりと周りにおき 
境目を指でなめらかにし
さらに上に同じように繰り返し積み上げて
コップやお椀の形に仕上げていくんです

saga64

広ーい作業場は冷房がきいていて涼しいはずなのに・・・
タラーッ タラリ ・・・と、汗が出るんです
緊張なのか必死なのか集中しているからなのか・・・汗が止まりません(笑)

saga65


長左衛門はビールグラスを作ります
私はお抹茶椀を作ります
土が少し余ったのでお抹茶菓子用の小皿を作ることにします

焼き上がりは一回り小さくなるというので大きさの加減が難しかった
ただし、厚さは焼いても変わらないという

口に触れる部分は特に口当たりが良いようにと・・・

saga66

saga67


さてお次は作品に絵付け
絵心がないので・・・
何も浮かばない・・・どうしようー
器の外側に本当テキトーに書く
うわぁ・・・
エエーイ

最後に器の底に「美」と書いた 自分の字じゃないみたい・・ 美しい字です
手が勝手に書いたって感じ・・(笑) 陶芸の神様が舞い降りたかな?(笑)

アレッ
なーんか 良い感じ なかなかヨカトネー
ウフ 大成功
\(○^ω^○)/

saga68


ガタガタだけど手作りの味わい・・・あるんじゃないかなー

saga69


なんだかここまで来たら調子に乗ってきたぁ
小皿の周りはわざとひび割れた感じをそのままに・・なんてね(笑)

saga70


ビールグラス 
デカいっ(笑)小さくなるんだからっと・・
富士さんと雲のつもりで書いたんだって(大笑)

saga71

saga72

saga80

1時間半~2時間
感じるままに作った
作っているうちに、したいことが少し見えた
ますますアイディアが浮かんだ
0から始まりまず一歩
一歩進むと次が見えてもう一歩
気持ちいい・・やり遂げた感をあじわった

焼き上がりは2か月後だ  o(^-^)o



唐津焼窯元 鏡山窯








佐賀県 高島 「宝当神社」
宝くじ高額当選が続出のご利益のある神社です


houtou6


houtou3

お参りの前に「宝当海の家」で
開運母ちゃんと握手 そして
宝くじを入れる袋(開運宝当袋)を購入 私はミニ1200円

houtou9

houtou8

宝くじをこの袋に入れて口を開けたまま参拝・祈願し
袋の口を閉じて終了
あとは抽選日をじーっと待つのみ




宝当海の家


 

⇒続きを読む

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

日本の旅で感じる (6)
札幌 (95)
札幌を観光 (25)
札幌で食事 (54)
札幌の温泉 (1)
札幌のお土産 (9)
小樽 (12)
小樽を観光 (3)
小樽で食事 (7)
小樽のお土産 (2)
北海道  道央 (39)
道央を観光 (16)
道央で食事 (15)
道央の温泉 (8)
帯広 (6)
帯広を観光 (3)
帯広で食事 (3)
北海道  道東 (1)
道東で食事 (0)
函館 (9)
函館を観光 (4)
函館で食事 (4)
函館のお土産 (1)
北海道  道南 (13)
道南を観光 (1)
道南で食事 (3)
道南の温泉 (9)
青森 (15)
青森を観光 (3)
青森で食事 (3)
青森の温泉 (7)
青森のお土産 (2)
秋田 (11)
秋田を観光 (6)
秋田で食事 (1)
秋田の温泉 (4)
秋田のお土産 (0)
岩手 (16)
岩手を観光 (5)
岩手で食事 (2)
岩手の温泉 (9)
岩手のお土産 (0)
茨城 (1)
茨城を観光 (1)
栃木 (1)
栃木を観光 (1)
栃木の温泉 (0)
東京 (3)
東京のお土産 (2)
石川 (2)
石川で食事 (1)
福井 (7)
福井を観光 (2)
福井で食事 (4)
福井のお土産 (1)
滋賀 (2)
滋賀の観光 (1)
滋賀のお土産 (1)
京都 (44)
京都を観光 (20)
京都で食事 (23)
京都のお土産 (1)
奈良 (12)
奈良を観光 (5)
奈良で食事 (4)
奈良の温泉 (3)
大阪 (18)
大阪を観光 (15)
大阪のお土産 (3)
兵庫 (44)
兵庫を観光 (12)
兵庫で食事 (21)
兵庫の温泉 (1)
岡山 (5)
岡山を観光 (2)
岡山で食事 (3)
福岡 (10)
福岡を観光 (4)
福岡で食事 (3)
福岡のお土産 (3)
佐賀 (26)
佐賀を観光 (15)
佐賀で食事 (3)
佐賀の温泉 (6)
佐賀のお土産 (1)
長崎 (2)
長崎を観光 (1)
長崎で食事 (1)
熊本 (1)
天草 (8)
天草を観光 (5)
天草で食事 (1)
沖縄 (3)
沖縄を観光 (3)
青春18切符の旅 (15)
海外の旅で感じる (97)
フランス (14)
イタリア  (34)
スペイン (9)
ホーチミン (5)
マレーシア (15)
韓国 ソウル (0)
韓国 釜山 (10)
ゴールドコースト (10)
食事を楽しむ (139)
大阪レストラン (49)
大阪カフェ (4)
大阪ベーカリー (1)
大阪ラーメン (2)
大阪蕎麦 (1)
スイーツ (10)
チョコレート (13)
お土産頂きました (7)
私の手料理 (3)
スムージー (7)
ワイン (39)
美しさを追求 (51)
着物 (29)
ダイエット情報 (6)
ダイエット結果報告 (6)
品性を鍛える (13)
その他 (29)
季節の行事 (19)
ご挨拶 (4)
マンガ&ゲーム (2)
未分類 (0)

kawanger

Author:kawanger
長左衛門(ちょうざえもん)とは夫、家長が代々襲名する名乗りの「屋号」で田舎では会話の中で名字より屋号を使う事が多く、私はまだ良く理解していないのですが面白いので今後の記事の一つにしていきたいと思います。

寅美(とらみ)とは私、「屋号」なんてない都会?生まれ、単純に「寅年」から。

いつも、長左エ門&寅美のブログをご覧頂きありがとうございます。サイト内の文章や写真の無断使用・転載はお断りしておりますのでご了承くださいませ。今後とも魅力のある内容に勤めてまいりますのでどうぞ応援宜しくお願い致します。

ご紹介しておりますお店の情報は行った時点での情報です、ブログの記事が古い場合は情報が更新されていない事もありますので、最新の店舗情報は直接確認して頂きますようご注意下さいませ。

FC2Blog Ranking

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。