感性に直撃  旅&食&美&品 ~ Wonderful World ~

長左衛門&寅美

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道 登別温泉

100%源泉掛け流し”さぎり湯”

飛行機の時間まで日帰り湯に浸かって帰ろう!
硫黄の匂いしたらゴメンなさーい(笑)

douou144


さぎり湯は本格的な良いお湯が楽しめるんです
3種類の温泉と温度があり、トロミ感、ぬめり感、熱さ、ぬるさ
初めてでしたがお手軽料金で良いお湯が堪能できました
お風呂上りのホカホカが・・・汗がひかなくて・・・
それほど身体が温まるお湯です

さぎり湯は源泉掛け流し
湯船から溢れだすお湯の行方を見ればわかる!
排水溝へと流れるお湯はもったいないけど・・・
循環式でないという証拠
加温・加水なしというから おみごと!です!!

douou145

douou146

さぎり湯

スポンサーサイト
北海道 ニセコ黄金温泉(こがねおんせん)

黄金温泉は2002年に農家を営むご主人が農業用の井戸を掘削したところ
温泉が噴出した個人経営の日帰り入浴施設
源泉掛け流しの温泉です

dounann80

ご主人の手作りとネットで見ましたが、
十分立派な温泉設備ですよ

源泉温度そのままの五右衛門風呂

dounann81


入浴しながら羊蹄山を楽しめるって

dounann82


大迫力の羊蹄山が一望です

dounann77


露天風呂は中央を岩で仕切った半混浴
お湯への入り口は見えないから入りやすくて混浴って感じがしない
仕切りの岩付近に男性が陣取ることは出来ないみたいですから

dounann83



ご主人は気さくな人で
「どこから来たの?ユックリ入って行ってね」
お風呂上りに「ありがとう!」って挨拶したら
「もう上がったの?早いねー」なんて言われた(笑)

dounann78

dounann79

あいにくのお天気で羊蹄山はスッキリ見えなかったけど
すそ野の広がりとなだらかな曲線は
「蝦夷富士」と呼ばれるに値する本当に素晴らしい山です

ニセコのアパートは羊蹄山が見える部屋と見えない部屋では
家賃が違うと地元の人のお話でした
マウンテンビューってこと!

σ(゚ー^*)





北海道 ニセコ薬師温泉

日本三大秘湯の一つである
・ニセコ薬師温泉  北海道蘭越町ニセコ温泉郷
 浴槽そのもが源泉で足元から温泉が湧く
・谷地温泉(やちおんせん) 青森十和田市
・祖谷温泉(いやおんせん) 徳島三好市


まずは混浴の濁り湯に入ります ラッキー!誰もいない  (^ヮ^)
けっこう深い・・・しかも底は大きな石がごつごつとしている
一番端の向こうまで歩いてみる・・・底が見えないからちょっぴり怖い
プクプク新鮮な足元自噴の湯

dounann42


次の男女別の内湯へ
だれも居なかったのでバスタオル巻で移動しちゃった(アハハ)
強烈な印象の脱衣所(笑)

dounann44


それをはるかに超える超強烈な印象の透明湯!!!
一人で入るのが超怖ーい
深い・・・
はしごを使って恐る恐る身体を沈める・・
湯は透明で底が良く見える・・だからオドロオドロしい(ごめんなさい)
底から茶色の物体がゆらりゆらりと浮かび上がる・・・
キャーッ いやぁ~・・・気にしない・・気にしちゃダメーッ
5分も入ってられないよー
でも泡がプクプク、まぎれもなく足元自噴の湯

dounann43



お客さんは男性が多かった
混浴に入っている時数名来たが、遠慮してタバコを吸いに行ってくれた・・ありがとう
長左衛門が「もう出ましたから、どうぞ」って交代したんだけど皆礼儀正しい
お風呂上りに廊下で出会った男性は、混浴空きましたからどうぞって声をかけてくれたし

話を聞くと、
もう一つ露天風呂も足元自噴の湯らしい
管理はされていないが入れるという・・
今日は雨上がりのため途中の草むらを歩く時に濡れるから気を付けてって
私達はあきらめて露天風呂には行かなかったけど

dounann39

dounann40

doounann41

帰りに受付の女性に話しかけてみた

この建物は20年になるという・・・それにしても古い・・ボロボロ(笑)
冬のあいだは町の除雪車が入るので道路は確保されているんだって
ネットでは温泉は3か所って見たけど、管理しているのは2か所だけだって言ってた


私の経験上、こうして温泉を比べてみると自分なりの線引きが出来上がってきた
・シケシケの温泉
 これはもう、当然ひなびたを超越した何と言って良いか・・
 シッケシケ(笑)な温泉ですよ! そのまんま! 
 味わいがある・強い印象に残る温泉(いろんな意味で)マニアックな温泉ファン向け

・ひなびた感じの温泉
 シケシケよりはマシと言うか・・・
 ひなびた感そのままの所もあれば、ひなびた感を演出しているところもあるし
 思い出深い、人におすすめしやすい温泉  一般向け


色んな体験や、人との出会いがたまらなく楽しい

(v^ー°)





 
北海道 ニセコ「五色温泉」

あまりにも有名ですが、毎年ニセコにスキーに来ていたにもかかわらず
一度も訪れたことがない・・・
お湯は素晴らしいとお墨付き!!
はじめちゃんも五色温泉はなぜか連れてきてくれなかった・・なぜ?

dounann15

キレイな感じの温泉じゃないですか
シャワーがついてる!シャンプー&リンス&ボディソープも完備している・・完璧
そして清潔感がある設備に感動
もっとひなびた感じの古い温泉だと想像していたから

内湯は2つと露天風呂が1つ
ニセコの10月は夕方6時にはもう暗い・・・
アンヌプリが見えるそうですが・・

dounann14

dounann13


湯上りの温まること、ポカポカして全然冷めない

dounann16

dounann12

五色温泉は初めて来たけど新しい設備で驚いた
昔から五色温泉は良いよって聞いていたから、そうとう古いひなびた温泉宿を想像していた

温泉の名前の由来もお天気や季節によって温泉の色が五色に見えるからと聞き
一度来たいなぁ~と、ずーっと楽しみしていたから今回念願がかなった

五色温泉は雪秩父温泉と近いけど、途中から急に道路が細くなり
街灯もなく今日は霧がかかり夜の運転は大変だった
はじめちゃんが五色温泉に来なかった理由は冬の道路状況だったと理解できる
五色温泉へのアクセスは雪秩父方面からだとまだましな方かな、
反対側から来ると細くて狭い道路を霧の中延々と走ることになるから・・・気を付けて!


五色温泉旅館







北海道 ニセコ昆布温泉 「鯉川温泉」

ここも思い出深い温泉の一つ
今から14年前に一度来たっきりなんだけど
露天風呂への出入り口が”窓”だったので皆で大笑いした思い出

dounann72


そうです
この長ーい廊下・・・だったね

dounann73


脱衣所にコインロッカー
新しくなったんだね

dounann74



内湯が1つ?だけだったかぁ・・・当時の記憶が・・忘れているところもあるみたい

初めて来た時あまりにもシッケシケの温泉でそれだけでも笑いがとまらなかったのに
”窓”から出入りする露天風呂なんて(爆笑)
本当に大笑いしたんだから

dounann75


今は”窓”でなくドアに変わっていた
でもじゃっかん・・・窓だったなごりがあるよね!

dounann76



ここは日本秘湯を守る会の宿だったんだね
ということは
会員になれる条件は明言されていないけど
ただのひなびた宿だけでは会員になれないはずだから
温泉・料理・接客・景観・施設などなどこだわりの温泉旅館ということですね
鯉川温泉は110年以上もの歴史ある北海道の湯治場であり
その温泉は源泉100%かけ流しの内湯はいっさい手を加えていないと記されています

dounann71

dounann70

帰りに受付で当時の事を聞いてみた
今から15年ほど前に露天風呂を作り当初は本当に”窓”から出入りしていたという話が聞けた!
すぐにドアに直したというが、ほんの少しの間の事だったらしい

その少しのあいだの出来事が私達の思い出の一コマだったんだね・・貴重な体験談です
”窓から出入りする露天風呂”
てきとーに払った”入浴料金”(ネエサンの○○円だよ!)につられて・・・
ニッシンの”アクセサリーを忘れてとりに戻った事”などなど個人的な思いでは尽きません

ニセコにはその後も何年間もスキーに来たのに
はじめちゃんが温泉連れて行ってくれる時は鯉川温泉のリクエストは出なかったんだよね・・
シケシケすぎたからかな?(笑)

鯉川温泉旅館





北海道 ニセコ 国民宿舎 雪秩父

私の大好きな温泉の第一位「雪秩父」温泉
毎年ニセコへスキーに来た時に夜になると
ペンションのオーナー”はじめちゃん”が連れてきてくれた思い出の温泉
だから雪のない時に雪秩父へ来たのは今日が初めて

dounann46



雪秩父は内湯が2つと露天風呂が6つ
特に露天風呂の開放感がたまらない!

内湯の浴槽はチョッピリ深めなのです
洗い場はシャワーが端っこに2人分ずつあるだけ・・




硫黄泉はほんのり乳白色

dounann49

dounann48



鉄鉱泉はほんのり茶色

dounann47



dounann50


冬は内湯で体を十分に温めてから露天風呂へ行こう!
でないと・・・この長ーい通路で寒い寒い(笑)

dounann51

わぁ~ 
まだ続くー

dounann52



外へ出て最初のふれあいの湯

浅いところと普通の深さとありまーす
屋根もあるから雨も雪にも影響なし

dounann66

dounann53

dounann54


2つ目の露天風呂へ
気泡がでるやすらぎの湯へ
雪で温度がぬるい時があったり、大雪で温泉自体がアレレ?って時もあったね

ここで、じゃんけんポン!
負けた人は次の温泉が入れる温度かどうか裸で雪の中を歩く罰ゲーム(笑)
あ~思い出すわぁ・・・

dounann55

dounann56

雪秩父




⇒続きを読む

長沼町

ひなびた温泉大好きの私が今回立寄った日帰り湯
「馬追温泉」

加水なしの源泉
お湯は透明でさらりとした感触

sapporo196


昭和のレトロな感じ 女湯と男湯

sapporo193


湯船の3倍はありそうな洗い場(笑)
浴槽が小さく見えて・・・(苦笑) 清潔感がとってもありました
シャワーとかないんです・・・
湯船のお湯で体を洗うんですよ!
湯治場によくあるスタイルです!

sapporo194



浴槽は小さくはないんです  見知らぬ4~5人が入っても良い距離感が保てる広さ
ただ・・・洗い場が広くって広くって・・・小さく見えるだけです
先客は学生が1名・・・この宿の娘さんじゃないかなぁー

sapporo195

sapporo197



馬のはく製や置物が沢山飾られていて
玄関入ってこんな雰囲気ってなんだかホッとする
受付の奥にはご自宅の茶の間があってみんなでくつろいでいるようでした

sapporo198

玄関横の灯油のタンクが「あ~北海道なんだ」って思った
一般家庭によくあるのですが、これは東北や新潟も雪国には必ずあるのかな?

sapporo199


玄関前はとても広くロータリーの造りになっています
特に駐車場が仕切られているわけでなく・・・どこにでもどうぞどうぞ・・・
今どきのスーパー銭湯のような騒がしさがなく
昔ながらの銭湯のような地元民のための温泉みたい
お風呂の清潔さとお湯のサラッとした感触は一日の疲れを取る昔の銭湯そのものだなぁー
・・・と感じました

(o^□^o)




馬追温泉旅館
夕張郡長沼町フシコ番外地
0123-88-3737









乃ぶた温泉

ひなびた温泉大好き! しけしけの温泉見ーつけた!(ごめんなさーい)

sapporo155


知る人ぞ知る皮膚病にとても効果のある温泉
傷跡なんかが薄ーく目立たなくなってくるらしい・・・
シミにはどうかなー(笑) アトピーには効くかな?
源泉100% 加水なし かけ流しではなかったかな・・・溢れ出てなかったから
あまりの色に・・・温泉の中でジーッと動かないようにしたりして
別に意味はないけど(笑)
何だか・・・その方が良いかなーなんてね

sapporo157


シャワーなし
お湯とお水を同時にエイッって押して適温を作ります 勢いがあって・・アチチ
そんな洗い場は3人分
温泉の色はご覧のとおり真茶色  効きそう
でも、こわごわ入ります・・・(笑)

sapporo156


地元の人が2名入っていたのでお話し聞くと、
ほとんど観光客なんかは来ないらしい
皮膚病に効くらしく、それを知っている人たちが来る程度とか
浴槽には2名入って洗い場に2名でキツキツでーす

sapporo158

sapporo159

最初、
昼食前(11時頃)にここを通って入ろうかと思ったら
中からご主人が出てきて
「1時からだよー」って、
それで
食事が終わってから立ち寄ったのだけど
源泉温度が低いのね・・・それでちょうど良い温度になるのに沸かしていたんだなぁ
ジャスト1時に来たら女湯には先客2名がいて
小さな湯船と洗い場を4人で和気あいあいと交代で使用しながら入りました

(^―^)







05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

日本の旅で感じる (6)
札幌 (95)
札幌を観光 (25)
札幌で食事 (54)
札幌の温泉 (1)
札幌のお土産 (9)
小樽 (12)
小樽を観光 (3)
小樽で食事 (7)
小樽のお土産 (2)
北海道  道央 (39)
道央を観光 (16)
道央で食事 (15)
道央の温泉 (8)
帯広 (6)
帯広を観光 (3)
帯広で食事 (3)
北海道  道東 (1)
道東で食事 (0)
函館 (9)
函館を観光 (4)
函館で食事 (4)
函館のお土産 (1)
北海道  道南 (13)
道南を観光 (1)
道南で食事 (3)
道南の温泉 (9)
青森 (15)
青森を観光 (3)
青森で食事 (3)
青森の温泉 (7)
青森のお土産 (2)
秋田 (11)
秋田を観光 (6)
秋田で食事 (1)
秋田の温泉 (4)
秋田のお土産 (0)
岩手 (16)
岩手を観光 (5)
岩手で食事 (2)
岩手の温泉 (9)
岩手のお土産 (0)
茨城 (1)
茨城を観光 (1)
栃木 (1)
栃木を観光 (1)
栃木の温泉 (0)
東京 (3)
東京のお土産 (2)
石川 (2)
石川で食事 (1)
福井 (7)
福井を観光 (2)
福井で食事 (4)
福井のお土産 (1)
滋賀 (2)
滋賀の観光 (1)
滋賀のお土産 (1)
京都 (44)
京都を観光 (20)
京都で食事 (23)
京都のお土産 (1)
奈良 (12)
奈良を観光 (5)
奈良で食事 (4)
奈良の温泉 (3)
大阪 (18)
大阪を観光 (15)
大阪のお土産 (3)
兵庫 (44)
兵庫を観光 (12)
兵庫で食事 (21)
兵庫の温泉 (1)
岡山 (5)
岡山を観光 (2)
岡山で食事 (3)
福岡 (10)
福岡を観光 (4)
福岡で食事 (3)
福岡のお土産 (3)
佐賀 (26)
佐賀を観光 (15)
佐賀で食事 (3)
佐賀の温泉 (6)
佐賀のお土産 (1)
長崎 (2)
長崎を観光 (1)
長崎で食事 (1)
熊本 (1)
天草 (8)
天草を観光 (5)
天草で食事 (1)
沖縄 (3)
沖縄を観光 (3)
青春18切符の旅 (15)
海外の旅で感じる (97)
フランス (14)
イタリア  (34)
スペイン (9)
ホーチミン (5)
マレーシア (15)
韓国 ソウル (0)
韓国 釜山 (10)
ゴールドコースト (10)
食事を楽しむ (139)
大阪レストラン (49)
大阪カフェ (4)
大阪ベーカリー (1)
大阪ラーメン (2)
大阪蕎麦 (1)
スイーツ (10)
チョコレート (13)
お土産頂きました (7)
私の手料理 (3)
スムージー (7)
ワイン (39)
美しさを追求 (51)
着物 (29)
ダイエット情報 (6)
ダイエット結果報告 (6)
品性を鍛える (13)
その他 (29)
季節の行事 (19)
ご挨拶 (4)
マンガ&ゲーム (2)
未分類 (0)

kawanger

Author:kawanger
長左衛門(ちょうざえもん)とは夫、家長が代々襲名する名乗りの「屋号」で田舎では会話の中で名字より屋号を使う事が多く、私はまだ良く理解していないのですが面白いので今後の記事の一つにしていきたいと思います。

寅美(とらみ)とは私、「屋号」なんてない都会?生まれ、単純に「寅年」から。

いつも、長左エ門&寅美のブログをご覧頂きありがとうございます。サイト内の文章や写真の無断使用・転載はお断りしておりますのでご了承くださいませ。今後とも魅力のある内容に勤めてまいりますのでどうぞ応援宜しくお願い致します。

ご紹介しておりますお店の情報は行った時点での情報です、ブログの記事が古い場合は情報が更新されていない事もありますので、最新の店舗情報は直接確認して頂きますようご注意下さいませ。

FC2Blog Ranking

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。