感性に直撃  旅&食&美&品 ~ Wonderful World ~

長左衛門&寅美

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都でお昼ご飯

kyouto27

錦市場をぶらりと歩いてどこでお昼食べようかなぁ・・・と

アレレ?
脇道になんだかいい感じのお店を発見
どうしよう・・・入ってみようかなぁ

とにかく近くに行って覗いて・・・

kyouto28

kyouto29

ご飯とお味噌汁がついての日替わりのプレート





kyouto30

kyouto31

京都にはこんなにお洒落なお店がいっぱい
ガイドブックにあるお店も良いけどフラッと・・・
自分の勘を信じてお店をチョイスしても楽しい
当たりもハズレも・・・きっと良い思い出のお店になるに違いない

ウフッ

\(^ ^)/

omo cafe




スポンサーサイト
秋田 武家屋敷 西宮家

今宮武士団として一線を画す秋田佐竹本家の直臣
今宮武士団の生え抜き西宮織部が祖となる人
エリートな家柄
だからチョッと離れているのかなぁー

akita143

akita140

akita139



角館には二つの武家屋敷通りがあります
一つは石黒家から小田野家あたりの一角と
この西宮家のある田町という一角

akita141

akita142

武家屋敷と5つの蔵は今はレストランやギャラリー
お土産品の販売やおしるこをいただけるスペースです

akita144

akita145

akita147

akita146

今宮武士団は直臣としての誇りを持ち
他の武士達とは一線を引くことを貫き通したんだろうね
媚びずに
へこたれずに
自信をもって
わざと距離を置くことで威厳を保ち

あ~相当意志の強い人です
そして代々その意思を受け継ぐ人も強い人です

♥(´_,`@)









秋田 角館懐石 「料亭 稲穂」

akita124

乳頭温泉の番頭さんに角館に行くんだけどどこかでお昼食べるところありませんか?って
教えてもらったのが料亭稲穂

このお店
メッチャ大当たりのお店ですよ  σ(゚ー^*)


”箸付き” 
季節の山菜 みずたたき 味噌仕立て
自家製 わらびたたき豆腐 割醤油

akita125

akita127


”角館名物”
八杯豆腐 はちへとうふ
おから塩魚汁煮 諸井酒造謹製 塩魚汁

akita129

akita128


”酢の物”
秋田名物 じゅんさい 自家製土佐酢

akita134


冷たーい ウーロン茶
運転するからビールはおあずけなのだー

akita126

庭園が見える良いお部屋でした

akita132

料亭 稲穂








⇒続きを読む

秋田 武家屋敷 岩橋家

中級武士の典型的な屋敷
柏の木は樹齢300年

akita101

akita100

akita98

中級武士とは失礼な呼び方で・・・スミマセン(笑)
でも立派なお屋敷ですよ

武士は武士なんだなー

akita102

たそがれ清兵衛のロケ地
宮沢りえ役の実家として岩橋家が撮影に使われたそうです
も一度映画見てみようかなぁ~

akita99




秋田 武家屋敷 松本家

柴垣の塀
茅葺屋根のお屋敷

akita113

akita114

akita115



たそがれ清兵衛の撮影場所
この庭で戦いのシーンが撮られたんかなー

akita118

akita116

akita117

akita119

akita120


紅葉が色づいたらそれはそれはキレイなんだろうな
角館は雪も降るから、
春の桜
夏の新緑
秋の紅葉
冬の雪景色
庭の楽しみ方に日本人で良かったぁー
自分の中のDNAが喜んでいる

akita121







⇒続きを読む

秋田 武家屋敷 河原田家

座敷には書院造の様式が残る
苔の敷かれた庭は外の世界を忘れさせてくれる

akita106

河原田家・・・
角館の武家屋敷の中でも絶対に見たい武家屋敷の一つだった
別に深い意味はないのですが・・・
わかる人にはわかるような?
私達にとっては勝手に理由づけしただけなんだけどね(笑)

akita107

akita110

akita112

蔵のような建物もあるから結構な位の武士だったのかな?
上級武士? 
庭の広さと言い、母屋の造りと言い、なーんか良い感じです

akita108

この日は角館は暑かったぁ
日差しが強くて・・・

ただし、河原田家の庭は日陰になって気持ち良い
いつまでもいつまでも居たいくらい

akita109

チョッピリ京都を思い出すような雰囲気があるお屋敷です
(^v^)  ○(^v^)●



⇒続きを読む

7月の着物

東レシルックの夏の着物
浴衣としてもOK
名古屋帯

kityke7-2

kituke7-1


帯締めの変わり結び
自分じゃ何回やっても忘れてしまう・・・
写真に残してっと!

kituke7-8

7月の教室は季節がらと言うことで「浴衣」「半幅帯」の練習
私は夏の着物の練習をしたかったので浴衣は8月に練習の予定

そのかわり
教室の生徒さん達の半幅帯の変わり結びを撮らせてもらいました
来月は自分で結ぶんですから・・・頑張ろうっと



kituke7-3

kituke7-4

kituke7-5

kituke7-6

kituke7-7

半幅帯の変わり結びは帯の長さが「長尺」じゃないと無理みたい
私の持ってる半幅帯だと短くて・・・
普通の文庫結びと文庫結びの変形の2通りぐらいしかできなかなー

新しい「長尺」の帯ほしいなー

p(*^-^*)q




秋田 武家屋敷 石黒家

武家屋敷の中で一番古く、一番格式が高い家柄の石黒家
今も石黒家の末裔が住んでいるので一部のみ公開されています
唯一内部に上がり説明を受ける事が出来る


身分の高い人用の正玄関

akita96

akita91


欄間は透かし模様の亀がろうそくの灯りに影絵となって現れる
とってもお洒落で粋な演出です
そして
畳の敷き方に注目
手前の部屋は正玄関を入りすぐの間
奥の部屋は身分の高い人をお通しするため畳の敷き方が違います

akita94

akita95

akita97

akita90

akita92

akita93

現在も住んでいるという生活スペースはどうなっているんだろうか・・・
もしかしたら内装も現代風にアレンジされて・・・
快適な空間になっていてほしい(笑)

σ(゚ー^*)



秋田 武家屋敷 青柳家

武家屋敷一の広さ3000坪の敷地
上級武士の証である「薬医門」
当時、門はその家の位や威厳を表すものだった

akita76

akita89


武家屋敷の中で一番の見所が多い青柳家
たっぷりと時間を作って隅々まで見て歩く

akita66

akita69

akita68

akita67


青柳家の一角で秋田の工芸品が販売されていました

akita77


青柳家の武器庫にある甲冑

akita70

akita71

akita72

akita73

akita74

akita75

本当によく残っていたものです
歴史ある品々に時間が経つのを忘れてしまうほどです



⇒続きを読む

秋田 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉

ー東本陣ー

akita60

内湯に入るついでに探検した まずは東本陣の内湯へ行く

長~い廊下の奥に東本陣がある
トイレ付のわりと新しい部屋だそうです

akita56

akita54

akita57


受付近くの売店
お土産が並ぶ  いぶりがっこを購入 アイスクリームとずんだ柿も買った

akita51

akita52

秘湯ビールなどが冷え冷えに!

akita50

東本陣の内湯の大きさは小さい・・・
大人が3人も入れば湯船が満員
シャワーも2個  シャワーの出が悪かったのは時間帯のせい?かな・・・?
とはいっても、内湯に人は誰もいず一人の貸切だったから文句は言えない


⇒続きを読む

秋田 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉

私達は本陣のお食事処で名物山の芋鍋をいただく
偶然にも囲炉裏の席だった(ラッキー)
地元の山の幸が勢ぞろい 

akita35

akita36


おかわりたっぷりありますよー
ホクホクして美味しい
豚バラの油がけっこうきいてる

akita37



囲炉裏の席は2名のみの特等席!
他のお客様は奥の方にお膳が並んでいる
夕食の席は決まっていたからラッキーだったね

akita41

akita43

食事のスタートは秘湯ビールで乾杯
チョッと苦めのキリッとしたビール

akita38

焼酎は種類が多い
長左衛門のリクエストで芋焼酎「ノマネコンネ」
ロマネコンティのパロディみたいな名前・・・クスッ(笑)
あらら・・芋にしては癖のない・・ついつい飲んでしまう

akita46


最初から最後まで・・・の客になってしまった
だって、テレビも何にもないからゆっくり食事したり会話したり
そんなことするしかないじゃない?

あとで振り返るとゆっくり時間を過ごせたなーって痛感したんだけどね








⇒続きを読む

秋田 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉

茅葺の建物

手前から「本陣」1号~5号のお部屋
その向こうは6号7号はお食事処
そして奥が受付入り口

砂利道だからコロコロガ動かなーい(笑)ククッ

akita24

私達の部屋は三号館の6畳一間の部屋

鶴の湯のお部屋は、
もっとも人気がある「本陣 5部屋」&「離れ本陣 2部屋」
比較的新しい「新本陣」「東本陣」
事務所兼受付と同じ棟の「一号館」
湯治棟の「二号館」「三号館」

予約の電話を掛けた時はすでに本陣のお部屋は5カ月先まで予約でいっぱい

私達の好みはあえて”ひなびた宿”が目的だから当然本陣が第一候補だったけど
空いているのは三号館だけ・・・
一週間前の電話で取れただけでもOKと言うことです(笑)

茅葺の建物の向かえ側に立つ右の建物が二号館・三号館の建物

akita25


akita32

二号館三号館は同じ建物
トイレ・洗面所は共同です 
でもとっても清潔でキレイでした、臭くなかった(笑)
2階の廊下・・私達の部屋は61番

akita26

akita27

akita31


今回宿泊してみて気付いたんだけど、
「本陣」のお部屋は特別な場所にあるんじゃなくて普通に入り口の門をくぐりすぐ左手にあり
日帰り入浴客が部屋を見たくて覗いているのをみて驚いたんだ・・・
だって、泊まっている人の荷物とかあるんだよ
それなのに・・・
昔の建物でしょ?窓たって・・・そりゃあ中に人がいるのに見えちゃうでしょ?

そういう常識は忘れたくないって思ったね
自分はすっかり大坂のおばちゃんのノリでやってしまいがちだから
本当にTPOを考えさせられる一瞬でした

( _ _ )..........o






⇒続きを読む

岩手 わんこそば「東屋」

iwate29

盛岡名物わんこそばです

店内はお椀が所狭しと積み上がっているテーブルがあちらこちらに・・・
お椀は15個重なっているので4列あれば60杯、7列あれば105杯(笑)

お隣のテーブルは男性3名でお給仕さんも大忙し
次から次に・・・3人とも100杯越えです  


東屋さんのエプロンつけてさあスタートです

iwate26


薬味は数種類あるので味を変えながら飽きずに食べ続けます

iwate27

お給仕さんのかけ声
「はい じゃんじゃん」「よいしょ」「はい どんどん」
「○○杯行きましたね、はい 頑張って」

iwate28

長左衛門のスタートダッシュは速かった(笑)
あっという間にお腹一杯に・・・


本人曰く・・・
「頑張ればもう少しは食べれたけど、余裕持ってやめたんだ」・・・だそうで・・(笑)
100杯食べれば記念の手形がもらえるけど・・ほど遠い・・・

(;´Д`)

東屋



⇒続きを読む

京都 カオロウ館

kyouto24

ラム ステーキ定食をいただく

祇園祭の土曜日夜6時半
お客さんは私一人・・・
超マニアックなシケシケの店内(笑)

なぜ?京都でラム?なのか・・・
聞きたい・・・が、シーンとして会話しにくい雰囲気・・

ステーキ定食の肉はでっかい
ボリューム満点 ウフッ

わぁーミディアムレアだー
ラムをレアで食べるのは初めて
私はラムは大好物だけどジンギスカンかラムシャブそれとラムチョップかなー
火はしっかと通っている食べ方しか知らないから・・・

ラム?って思うほどクセがない
それは私がラム好きだからそう感じるのか?羊を食べなれてるから?
いやいや本当に羊臭さが無い

kyouto25

付け合せのピクルスや温野菜
キャベツのカレー風味
ライスにスープ

kyouto26


私の友人が好きそうなシケシケのお店だ(笑)

カオロウ館





京都 祇園祭 宵宵宵山

kyouto11


祇園祭に数年ぶりに来た
毎年このお祭りの時期は暑いか・・・雨か・・・
どちらも懲りてしばらく来ていなかった

そして今回は少ーし混雑を避けて土曜日に!土曜は曇り(蒸し暑いけど)
それに人も少ない・・よかったぁ

kyouto12


動く美術館
本当に素晴らしい
「北観音山」は色使いも多く鮮やか
それぞれに特徴があるので昼間の楽しみはその違いを見て回る事

kyouto13

kyouto14

kyouto15

kyouto16

日が暮れて6時からは歩行者天国になるから
夜の鉾は灯りがともりロマンチックです

歩いていると張り紙に
「7月13日14日、浴衣の方は鉾に無料で上がれます」って、
それで浴衣の人が多かったのかも・・・
若い男女の浴衣姿は可愛らしい
私達マダム世代もいつも以上に美しい

来年はお天気が良ければ浴衣で来ようかなーなんて(笑)



。" ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚"






岩手 花巻南温泉峡 鉛温泉 藤三旅館

iwate23

日帰り湯で訪問 夕方5時
宿の人は今現在入れるお風呂の説明を丁寧にしてくれる
女性は2か所「桂の湯」「河鹿の湯」
男性は4か所「桂の湯」「河鹿の湯」「白猿の湯」「白糸の湯」
ん?
白猿の湯は混浴で女性も入れるのでは?
聞くと、女性用時間帯は3回あるが夕方5時は混浴だから・・・って

まずは、白猿の湯の入り口で長左衛門に確認してもらったところ
男性が3人入っている
湯船も小さくてお湯も透明しかも立って入るから
やめておけば?ってことで私は女性用の「桂の湯」へ

桂の湯の脱衣所で常連の御夫人と話してみると
毎月1回は必ず白猿の湯に入りに来るんだって
ここのお湯はそれはそれは素晴らしいって

女性が入れば男性は遠慮して出て行くから
だれも悪い人・変な人は居ないから
せっかく来たんだったら「白猿の湯」に入らないで帰るのはもったいないって
バスタオルのままサーっと行けば、荷物はここへ置いたままで良い

そうだ!!!
そうだよ!入るために来たんだから・・・行こう 思い切って

ガラガラーッ
長左衛門と目があった
やっぱり来たか・・・って顔、来ると思っていたみたい(笑)

ザブーンって入る
けっこう深くてお湯も熱い
あ~あまり長くは入って入れなさそう・・・
汗がどっとでる、温っまるぅ

隣の小さな丸い湯船はとってもぬるいからここで少し冷ましながら入ると良いかも

後で聞いた話だけど、男性達は見てなかったって、
目を背けていたらしい・・(笑)
これってマナーの良い紳士達ってことだよね!

再度桂の湯へ戻ると先程の御夫人がまだいて
思い切って入って良かった、すすめてくれて感謝しているとお礼を言いました



σ(゚ー^*)


藤三旅館







岩手 花巻温泉郷 大沢温泉 

大沢温泉には
山水閣に「山水の湯」「豊沢の湯」「貸切家族風呂」
菊水館に「南部の湯」
自炊部に「大沢の湯」「薬師の湯」「かわべの湯」

私達は菊水館に宿泊したので今回は5か所に入る事が出来る

iwate14


大沢の湯は混浴だ、女性専用の時間帯が20時~21時だけ
ヌルっとした感触の良い湯だ
開放感があるので向かい側の建物やすぐ近くの橋からお風呂が見える
湯船の前の脱衣所は男性用
脱衣所奥のほうの湯は熱めで手前側のほうがぬるめの湯

iwate15

湯船の向こう側の明かりがついている所が私達の部屋
長左衛門に約束通りお風呂から手を振ってみる(笑)

iwate16

私達の部屋から混浴風呂に人が入っているか見えるので混浴時間帯ではあるけれど
9時半頃2人しか入っていないのを確認して夫婦でいざ出発

混浴と言っても女性には専用の脱衣所があるのでOK

手前側のぬるめの湯に二人で入ると男性に話しかけられた
「ご飯のとき一緒にいた方ですね?」って、あーそういえば・・
自然に会話が弾むのでお互いに裸って忘れるくらい(笑)

横浜から来られた紳士で御一人で6泊するらしい
定年後に色々な温泉地を楽しんでいる
大沢温泉は大のお気に入りで中でも「大沢の湯」「薬師の湯」の2か所は
ここで働いている人もこの2か所しか入らないというほどの良いお湯なんだって
確かに良い湯だ(笑)

会話は30分以上も東北の温泉のあれこれと続く・・・
私達と紳士の温泉の好みがピッタリ意気投合しとても楽しい時間だった

この紳士のおかげで混浴風呂の醍醐味をあじわえる事が出来た
あ~
またどこかの温泉で出会えたらいいなぁ・・・




大沢温泉




⇒続きを読む

岩手 花巻温泉郷 台温泉 中嶋旅館

iwate1

台温泉の湯は地元の人達やタクシードライバーなどに定評のある温泉だ
「湯」をほめる人達が本当に多いのにビックリする

中嶋旅館の天然岩風呂
お部屋係りのお姉さんの話によると、
岩風呂を作ってその上に建物を建てたんだって・・・
まず最初にお風呂ありきで後から旅館を建てるなんて余程のこだわりです(笑)

岩風呂・・・そしてまさしく天然岩
ゴツゴツして底も平らでないので気を付けて
一番深い所は立って入ります

ハァー
こうしてみると大迫力です

iwate2

お湯は透明でヌルヌルっとした感触

iwate3

iwate5

iwate4

天然岩風呂ということで半地下にお風呂はあります
男女時間帯での入れ替え制で、
右側が「天然岩風呂」
左側が「大理石風呂」

中嶋旅館



⇒続きを読む

秋田 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉

akita1

江戸時代に発見された秘湯
混浴露天風呂は足元湧出の本物の湯
まさしく秘湯にふさわしい

混浴もこれで2回目
そしてここは乳白色の湯
女性にとっては入りやすい




この2か所の岩あたりからポコポコお湯が湧出していて熱めです

akita3



混浴露天風呂は横長なんだけど右側の方が少しぬるめかなぁ~
そして右奥の屋根のあるところから女性は混浴へ入ってくる場所です

akita2

多少の隙間はあるけど大きな岩が目隠ししてくれて
かがんで入れば案外平気です
あとはかがんだまま広い所へ出てくればOK
帰る時は、ギリギリまでかがんで歩いて出る時の一瞬の後ろ姿は
長左衛門が後ろをガードしてくれたのでこれもまたOK  フフ(^―^) 

akita4



女性用「中の湯」にある打たせ湯
この横から混浴風呂へ行きます

akita8

akita9


「中の湯」には女性用脱衣所 内湯 露天風呂 打たせ湯 があります
混浴へ行くも良し、行かずとも良し ですね!

akita7

akita5

akita6


実は・・・最初、中の湯へ行く途中に混浴風呂を横切るわけですが
入浴中の人達が見えて一瞬ギョッとしたんです
中の湯でやめようかと・・・
たまたま一人中の湯に入っていた女性に
「混浴へ行かれましたか?」って聞いたら「いいえ・・・」って
「一人じゃ行きにくいので一緒に行ってみませんか?」って誘ったら「OK」だったので

6時頃でもまだ明るくて男性も10名ほど入っていたので・・・
二人だと勇気が出たんですねー

一緒に入ってくれてありがとう  (*^▽^*)


どのお湯も乳白色の色なんだけど泉質が少しずつ違うということで
全部制覇しました(笑)



鶴の湯温泉




⇒続きを読む

オーストラリア ゴールドコースト

gc69

とうとう最後の夜です
地元の人から聞いたお勧めのイタリアンへ行きます

なに?このお店
めっちゃいい感じジャン!


gc70


しかもこのワイン 超オイシー
2本目に突入~(笑)

gc82

gc83

地元のお客さんとオーストラリアからの観光客などでめっちゃ混んでいます
ホエールウォッチングのツアーガイドさんのおススメで来たお店
現地ガイドさんたちが通うお店だけあるわ~
美味しくってリーズナブルで・・・
ワインもお手頃でしたよ!






⇒続きを読む

オーストラリア ゴールドコースト

gc62

最終日はショッピング
お買い物 おっ買い物ぉー
バスででっかいショッピングセンターへ行きました


ランチのお店は沢山あったんだけど
アルコールのあるお店って少なかったんだよねー
どこ覗いてもお酒がない・・・(笑)
・・・で、インフォメーションで聞くことに・・
ただ、英語が話せなくて困ったこまった
やっぱり勉強したほうがいいかなー

gc63

gc64

色々飲んでこのビールが一番のお気に入り
gc65

gc66


そして
クリスピードーナッツも!
(v^ー°)
gc67


ユーカリのオイル
はちみつ
ティムタム
スーパーで激安だったからいっぱい買ってしまいましたぁ
ウフ


オーストラリア ゴールドコースト

gc59
この上の画像一枚だけは記念写真についていたもの



だけど、
実際に見たんだから・・・嘘じゃないって
ただ、クジラがジャンプする時ってどこに現れるか全くわからなくて
「あっ」っと思った瞬間に撮ってもしぶきだけしか撮れなくて・・・
でも・・・
しぶきの大きさを見て下さい!
すごいでしょ?

オーストアリアでのホエールウォッチングはとても賑やか
船の上からクジラに大声で叫んだり
一緒に遊ぼうみたいに(笑)
全員で思い思いの事を言うの

私も「ジャンプしてぇー」って叫んだり
「ホーレホレホレホレ」みたいな何でも良いから声出したり

声に驚いて逃げないで興味持って寄ってくるらしいから

gc58


gc60

gc61

gc80

gc81

gc57

私、船酔いするんです
波に弱いみたい・・・波のうねりとかもダメ・・・

万全の準備に乗船する前に強力な酔い止めの薬を飲みました
オプショナルツアーのガイドさんに言わせると
薬は酔ってから飲むより、船に乗る前から飲んでおいた方が利くって

ツアーではちゃんと用意してあるからオプション申し込む時に
話しておいてよかったぁ






オーストラリア ゴールドコースト

日の出を見るために頑張って早起きしましたよ!

gc46

gc47

gc48


早起きしてよかったぁ~
感動ですよ
gc49

アボリジニは裸足なんだって聞いて真似したみたいだけど
そりゃあ寒くて寒くて・・・
結局砂浜は裸足で歩かなかったんだっけ(笑)
gc45







⇒続きを読む

オーストラリア ゴールドコースト

gc41

gc40


締め殺しの木とは亜熱帯雨林特有のイチジク属やツル植物の事を言う
宿生植物を絞め殺すのが特徴

熱帯雨林特有のくらい森林の環境の中、太陽光を巡って熾烈な競争が行われる
絞め殺しの木は着生植物として成長し宿生側の植物が枯死した場合は
中心部分が円筒状の空間となる

gc76

締め殺しのイチジクの木の内部
gc77


ワラビーに遭遇
カワイイ(*^-^*)
gc44





⇒続きを読む

オーストラリア ゴールドコースト

オプショナルツアーの昼食
とにかくバイクがすごかった
それもデカいバイク・・・ハーレーとかハーレーとか(それしか知らない・・)

gc34

私達はガイドさんが席を確保してくれていたから
すぐにランチが食べれたんだけど
ものすごいライダー達がいっぱいで店は大繁盛だった

gc35


gc36

gc37

gc38

gc39


昔見たイージーライダーって映画そのもの
こんなバイクがいっぱいあって
さっすがオーストラリアだわ



⇒続きを読む

オーストラリア ゴールドコースト

gc24


「スプリングブルック国立公園」
世界自然遺産 亜熱帯雨林 オーストラリア特有の動植物の宝庫


数億年前
インドや南極 オーストラリアがまだ一つの大陸だった時代の
動植物が現在もほぼ昔のまま生息している

だから
エコガイドのお兄さんは
ここからは枯葉一枚たりとも持ち出すことはしないように
そして
ここには何一つ持ち込んでもいけない

そうして自然そのままの状態と観光することのバランスを保つのがこの約束なんだね




樹齢2000年のナンキョクブナ
gc25

gc75

gc30


展望台と数多くの滝で有名
gc33




⇒続きを読む

オーストラリア ゴールドコースト

gc22

地元の人たちが来るレストランでディナー
gc18

オージービーフ
めっちゃ柔らかくて美味しい
これがオージービーフ?っていうくらい美味しかったよ
さすがにボリュームもたっぷり(笑)
gc19

gc20


ガイドさんとドライバー 記念撮影
gc21

gc93

ナチュラルブリッジの土ボタルと星の鑑賞のオプショナルツアーに参加する
土ボタルは撮影禁止
残念ながら星空も撮れてない・・

土ボタルは一人1個懐中電灯を持って足元を照らしながら歩くのだけど
絶対に蛍を照らしてはいけないルール!
暗闇の中を歩くのって大変だった、洞窟に近づくにつれて足元も濡れてくるし・・

だけど洞窟のホタルはまばゆい光で
私は青白い光に見えたけど人によって色の見え方が違うらしい
ホタルは壁一面にビッシリと光っていて
一匹一匹飛んでいることはない
来てよかったぁ

星空は真っ暗闇の中で見るからそれはすごい数
星 ほし ★ ☆ って言うくらい
星の名前を色々言ってくれるんだけど
予備知識が無くて・・・どれなの?って聞いても良くわかんなかった
少しは日本で勉強しとけば良かったよ


レストランはホントに地元の人たちが良くくるみたいで
料理も美味しくてワインも安い(笑)
夜で見えなかったけどゴルフ場があるんじゃないかな
次はゴルフで来たい




オーストラリア ゴールドコースト 

gc13

昼間は嘘のようにポカポカしていて・・・
半袖短パンの人もいれば、ブーツの人がいたり・・・
オージーの体感温度は日本人とは違うわぁ


みんなお酒好き!
オーストラリアのビールはどんな味かな?
gc8

gc9

gc10



ストリートパフォーマー
ホントに動かないんですって
チョッと目を離すと動いてるぅ~
ちゃんと握手してくれるんです 
(v^ー°)
gc11



まさに秋晴れなんですね
gc12






⇒続きを読む

オーストラリア ゴールドコースト

gc1


ゴールドコーストは秋
でも秋って感じが全くしない(笑)

今回の旅はお友達と一緒です・・・ワクワク

早朝の到着
送迎のガイドさんに、空港で朝ごはんの時間をもらって皆で朝食
軽ーく食べようと思ったら・・・けっこうなボリューム
ここはオージーの国だったぁ~

gc2




ホテルに荷物を預けチェックインまでまずはバスに乗って
CARRARA MARKETS(カラーラマーケット)
土日のみの開催だから今日来ないといけなかったんだ

gc3

gc4

gc5

gc6

gc7

洋服・アクセサリー・靴・下着・本・ガーデニング・レストラン・果物・野菜
などなど・・・小さなお店がギッシリ(笑)


カラーラ・マーケット


⇒続きを読む

大坂 千里中央

kazu7

魚料理に定評のあるお店です
新鮮でリーズナブルなのはモチロンおすすめ料理の品数が豊富で
メニューがそれはそれは多くて・・・あれもこれも食べたいけど迷っちゃう



最後の〆に注文した高菜のバッテラ
酢飯じゃないし鯖も酢でしめてない?
kazu8

お造りの盛り合わせ、お任せでーす
2人分の量だけど4人で行ったからちゃーんと4切れにしてくれたぁ(笑)
kazu1

カニづくしの一品
カニみその甲羅
kazu5

kazu10

5時半にお店に入って4時間もしゃべりっぱなし(笑)
来る時のタクシーの運転手さんが5時半から飲むの?なんて聞かれて・・・(苦笑)
お腹一杯で~す

☆L(´▽`L )♪

包丁一本 味処 和 千里中央店
〒560-0083
大阪府豊中市新千里西町3-2-12
06-6872-5244







⇒続きを読む

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

日本の旅で感じる (6)
札幌 (95)
札幌を観光 (25)
札幌で食事 (54)
札幌の温泉 (1)
札幌のお土産 (9)
小樽 (12)
小樽を観光 (3)
小樽で食事 (7)
小樽のお土産 (2)
北海道  道央 (39)
道央を観光 (16)
道央で食事 (15)
道央の温泉 (8)
帯広 (6)
帯広を観光 (3)
帯広で食事 (3)
北海道  道東 (1)
道東で食事 (0)
函館 (9)
函館を観光 (4)
函館で食事 (4)
函館のお土産 (1)
北海道  道南 (13)
道南を観光 (1)
道南で食事 (3)
道南の温泉 (9)
青森 (15)
青森を観光 (3)
青森で食事 (3)
青森の温泉 (7)
青森のお土産 (2)
秋田 (11)
秋田を観光 (6)
秋田で食事 (1)
秋田の温泉 (4)
秋田のお土産 (0)
岩手 (16)
岩手を観光 (5)
岩手で食事 (2)
岩手の温泉 (9)
岩手のお土産 (0)
茨城 (1)
茨城を観光 (1)
栃木 (1)
栃木を観光 (1)
栃木の温泉 (0)
東京 (3)
東京のお土産 (2)
石川 (2)
石川で食事 (1)
福井 (7)
福井を観光 (2)
福井で食事 (4)
福井のお土産 (1)
滋賀 (2)
滋賀の観光 (1)
滋賀のお土産 (1)
京都 (44)
京都を観光 (20)
京都で食事 (23)
京都のお土産 (1)
奈良 (12)
奈良を観光 (5)
奈良で食事 (4)
奈良の温泉 (3)
大阪 (18)
大阪を観光 (15)
大阪のお土産 (3)
兵庫 (44)
兵庫を観光 (12)
兵庫で食事 (21)
兵庫の温泉 (1)
岡山 (5)
岡山を観光 (2)
岡山で食事 (3)
福岡 (10)
福岡を観光 (4)
福岡で食事 (3)
福岡のお土産 (3)
佐賀 (26)
佐賀を観光 (15)
佐賀で食事 (3)
佐賀の温泉 (6)
佐賀のお土産 (1)
長崎 (2)
長崎を観光 (1)
長崎で食事 (1)
熊本 (1)
天草 (8)
天草を観光 (5)
天草で食事 (1)
沖縄 (3)
沖縄を観光 (3)
青春18切符の旅 (15)
海外の旅で感じる (97)
フランス (14)
イタリア  (34)
スペイン (9)
ホーチミン (5)
マレーシア (15)
韓国 ソウル (0)
韓国 釜山 (10)
ゴールドコースト (10)
食事を楽しむ (139)
大阪レストラン (49)
大阪カフェ (4)
大阪ベーカリー (1)
大阪ラーメン (2)
大阪蕎麦 (1)
スイーツ (10)
チョコレート (13)
お土産頂きました (7)
私の手料理 (3)
スムージー (7)
ワイン (39)
美しさを追求 (51)
着物 (29)
ダイエット情報 (6)
ダイエット結果報告 (6)
品性を鍛える (13)
その他 (29)
季節の行事 (19)
ご挨拶 (4)
マンガ&ゲーム (2)
未分類 (0)

kawanger

Author:kawanger
長左衛門(ちょうざえもん)とは夫、家長が代々襲名する名乗りの「屋号」で田舎では会話の中で名字より屋号を使う事が多く、私はまだ良く理解していないのですが面白いので今後の記事の一つにしていきたいと思います。

寅美(とらみ)とは私、「屋号」なんてない都会?生まれ、単純に「寅年」から。

いつも、長左エ門&寅美のブログをご覧頂きありがとうございます。サイト内の文章や写真の無断使用・転載はお断りしておりますのでご了承くださいませ。今後とも魅力のある内容に勤めてまいりますのでどうぞ応援宜しくお願い致します。

ご紹介しておりますお店の情報は行った時点での情報です、ブログの記事が古い場合は情報が更新されていない事もありますので、最新の店舗情報は直接確認して頂きますようご注意下さいませ。

FC2Blog Ranking

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。