感性に直撃  旅&食&美&品 ~ Wonderful World ~

長左衛門&寅美

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月の着物

今月からは人を着せる練習を始めた
来年の新年会に私と友達は着物で出席することにしたから、いまから必死で覚えなくては(笑)

友達には「乙女太鼓(おとめだいこ)」
この帯に決めた! 自分は普通に御太鼓にしようっと!
生徒さんの出来上がりを撮らせてもらった(私が結んだ帯ではありません)

kituke16


私が着せた着物はグタグタで・・・とてもお見せできないので
逆に着せてもらった振袖の帯を撮らせてもらった
ここまで結べるようになるにはあとどのくらいかかるのだろう・・・ハァ

kituke14

kituke15


自分で着るのと人に着せるのと、感覚がイマイチつかめない・・・
紐がきつかったら遠慮なく言って下さいね

(´_`。)



スポンサーサイト
北海道 札幌市内

週末の大雪には本当に参ったぁ・・・
テレビで青森県の酸ヶ湯温泉は積雪記録を更新したとニュースで見た・・・

今シーズンの冬はどうしてこんなに雪が降るんだろう?
札幌市内の普通の道路が恐ろしいほど雪の山に覆われていた

人の背丈以上の高い雪の壁・・・フゥー・・・トラックの高さもあるかと思うほど
除雪車が削り取っては積り、そして繰り返す・・汚れが層のようになって数カ月間が読み取れる

sapporo297


乗用車なら脇道から出て来る車が大通りからは見えない!
スピードはゆっくりチョットづつ出てきてよー


街路樹や電信柱の周りは除雪車は雪を残していくからこんな雪の山が出来る・・・危ないよー

sapporo298




見てみて(笑)
これが今回のレンタカー
すっぽりと雪の中・・・たった一晩ですよ
昨夜8時頃停めて朝の8時にはこの状態・・・これじゃ札幌市民もうんざりだよね

sapporo295


20~30cmは積もっている
スキー場じゃないんですよ(笑) 札幌市内の住宅街ですよー(笑)

sapporo296


昔、ひと冬に降る雪の量は決まっている・・・と聞いたことがある
私も信じていた
「そうかぁ、1月に降っても後半は雪が少ないとか・・・その逆もあるけど、雪の量はトータルで一緒なんだ」
でも・・・
今年はいつもの年の1.5倍はすでに降り積もっているとみんな口々に言う

神様~ どうか、3月はこのまま溶けて春が早く来るようにお願いしま~す(笑)

(; ̄д ̄)ハァ↓↓



イタリア フィレンツェ

シニューリア広場
メデューサの頭を持つベルセウス

itaria203


ヴェッキオ宮殿が見える

itaria202


フィレンツェでは
「イノシシの鼻を撫でると幸せになれる・またフィレンツェに戻ってこれる」
などと言われています

私達はイノシシの鼻をコインで撫でてお願い事をしながらコインをポトリと下へ落とすと
穴の中へコインが入ったら願いが叶う!っていうのも聞きました

itaria199


レプッブリカ広場

itaria198


ポンテ・ヴェッキオ橋
ウフィツィ美術館からみたブェッキオ橋

itaria205


ブェッキオ橋から見たアルノ川

itaria201

ヴェッキオ橋には貴金属店が多くて、なんで?って思った

itaria200


L Enoteca ワインショップ
エノテカ?って私がネットで買うお店と一緒だぁ、関係あるのかなァ?
それにしても・・・中には美味しそうなワインがズラリと・・・(笑)

itaria206



イタリア ワイン

イタリア旅行中にいったい何本のワインを飲んだんだろう?
1.99€~7.99€のお手軽ワインをジャブジャブ(笑)

itaria229


当たり外れはぜんぜん気にしなーい!
飲んで酔えたらOK!

itaria230


木箱に入った高級ワイン?
・・・でも、ホコリかぶってたよ(笑)

itaria231


約20年ぐらい前のワインの数々・・・
ボトルは寝かしていなかったのはお値段お手ごろだから?

itaria232

40年以上も熟成されたワインが・・・
やっぱり寝ていない?(笑)
ワインセラーで管理されているわけじゃないし

itaria235

itaria236

itaria234

itaria233


ワインは瓶に詰められた後でも熟成が進み風味は変化を続けると聞きます
一部のワインは50年以上もの熟成に耐えるものもありますが
多くは1~10年ほど、長いもので20~30年だそうです

安価なワインには熟成されて品質が向上するものはあまりなく、
むしろ早く飲んだほうがいいとされています

もし、
自分の年齢のワインを戴いたなら?
きっと”大物のワイン”でしょうから、準備を整えて美味しくいただく事にしましょう(笑)

(*^-^*)




イタリア フィレンツェ

トスカーナ州フィレンツェの名物料理といえばこれです
”ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ”

焼加減はウェルダンをリクエストしました
血がしたたるような・・・・・はチョッと遠慮したかったんです(笑)

itaria157


イタリアのビール

itaria154


もう一つの名物料理は臓物のパテ
ん~あんまり好きな味じゃなかったわぁ・・・

itaria155


パンは・・・やっぱり固い&パサパサ

itaria156


デザートはアイスクリーム
これば世界共通!美味しい!

itaria158


ホテルのレストラン

itaria161

itaria162


(0^ー^0)




イタリア ピサの斜塔

ピサのドゥオモ(大聖堂)の鐘楼である
傾斜の原因は地盤の土質が不均一で南側の土質が柔らかく
年月を経るにつれて傾き始めたとされている

itaria170


ピサに到着して駐車場からの移動はこんなカワイイ乗り物で移動します
ピサの斜塔までは歩くと結構遠のです

itaria165

itaria167



大聖堂と斜塔
こうしてみると本当に傾いているのが比較できる

itaria168


この通りから写真撮る人が多く皆、斜塔が倒れないように支えるポーズが定番

itaria169


斜塔に登って上から大聖堂をみると十字の形の建物だった
左奥の丸い建物は洗礼堂

itaria171


斜塔に登るには予約が必要
一度に登れる人数が決まっているので、
チケット売り場で登りたい時間帯を選び残人数を確認してチケットを購入、
さらに、カメラ・ビデオ以外の手荷物は預けて下さい

私達は一気に階段を駆け上り一等賞です!
傾いた階段は登りにくかった・・・

itaria172



みんなあの通りから、定番ポーズで移しているんだろうねぇー
「オーイ!」
itaria173



勇気がある人はこんなポーズはいかが?(笑)

itaria174

o(*⌒―⌒*)o






イタリア ベローナ

シェイクスピアの”ロミオとジュリエット”でこのバルコニーからジュリエットは
「おおロミオ、あなたはどうしてロミオなの?」と嘆いたとされている

itaria62




ジュリエットの胸に触ると”幸せな結婚が出来る”とか”幸せになれる”とか・・・
写真を撮る長蛇の列に私達は一人ずつ撮るのをあきらめ3人まとめてパチリ(笑)

itaria63



ジュリエットの家へ向かう途中
素敵なお店がズラリと・・・

itaria67



Arena(アレーナ)
コロッセオと同じ円形闘技場です イタリアの中で最も保存状態が良いと言われているそうです
夏は野外オペラフェスティバルを開催

itaria60





ブラ広場
アレーナが見えたり
バルやレストランもたくさんある

itaria69

広場の前の噴水

itaria59

市庁舎

itaria58

カフェ&レストラン

itaria68



ベローナはこんなに高い城壁で囲まれていた

itaria56


城壁と城壁の途切れたところに交差点があり向こうの風景が見える

itaria70

(゜∀゜)メ(゜∀゜)メ(゜∀゜)


マリベル 
「MILK WITH FLEUR DE SEL」
ミルク・ヴィズフルール・ド・セル
チョッピリ塩味のするチョコレート

choco27

試食して即買いした!メッチャ美味しかった!
ニューヨークと京都にお店があるみたい

(v^ー°)

マリベル





”モンテス・クラシックシリーズ  シャルドネ”

チリワイン白
フレッシュで軽い
酸味がちょうど良くて好き

v(@∀@)v


wain15

wain16

イタリア ミラノ

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 ガッレリア
二つのアーケードに覆われドゥオーモからスカラ座へ通じているショッピングモール

アーケードの交差するところにあったマクドナルドは今年はなくなっていた・・・
以前来た時は無料のトイレなので使わせてもらったのになぁ
初イタリアで、
「トイレに便座がなーい!」の洗礼を受けた思い出の場所だったんです(笑)

itaria38


価格が良心的なカフェ

itaria24

itaria23



アーケードの交差点には青いタイルの牡牛のモザイクがあって
その股間部分に踵をあわせてクルリっ一回転すると幸せが訪れるという
旅行者は再びミラノに戻れるなんて言い伝えもあるとか

6人とも順番にやりましたとも!
これで全員又ミラノに来れるね(笑)そして幸せも!

itaria25



スフォルツェスコ城

ミラノの城塞
もともとは星形の城郭みたいです、函館の五稜郭と一緒?かな
現在は美術館でミケランジェロの最後の作品が有名です
レオナルド・ダ・ヴィンチの作品もある
二人はライバルだったとか・・・(笑)

itaria40

itaria41



ミラノの市電?(笑)
日本のちんちん電車と全く同じだね

itaria42


ミラノはイタリア第二の都市
世界中のファッションの発祥地でもある

私の勝手なイメージは、
日本で言うなら”札幌”みたいな感じかなー
1月のミラノは「しばれるぅ~」って言うくらい寒いから!





⇒続きを読む

イタリア ミラノ 


itaria43


あ~ のどが渇いたぁ
ビール好きの友達は「ビールなんて水だー!」って言っていた事を思い出す(笑)
イタリアビールは軽くって飲みやすいから

itaria46



ランチのメインはカツレツなのだからワインは赤にしようっと!

itaria47



リゾットは超シンプル
でも味はしっかりついていて美味しい お米の固さもちょうど良い

パンは・・やっぱり固い・・そしてパサパサしてる・・・(笑)

itaria48



うわぁ~ めっちゃでっかーい

でも薄いからこんなに大きくても食べれちゃいましたぁ
レモン搾ってさっぱいだったから美味しかったです

itaria49


残念なデザートでーす(笑)
素材を生かしたシンプルな味です(そのまんまただのフルーツです)

itaria50

itaria54



これ!これが飲みたかったんです
”ランブルスコ”


最初、赤のスパークリングワイン下さいって注文したら
「ランブルスコ」って教えてくれた
イタリアの甘くて美味しいランブルスコ
私のお気に入りです

スパークリングワインではなくて”天然弱発泡性の赤ワインだと初めて知った

itaria45

itaria44

itaria55

イタリアで飲むワインはどれも美味しい
赤も白もランブルスコも・・・

こうして自分の好みのワインを探す旅は続く(笑)

(^―^) (^―^) (^―^) 





ピエール・エルメ 「マカロン」


choco23

choco24


美味しさは言うまでもない!
私が感動するのはマカロンの食感&マカロンの大きさ

フワッそしてサクッ・・・ん~何とも言えない食感!

そしてこの大きさ!

ホントにほんとうに、ちょうど良い大きさです
一口では食べきれない・・・けど・・・二口目は少し物足りない(笑)

小さくもなく大きくもない  だけど食べごたえはある  
1個でも十分満足感を味わえる(笑)


(*^ワ^*)











ミラノのドゥオーモは世界最大のゴシック建築で500年もかけて造られた

itaria27


ゴシック建築の特徴は
尖ったアーチ
飛び梁
などの工学的要素が技術的な特徴だが本質は全体が一定のリズムで秩序づけられている
美的効果の方が重要です

ドゥオーモには135本の尖塔があり天辺には一つ一つに聖人が立っている
一番高い位置には金のマリア像があり、昔はこのマリア像より高い位置に建物を建ててはいけないとされた

ドゥオーモにはエレベーターで登ることが出来る
正面入り口ではなく裏に回って下さい


itaria26



入ってすぐ右側にはステンドグラスが時代ごとに並んでいます
一番右端が最も古く左へ進むにつれて時代が新しくなっている
特に右から2~3枚は大変古くガイドさんが”見てきてね”とアドバイスをくれた

itaria28


ステンドグラスの一つ一つがキリスト教の物語となっている

itaria29

itaria30



ドゥオーモは入場無料で見学が出来るが写真を撮るのは料金が必要で、
入り口を入ってすぐのカウンターでお金を支払ってカメラにタグを取り付ければOK
堂々と撮影できます(笑)

ドゥオーモ内でのガイドの説明は禁止されているので、
現地ガイドさんからの説明を一通り聞いてから個人で内部を見学します

itaria32



内部はシーンと静まり、神聖な空気が流れています
さすがの関西人もここではおしとやかでした(笑)

itaria33


壮大な造りと繊細な作りにミラノを感じます

itaria34



お祈りをしている人と女性にはカメラを向けないで下さい・・・マナーです!

信仰深い方たちがジッーっと座ってお祈りをささげていますから
自然と私達も厳かな気分になります

itaria25

お祈り?女性?(笑)
写真用にチョッとやっちゃいました アハハ

itaria26

o(^-^)o






ヴェネツィア観光は徒歩で!


私達が見たヴェネツィアの観光スポットは、全部で7ヶ所
サン・マルコ広場
サン・マルコ寺院
ドゥカーレ宮殿
コッレール博物館
ため息橋
カナル・グランデ大運河
リアルト橋



サン・マルコ寺院
ビザンティン建築というバシリカとドームを融合したキリスト教の礼拝空間では新しい形態である

itaria112

福音記者マルコにささげられた大聖堂
福音記者はキリスト教の新約聖書に収められている4つの正典「福音書」の記者を表す
・マルコ 獅子
・マタイ 天使
・ルカ  雄牛
・ヨハネ 鷲

itaria129

イタリアでは数多く見られるドゥオーモ(大聖堂)とは違い、
公式には礼拝堂であったため長い間「寺院・聖堂」と呼ばれ、
大聖堂となった現在も一般的には寺院と呼ばれている





サンマルコ広場

ヴェネツィアの中心地、玄関口
特に冬は高潮の影響で広場が浸水する

itaria110


ドゥカーレ宮殿

itaria103



コッレール博物館

itaria113



カナルグランデ大運河

ヴェネツィア本島を逆S字に走る運河

itaria118

itaria119



リアルト橋

itaria117

itaria120

itaria121

!(●´∀`)ノ+゜*。




アメリカ・ロサンゼルスのチョコレート
”YVAN”

choco21


”ダーク” ”プラリーヌ ミルク” ”ホワイト コントロー”
最初に食べたのはホワイト・コントロー
わぁ~なんてフルーティで爽やかなんだろう!!

choco22


「幻のチョコレート」と呼ばれるほど
ハリウッドスターや限られた顧客のみに販売するという手に入らないチョコレート

梅田の阪急百貨店でバレンタインの時期にだけ買う事が出来る

マダム世代の私はバレンタインと言っても本命も義理もそれほど興味はない(笑)




興味あるのは自分へのご褒美チョコ!
希少価値・特別な品・限定品・etc・・・
ご褒美をもらうような事は特にしていないが・・・
上質なチョコを食べてみたい!

(*´ー`*人*´ー`*)




ヴェネツィアのワインと言えば「ソアヴェ」
イタリアワイン白
”ソアーヴェ”とはイタリア語で”気持ちいい”という意味 ウフッ

さっぱりした飲み口で軽い、ゴクゴク飲んだ(笑)
6人で1本じゃ・・・足りない・・・

itaria73

itaria74


イタリアンパンはあんまり美味しくないんだよねー(ゴメンナサイ)
固くって冷たくってパサパサで・・・
私だけかな?こんな感想?・・・

itaria75

itaria76



イタリアではパスタが前菜にあたるそう、メインの皿はその次です
イカ墨パスタ・・・皆でお決まりのお歯黒撮影会(笑)
パチリ!パチリ
あまりにもお見苦しいので・・・

itaria77

itaria78



メインは魚
ん~ホッケのような白身で淡白な・・・でも、身は大きくとりやすい魚でした

itaria79



アップルパイ
素朴な甘さで好印象!
甘さがゴテゴテっとしていなかったからシンプルで美味しい

itaria80


ビール好きの友達はイタリアでも1杯目はイタリアビールを飲んでいた
ビールは水のように軽くって喉にスーッと吸い込まれる感じ(笑)

あ~飲みすぎだ・・・なぁ~

itaria72

itaria71


イタリアワインは何故こんなに飲みやすいのか?
軽いんだよねー
うん!
「ヴィーノ ロッソ」「ヴィーノ ビアンコ」「サルーテ!」

。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。    ♪



”タバリ レゼルヴァ ピノ ノワール”

チリワイン赤
軽くてサラッとした飲みやすさ
酸味の感じも好き

( ´∀`)

wain12

wain4

ヴェネツィア(イタリア読み) ベニス(英語読み)

水の都ベニスでランチ
海に囲まれているのでシーフードが美味しいです


私はワインを!

itaria145


イタリアのビール

itaria146


シンプルな貝のパスタ・・・でも見た目より味はしっかりと付いていた

itaria147


イカリング(笑)とイワシ?かな・・・イワシ残しちゃったから・・・
サラダはドレッシングが美味しかった

itaria148


チョコレートケーキは「ボーノ!」

itaria149





サンマルコ広場は最初は水没していたから臨時の高床が組まれていたけど
だんだんと潮が引いて、観光しているうちに撤去されたようだった

サンマルコ広場のジェラード屋さん
”ピスタチオ”を食べ比べるのが今回の旅の目的の一つ(笑)

itaria140

itaria141



サンマルコ広場の老舗カフェ「フローリアン」
カフェラテ発祥のお店

itaria142

itaria410


ヴェネツィアでゴンドラに乗ろう!

私達は6名、ちょうど定員だ
関西なまりのイタリア語・関西なまりの英語で交渉のスタート(笑)
最初のいい値は6人で€100
私達はそれを€80に値切る・・・(笑)
時間やルートを交渉してみるが・・・なかなかまけてくれない・・・

€100で決定!
そのかわり、ゴンドラに乗りながら歌を歌ってもらうことと希望通りの時間で手を打つ!
さて乗船だ(笑)

itaria135


ゴンドリエーレは ”カルロス”
とってもいい声で、聞き惚れるほど
知っている曲は私達も一緒に歌うから楽しい、めっちゃ賑やかなゴンドラだ

itaria134



窓からのぞくマダムが手を振ってくれる
「ボンジョルノ」

itaria136


何艘の舟にも行きかうけど、歌を歌っている舟はこの舟だけ!
関西人のノリとイタリア人のノリはやっぱ一緒なんだわ!・・・と確信した(笑)

始終、歌や説明で大盛り上がり(笑)
笑って笑って時間があっという間にすぎる

itaria137


ため息橋

itaria415



ヴェネツィアは今にも沈みそう・・・
海が・・・波が・・・

itaria108

itaria107



サンマルコ広場のゴンドラ乗り場から乗船です

itaria106



ゴンドラに乗り戻ってくると潮が引いていた
時間でこんなにも変化するんだー

カルロスもメッチャ喜んでくれた
「一緒に写真撮ろう」って誘ったら舟を固定するから待っててって・・・
オメカシして来たから「さっすが!ベッロ(いい男)!」
カルロスの同僚にみんなで写してもらった、パチリ

itaria138

o(*^▽^*)o


2013年バレンタインデーのチョコレートは
牟尼庵のドンペリニヨントリュフにしました

(*^-^*)


choco20

choco19


長左衛門は今年に入って禁煙&禁酒に頑張っているので
”ドンペリ”をチョコで味わってもらおうという私のやさしい気持ちです(アハハ)
バレンタイン限定商品です!


牟尼庵





友人6名でイタリアを満喫した
「笑顔」 ”えがお” ースマイルー
みんないい顔しています
ヾ(@^▽^@)ノ



ローマ 真実の口

itaria400




ローマ パンテオン

itaria401



ローマ スペイン階段

itaria402



ローマ テルミニ駅近くのレストラン

itaria403



フィレンツェ 

itaria404



ミラノ ドゥオーモ内

itaria405



ミラノ ドゥオーモ

itaria406



ベネチア ゴンドラ

itaria407



ピサ斜塔

itaria408



イタリア旅行のきっかけは・・・
「今度はイタリアに連れって!」と言う一言から・・・
ちょうど真夏のビアガーデンでみんなで酔っぱらっている時だし
勢いというか・・・流れで・・・皆も
「私も行くー、じゃあ私も、・・・」と(笑)

6人中2名は私と長左衛門と前回スペインへ行った友人
口火を切ったのはその中の一人!
また一緒に連れてってェー

イタリアのバーゲン時期めがけてさあ出発ーッ!!!

(0^ー^0)



アンチエイジング(緑茶・抹茶・紅茶)

ほろ苦い抹茶と豆乳は相性バツグン

sumu-zi-5


「抹茶豆乳」
抹茶     小さじ2
熱湯     大さじ1
豆乳     200ml
はちみつ   小さじ1
 

抹茶は熱湯でとく
すべての材料をミキサーで撹拌する

ー本より抜粋ー


─ヽ(*´v`*)ノ─!!



京都 マールブランシュのお土産を頂きました



「お濃茶フォンダンショコラ」

sui-tu1


非常に濃いお抹茶
コッテリ(笑)なのに甘さ控えめ・・・

sui-tu2




おたふく
お正月らしいですねー

sui-tu3


焼菓子の詰め合わせでした

sui-tu4

マールブランシュ


”パルヴァ・レス ピノ・グリージョ”

イタリアワイン白
軽い飲み口で程よい酸味
ん~白ワインは酸味がある方が好きかなやっぱり

v(。-_-。)v


wain5

wain6
北海道 札幌市



円山にあるケーキ屋さん「ラ・ポムベール

sapporo291

sapporo292



私の大好きな六花亭
ストロベリーチョコは自宅用としてミニサイズを購入

sapporo293

sapporo294



六花亭の新製品

キャラメルなんだけどピーナッツ入りでサクサク

sapporo289

sapporo290



これも六花亭

パイのようなサクッと感

apporo287

sapporo288

六花亭は空港の商品と円山店の商品とは品ぞろえが違う
だからいっぱい買っちゃうんだよねー

─ヽ(*´v`*)ノ─!!




北海道 北広島

札幌から千歳空港へ向かう途中に高速道路を”北広島”で降りてランチに向かった
直売所では地元のお野菜、北海道の特産物がいっぱい

sapporo278

sapporo279



関西じゃ見かけないような種類のお野菜もあって楽しい
あれも・これも・・・買って帰りたいなぁ

sapporo275

sapporo276

sapporo277

sapporo280

sapporo281

sapporo282


くるるの杜は”農村レストラン””直売所”
他にも農業体験やいろいろな催しがあるので子供と一緒に体験できるところが良い
夏休みの宿題や自由研究にももってこいの場所だね

くるるの杜

⇒続きを読む

お料理の追加や補充も次から次とあるので
ついつい食べ過ぎてしまいますが店内はゆっくりと出来るお席なので
食べて&おしゃべり&食べて&おしゃべり・・・が続きます

食材は北海道産をメインに他府県からの新鮮野菜を使用しています
味付けも素材の味をそのまま生かすようシンプルです

家庭の味そのままの素朴さなのですが、お客様は主婦が圧倒的に多く(笑)
どのお席のマダム達も何度もおかわりしていました
おしゃべりとお食事とあたり一面の雪景色をたっぷりと堪能できました

sapporo267

sapporo268


少しずつと思ってはいてもいつの間にやらお皿にはてんこ盛り(笑)

sapporo269



秋に収穫されたとうきびかなぁ~?

sapporo266



平凡なサラダも産地ならではの新鮮さが一番のごちそう!

sapporo265



このお味噌汁・・・あ~ 母を思い出します(笑)
「おかあさーん」ってお味噌のコマーシャル知っている人?いるかな?
きっと私と同年代だよ

sapporo264



⇒続きを読む

北海道 北広島

札幌近郊にあるホクレンの”くるるの杜”にあるバイキング形式のレストラン
直売所から届いた北海道産野菜をふんだんに使った家庭料理が並びます

電話で予約した方が確実!

sapporo251

sapporo250


さぁー2時間の食べ放題のスタートです(笑)
何にしようかなぁ・・・

sapporo252


最初から食べ過ぎ?(笑)
でもチョットづつなんですよー

sapporo263-1

本当に種類が多くて、全部食べてみたいので少量ずつ数回にわけて食べるのですが
もう・・・お腹いっぱいで、それでも全部食べる事は出来ませんでした(笑)

くるるの杜 農村レストラン





⇒続きを読む

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

日本の旅で感じる (6)
札幌 (95)
札幌を観光 (25)
札幌で食事 (54)
札幌の温泉 (1)
札幌のお土産 (9)
小樽 (12)
小樽を観光 (3)
小樽で食事 (7)
小樽のお土産 (2)
北海道  道央 (39)
道央を観光 (16)
道央で食事 (15)
道央の温泉 (8)
帯広 (6)
帯広を観光 (3)
帯広で食事 (3)
北海道  道東 (1)
道東で食事 (0)
函館 (9)
函館を観光 (4)
函館で食事 (4)
函館のお土産 (1)
北海道  道南 (13)
道南を観光 (1)
道南で食事 (3)
道南の温泉 (9)
青森 (15)
青森を観光 (3)
青森で食事 (3)
青森の温泉 (7)
青森のお土産 (2)
秋田 (11)
秋田を観光 (6)
秋田で食事 (1)
秋田の温泉 (4)
秋田のお土産 (0)
岩手 (16)
岩手を観光 (5)
岩手で食事 (2)
岩手の温泉 (9)
岩手のお土産 (0)
茨城 (1)
茨城を観光 (1)
栃木 (1)
栃木を観光 (1)
栃木の温泉 (0)
東京 (3)
東京のお土産 (2)
石川 (2)
石川で食事 (1)
福井 (7)
福井を観光 (2)
福井で食事 (4)
福井のお土産 (1)
滋賀 (2)
滋賀の観光 (1)
滋賀のお土産 (1)
京都 (44)
京都を観光 (20)
京都で食事 (23)
京都のお土産 (1)
奈良 (12)
奈良を観光 (5)
奈良で食事 (4)
奈良の温泉 (3)
大阪 (18)
大阪を観光 (15)
大阪のお土産 (3)
兵庫 (44)
兵庫を観光 (12)
兵庫で食事 (21)
兵庫の温泉 (1)
岡山 (5)
岡山を観光 (2)
岡山で食事 (3)
福岡 (10)
福岡を観光 (4)
福岡で食事 (3)
福岡のお土産 (3)
佐賀 (26)
佐賀を観光 (15)
佐賀で食事 (3)
佐賀の温泉 (6)
佐賀のお土産 (1)
長崎 (2)
長崎を観光 (1)
長崎で食事 (1)
熊本 (1)
天草 (8)
天草を観光 (5)
天草で食事 (1)
沖縄 (3)
沖縄を観光 (3)
青春18切符の旅 (15)
海外の旅で感じる (97)
フランス (14)
イタリア  (34)
スペイン (9)
ホーチミン (5)
マレーシア (15)
韓国 ソウル (0)
韓国 釜山 (10)
ゴールドコースト (10)
食事を楽しむ (139)
大阪レストラン (49)
大阪カフェ (4)
大阪ベーカリー (1)
大阪ラーメン (2)
大阪蕎麦 (1)
スイーツ (10)
チョコレート (13)
お土産頂きました (7)
私の手料理 (3)
スムージー (7)
ワイン (39)
美しさを追求 (51)
着物 (29)
ダイエット情報 (6)
ダイエット結果報告 (6)
品性を鍛える (13)
その他 (29)
季節の行事 (19)
ご挨拶 (4)
マンガ&ゲーム (2)
未分類 (0)

kawanger

Author:kawanger
長左衛門(ちょうざえもん)とは夫、家長が代々襲名する名乗りの「屋号」で田舎では会話の中で名字より屋号を使う事が多く、私はまだ良く理解していないのですが面白いので今後の記事の一つにしていきたいと思います。

寅美(とらみ)とは私、「屋号」なんてない都会?生まれ、単純に「寅年」から。

いつも、長左エ門&寅美のブログをご覧頂きありがとうございます。サイト内の文章や写真の無断使用・転載はお断りしておりますのでご了承くださいませ。今後とも魅力のある内容に勤めてまいりますのでどうぞ応援宜しくお願い致します。

ご紹介しておりますお店の情報は行った時点での情報です、ブログの記事が古い場合は情報が更新されていない事もありますので、最新の店舗情報は直接確認して頂きますようご注意下さいませ。

FC2Blog Ranking

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。