感性に直撃  旅&食&美&品 ~ Wonderful World ~

長左衛門&寅美

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都 平安神宮 「京都薪能」

6月1日(土)・2日(日)平安神宮で薪能が開催

kyouto157


開演5時半からと言うことで・・・5時過ぎに到着
前の方のお席はほぼ満席(トホホ)
でも、後ろの方は少し余裕があり座る事が出来た、ラッキー

kyouto164




本日の演目
”玉 井(たまのい)”

簡単なあらすじは、
弟(山幸彦)が兄(海幸彦)の海で失くした釣り針を探して竜宮まで行く途中
竜王の娘(豊玉姫)が弟君の美しさに心を奪われ父のもとへ案内する
竜王は弟君をたいそう歓迎しまたたく間に3年が過ぎた
竜王は兄の釣り針と潮満(しおみつ)・潮涸(しおひる)の2つの玉を弟君に与え陸へ送り届ける


姫様が弟君に出会っている様子

kyouto163


竜王が弟君を歓迎している様子

kyouto162



薪へ火をともす準備中
薪は舞台の周り5か所に灯される

kyouto161



次の演目
”班 女(はんじょ)”

簡単なあらすじは、
美濃国(現在の岐阜県)の宿にいる花子と言う遊女と、旅の途中宿へ泊まった吉田少将という二人が恋に落ち
お互いに扇を交換して将来を約束して別れます
それ以来花子は少将を思い宴席の勤めに出なくなり宿を追い出されてしまいます
吉田少将が再び戻ってきた時に花子がすでにいないと知り落胆します
京へ帰り下賀茂神社へ参詣したところ偶然にも花子が現れますが花子は恋焦がれるあまり
狂女の班女となってさまよい歩いていたのでした
花子が班女とは知らずに声をかけた少将は面白く狂って見せよと言います
班女は言われるままに扇を手に舞を舞います
それを見ていた少将は班女の持つ扇が気になり、少将と花子はお互いの持つ扇を見せ
捜し求めていた恋人であると確かめ喜び合うのでした

kyouto160



次の演目は狂言
”お茶の水”

簡単なあらすじは、
師匠(住持)が弟子(新発意)に清水へお茶の水を汲んできてほしいと頼みます
弟子はそれを断り女(いちゃ)に頼んではどうかと提案し
結局女が清水へ水を汲みに行くのですがあたりは人里離れたところ、
寂しさを紛らわすため小歌を歌いながら水をくみます
そこへ弟子が後から追いかけてきて小歌を歌いながら楽しげに二人でじゃれあっているような様子
歌いながら水汲みをし戯れ合っているところへ帰りが遅いと心配した師匠が現れ
師匠と弟子が組み合って喧嘩をしてしまいます
大騒ぎの末、女が師匠の足をとり二人で師匠を倒し女と弟子が二人で去っていくという微笑ましい狂言

kyouto165


最後の演目は
”恋重荷(こいのおもに)”

簡単なあらすじは、
身分の低い男が位の高い女に恋心をだきます
女はそれを知り、あることを行えば姿を見せてあげると伝えます
そのあることとは、美しく装飾され軽そうに見える荷を持って庭を千度廻ることでした
男はわずかな望みをもって持ち上げようとしますが大変な重荷で・・・力を使い果たした男は絶望し
女を恨みながら死んでしまいます
女は男の死を悼みます、ところが男の亡霊があらわれ女に恨み言を語るのでした
しかし、最後には弔いをしてくれるのなら女の守り神となって幸せを末永く守るということです





狂言はコメディ
能は悲劇

狂言は、わりとわかりやすく笑えるところが多くて時間も短いから楽しめた

能は、動きが少ない・・・というか・・・まったく動かないのどちらか(笑)
時間も長く退屈で(アハハ)
内容を予習して想像力を目いっぱい働かして観賞しないと!
見る側にも心して見る覚悟が無ければ楽しむことは出来ないと思った

kyouto159

kyouto158

見終わった後はグッタリと疲労感が押し寄せてきた(笑)
これも経験だ!



コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://kawanger.blog.fc2.com/tb.php/578-0ca865f8

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

日本の旅で感じる (6)
札幌 (95)
札幌を観光 (25)
札幌で食事 (54)
札幌の温泉 (1)
札幌のお土産 (9)
小樽 (12)
小樽を観光 (3)
小樽で食事 (7)
小樽のお土産 (2)
北海道  道央 (39)
道央を観光 (16)
道央で食事 (15)
道央の温泉 (8)
帯広 (6)
帯広を観光 (3)
帯広で食事 (3)
北海道  道東 (1)
道東で食事 (0)
函館 (9)
函館を観光 (4)
函館で食事 (4)
函館のお土産 (1)
北海道  道南 (13)
道南を観光 (1)
道南で食事 (3)
道南の温泉 (9)
青森 (15)
青森を観光 (3)
青森で食事 (3)
青森の温泉 (7)
青森のお土産 (2)
秋田 (11)
秋田を観光 (6)
秋田で食事 (1)
秋田の温泉 (4)
秋田のお土産 (0)
岩手 (16)
岩手を観光 (5)
岩手で食事 (2)
岩手の温泉 (9)
岩手のお土産 (0)
茨城 (1)
茨城を観光 (1)
栃木 (1)
栃木を観光 (1)
栃木の温泉 (0)
東京 (3)
東京のお土産 (2)
石川 (2)
石川で食事 (1)
福井 (7)
福井を観光 (2)
福井で食事 (4)
福井のお土産 (1)
滋賀 (2)
滋賀の観光 (1)
滋賀のお土産 (1)
京都 (44)
京都を観光 (20)
京都で食事 (23)
京都のお土産 (1)
奈良 (12)
奈良を観光 (5)
奈良で食事 (4)
奈良の温泉 (3)
大阪 (18)
大阪を観光 (15)
大阪のお土産 (3)
兵庫 (44)
兵庫を観光 (12)
兵庫で食事 (21)
兵庫の温泉 (1)
岡山 (5)
岡山を観光 (2)
岡山で食事 (3)
福岡 (10)
福岡を観光 (4)
福岡で食事 (3)
福岡のお土産 (3)
佐賀 (26)
佐賀を観光 (15)
佐賀で食事 (3)
佐賀の温泉 (6)
佐賀のお土産 (1)
長崎 (2)
長崎を観光 (1)
長崎で食事 (1)
熊本 (1)
天草 (8)
天草を観光 (5)
天草で食事 (1)
沖縄 (3)
沖縄を観光 (3)
青春18切符の旅 (15)
海外の旅で感じる (97)
フランス (14)
イタリア  (34)
スペイン (9)
ホーチミン (5)
マレーシア (15)
韓国 ソウル (0)
韓国 釜山 (10)
ゴールドコースト (10)
食事を楽しむ (139)
大阪レストラン (49)
大阪カフェ (4)
大阪ベーカリー (1)
大阪ラーメン (2)
大阪蕎麦 (1)
スイーツ (10)
チョコレート (13)
お土産頂きました (7)
私の手料理 (3)
スムージー (7)
ワイン (39)
美しさを追求 (51)
着物 (29)
ダイエット情報 (6)
ダイエット結果報告 (6)
品性を鍛える (13)
その他 (29)
季節の行事 (19)
ご挨拶 (4)
マンガ&ゲーム (2)
未分類 (0)

kawanger

Author:kawanger
長左衛門(ちょうざえもん)とは夫、家長が代々襲名する名乗りの「屋号」で田舎では会話の中で名字より屋号を使う事が多く、私はまだ良く理解していないのですが面白いので今後の記事の一つにしていきたいと思います。

寅美(とらみ)とは私、「屋号」なんてない都会?生まれ、単純に「寅年」から。

いつも、長左エ門&寅美のブログをご覧頂きありがとうございます。サイト内の文章や写真の無断使用・転載はお断りしておりますのでご了承くださいませ。今後とも魅力のある内容に勤めてまいりますのでどうぞ応援宜しくお願い致します。

ご紹介しておりますお店の情報は行った時点での情報です、ブログの記事が古い場合は情報が更新されていない事もありますので、最新の店舗情報は直接確認して頂きますようご注意下さいませ。

FC2Blog Ranking

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。